FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]190227 ~故郷、メンゾベランザン~
▼R. A. サルバトーレ「ダークエルフ物語」第 1 巻「故郷、メンゾベランザン」読了。電書で。というか電書の合本版で。
 今さら云うまでもアレという感じですが、オレはそれなりにドロウ大好きっ子ではありまして、TRPG 関連の Blog カテゴリ名に「Life as A Half Drow」とかつける程度には思い入れております。が、おそらくドロウ社会の描写という意味で基本オヴ基本と思われるこれは実のところ初読でした。
 文庫で読みたかったんじゃよー。本の安い高いじゃなくて、置き場をどんだけ取るかという意味で、あるいは、持ち運びの負担がどうか(基本読書は出先、とくに仕事帰りという習慣なので)という意味で、でかい本は敬遠しちゃうんじゃよー。
 てことで、紙で再版されたとしても文庫サイズでなければ手は出さなかったでしょうが、電書ってことでようやく現実的になって、値段はそりゃあまとめ買いだから支払い金額は高いですが、そんなことはもともと主要な問題ではないわけであり、速攻確保、読み始めたらあとは速かった、ぜ。
 正直なところ、初読ではアイスウィンド・サーガは当時そこまで感銘受けなかったんですが、大満足でございました。ま、予想とはけっこう違う味わいではありましたけど。
 以下一応ネタバレは水面下に。古典と云ってすらよさそうな程度には初出から時間たってるものではあるけどねー。
 で、それはそれとして!
 この 1 巻で最も邪悪な登場人物は! 「安田均」だーっ! 断じて!
 いやあとがきにひどいネタバレがありまして……。そんな云わんでもいいことわざわざ云わんでよ……まさに云わんでもいいことわざわざ云って相手を抉ろうとするドロウのごとき発言でございました……。
2019/02/27 (Wed)
[Life as a Half Drow]TOMB of ANNIHILATION #4 The Jug of Eternal Mayonnaise
▼「魂を喰らう墓」は第 4 回に突入!。
 今回は、ある意味ようやくという感じの、「秘境モノらしいダンジョンアタック」回となりました。
 以下、プレイメモは水面下。
 なお、とくにネタバレをする予定はないですが、うちのプレイグループが実際に遭遇したことについては、箇条書きレベルでは書いていくので、未プレイでプレイ予定の方にはネタバレとして機能しうる記述が少なからずあるであろうことはご了承ください。
 というか今回はふだんよりも、細かく見たらわかっちゃう度は高いかも! でもまぁ、騒ぐほどでもないか……。
2019/02/17 (Sun)
[日々のいとまに]190206 夕立完全体への道
▼ちまちま育てていた予備海防艦が改レベルになりまして。
 夕立の仕上げへの 2 度目のトライを敢行! ええと、以前に 1 度はすでに敗退(たしか対潜が上がった)しておりまして!
 結果は水面下!
2019/02/06 (Wed)
[須賀鎮航海日誌]190205 銀河 1 個獲得。
▼節分イベント、まぁ安定な部分をとりあえず踏破、うちんとこじゃ最初の 1 部隊となる銀河を獲得! うむ、銀河が報酬だったとき、難易度落としてたんだよなー。
 なお、5-4 については問題なく処理れたものの、5-5 はちょっと……時間的に……あとイベント明けという厳しい時期にこれ頑張るの……? というのがあって放棄することに。っつーか、初週を諦めた以上、残り 2 セットやっても陸攻もう 1 部隊には届かないことが判明してしまったので……。
 まぁ、戦果は充分でござる。
2019/02/05 (Tue)
[日々のいとまに]190204 ~ワルキューレの栄光~
▼そして、冨士宏「ワルキューレの栄光」1 ~ 2 巻読了。電書で。
 うむ、満喫。こっちは 1 冊も入手できてなかったし。
 やっぱさー、あんだけ大量に神族がいる中での若神となると、それこそ神話級 PC ぐらいな感じかなぁとなるじゃないですか。となると、やっぱりああいうロールプレイしたくなるじゃないですか。
「その勇気だけを連れて行こう」
 か、かっこよすぎる……。インスピレーションだって降ってくるわ。
 ……まぁ、実際のゲームを思い出すとな……「そんな強くねぇー俺が操ると!」ってなるのがアレですが!
2019/02/04 (Mon)
[日々のいとまに]190203 ~ワルキューレの降誕~
▼冨士宏「ワルキューレの降誕」1 ~ 2 巻読了。電書で。
 2 巻はねー、紙のが出たときに、巡り合わせがよくて入手してたのですが、それから残りを手に入れるまでが、まぁ……長かった……!
 そして改めてしみじみと、ワルキューレのキャラクターの完璧さに感じ入ったりなど。絵的にももちろんなんですが、神話級で秩序(寄り)で善の戦士やるならこうありたい的な、とか、そんな感じの立ち回りのデザインというか、そういうところが。
 当然栄光も即決で買うぜ買うぜー。
2019/02/03 (Sun)
[Life as a Half Drow]Battle of Fort Maginot
▼先日来、スペオペ系への情熱に目覚めた BOSS 選手が、先日はスペオペヒーローズを持ってきてくれたわけですが、今度は Age of The Galaxy なるブツを投入されたので、お試しセッションに突入など。
 今回もコアルール付属? の既製シナリオらしいので話の中身には触れませんが、まぁ……うーん、やっぱ苦手寄りかなぁ、というか、コンベンション等のアチョー他流試合環境下で事故らずいいバランスで殴り合えた実感も安定確保みたいな方針を透かし見てしまうようなゲームだなぁ、という印象でした。っつーか、マスターから事前に「艦これみたいなテクスチャだよー」と聞いてたので、なんとなく艦これみたいな気分で乗り込んだわけですが、全然逆だこれ。艦これは、とりあえず出撃までの情報収集(自前の威力偵察ももちろん含む)とかをがっちりやって、出撃までに詰めれる範囲をぎっちり煮詰めて、いざ出撃したらあとはダイス目にお祈りするだけになるゲームなわけですが、これ、出撃(というか戦闘までの段階)まではほぼ自動的に話が進んでいって(とはいえ、ここまでベルトコンベアだったのは付属の初心者向けシナリオとプレロールドキャラクターだったからという要素は大きいと思いますが)いざ戦闘となってからの(ダイス目は横に置いといての)敵味方の加護の枚数を見比べながらの詰め将棋が脳の使いどころ、というブツであり、その詰めゲー部分が楽しさの本体なんだろうと想像はするんですが、やっぱ自分は老人だってことなのかなぁ、決戦が詰めゲーになってく感覚はちょっと乗れないものがあるというか、トドメの一撃を担当させてもらったものの、そのトドメの 1 撃が、「自分はピンゾロ振る→味方の加護で自動クリティカル→自分のダメージ強化加護で大ダメージ」という流れであり、いやべつにダイス目でクリティカル出さないと燃えないよとは云わんけど、「ナチュラルではファンブル振った攻撃にいろいろルール内チート使ってクリティカルで当ててトドメ刺したぜ!」ってのは……不完全燃焼だよ! 的な! 君は!
 わたしがせめて 1,2 振ってればよかっただけかもですが!
 つうか、こんだけ決戦でのカード使う順番詰めゲーだと、これ、すごい勢いで指揮官問題(TRPG や協力型ボードゲームにおける、誰かが全員分の切り札の最適使用手順を指揮してしまうことで「これプレイヤーひとりでよくねぇか?」となってしまう問題)の温床にならねぇか? いや、そこまで複雑じゃないから、2、3 回もプレイすれば、あっというまに全員の合意が成立して、作業完了になるのかなぁ? それはそれで微妙な気もしないでもないし……。
 とかそんなことを思った次第。
 導入用ではない既製シナリオであったり、マスターがちゃんと練り込んだシナリオであればまた感触も変わってくるのかもとも思うのではありますがー。でも前者はあんまり数がないらしいという話で、後者はむしろ詰めゲー度が高い分だけ毎回詰めゲーを面白く組むマスターの負担がやたら重たくなりそうという気がするんだよなー。
 以上っ、初回感想でしたー。
2019/01/27 (Sun)
[須賀鎮航海日誌]190116 アウター・ゴット
▼新規艦が揃ったので、そんじゃせっかくだからゴトラ 2 隻目を目指すぜ! と E3 に再度出撃。
 結論としては、確保ー。なのですが! 以下水面下
2019/01/16 (Wed)
[須賀鎮航海日誌]190114 波は早くも
▼そしてー!
 E2 に戻って S 勝利 2 回目にて早波っ! よしよしよし。こっちは実際相当に迅速と申し上げてよろしいでしょう。最近はなかなかクリア後周回が大変だったので、今回は助かった、ぜ……。ま、確率じたいも高めではあるっぽいですが。
2019/01/14 (Mon)