FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]TOMB of ANNIHILATION #2 Death in Chult
▼「魂を喰らう墓」続きました!
 まぁ、あれやね、市販アドベンチャーで、それのテイストの方向性がどの程度共有されるかされないかってのはなかなか難しいというか、マスター的にはべつに隠したいとかは全然思ってないのですが、ただ、マスターが自分がマスタリングするものについて抱く感覚は必ずしもプレイヤーと一致しないんでなぁ……ヘタなコト云って、実感とは違う方向に先入観を誘導したくないなぁ、というような感情から、あんま事前には云ってなかった次第でした。
 今もその感覚は全体としては変わらんのですが、さすがに本の著者まえがきぐらいは、内容に具体的に踏み込んだ部分以外は、そんなにズレた提示をしてしまう心配はなく出せるのではないかなーとも思われるので、出しといてみようかと思います。◆◆◆は具体的なシナリオ内の目玉観光要素に言及してるので伏字にした部分です。引用元はもちろん本ですが、テキストはパンタポルタさまの「ファンタジーRPG入門」第18回からコピペさせていただきました。そちらには伏字なしで載っているため、直リンクは貼らずにおきます。
 ▼以下引用▼
 『魂を喰らう墓』は、死と、死を免れようとする者たちの物語である。D&Dのアドベンチャーの多くがそうであるように、愉快なものになるようにデザインされている。言葉が愉快だとか絵が愉快だというより、むしろ実際にプレイした経験が愉快なものになるように。プレイヤーのまずい判断、不幸なダイスの目、失敗した計画、思わずあげた奇声、愚かな醜いモンスター、死んではならない時に死ぬPC。こうしたものの中に人を笑わせる力はある。まるで馬の曲乗りをする道化者のように、冒険者もしばしば、生存と成功のためにたいそう愉快なことをやってのける。
 このアドベンチャーは単なる危険なダンジョンを超えたものだ。これを愉快なものにするため、我々はかのD&Dに影響を受けたアニメイション・シリーズ『アドベンチャー・タイム』の原作・総監督、ペンドルトン・ウォードを招いた。ペンドルトン、略してペンは物語の名手であり、ユーモラスなキャラクターとそれに付随する物事を軸に、意義ある物語を組み上げる法を心得ている。そして彼は、D&Dのプレイヤーは面白いおもちゃがあればそれを使って自分たちで話を愉快にできるということをよく知っている。ペンの助けを借りて、我々は伝統的なD&Dのスタイルにもとづき、しかもそこに変った“ひねり”を加えて、状況が英雄たちにとって苦しい時にもDMとプレイヤーは笑わずにいられないような、そんな物語を組み立てようとした。◆◆◆で愉快な気分にならない人には、◆◆◆があり、◆◆◆がある。そしてもちろん墓そのものもある。墓にはあっと驚く致命的なしかけがいくつもあるのだけれど、それを目にしたプレイヤーは思わずプッと吹きだしたり、ゲタゲタ笑い出したりするだろうし、してほしいのだ。
 最後にプレイテスターの方々に心からの感謝を捧げる。彼らは『魂を喰らう墓』を誰にとってもいっそう面白い経験となるようにするために力を貸してくれた。彼らの忌きたん憚のない乱暴な意見(それはどのくらい乱暴かといって本書中のどんな罠にも負けないくらい乱暴だった)は実に有益だった。私はここに自信を持って断言する――彼らのキャラクターの死は決してムダではなかったのだと。
――クリス・パーキンス、2017年5月

 ▲以上引用▲
 どうでしょうか。そんな感じに思ってた? 思ってたのと違う?
 わたし自身は、結果笑うしかないような事態が量産されるとしても、そういう笑いを「目指して」遊ぶ遊び方をするものではないのではないかなぁと思ってやってるのですが、これが正解なのかどうかはまだわからんし、結局最後までわからないでやるだろうと思ってる次第です。
 ってことで、現状のプレイでいちばん手探り感が強まっている「ゲーム内での時間のかけかた」については、あんまちゃんと提示されていない感じ。時間制限とそれでも時間をかけなきゃならん感との両天秤だよーみたいなことは、(まえがきではなく本文中のイントロダクション寄りの部分に)書かれてはいるんだけどねー。
 以下、プレイメモは水面下。
 なお、とくにネタバレをする予定はないですが、うちのプレイグループが実際に遭遇したことについては、箇条書きレベルでは書いていくので、未プレイでプレイ予定の方にはネタバレとして機能しうる記述が少なからずあるであろうことはご了承ください。
2018/10/21 (Sun)
▼久々にグリュックにお立ち寄りなど。
 今回も美味しく満喫いたしました。戦利品は AFF の「タイタン」など。
 ……いや、ここまで描写だけでデータがない本だとは思わなかった、ぜ! これはこれでアリですが!
2018/10/13 (Sat)
[Life as a Half Drow]TOMB of ANNIHILATION #1 Port Nyanzaru
▼「魂を喰らう墓」はじめました! わたしがマスターで!
 まぁ、迷いはありました。5 版は一応途中まで進めたキャンペーンがあって、ふつうに新規で立ち上げるとなると、そっちはまぁ……無期限中断というか、墓がどういう決着を見るにしても、そのあとで再開という気分にはまぁたぶんあんまなんなそうなわけでして。
 ただ、このシナリオはなー。実際惚れまして。今もって、いつかちゃんと遊べたら、という感情が残ってるあの「恐怖の島」を思い出す味わいがあってなー。こういうのをちゃんと遊びたい、というのはずっと思ってたことでなー。主にはプレイヤーとして、という感情ではあるのですが、マスターでももちろん文句ねぇところでして、実際シナリオ読んじゃった以上はいまさらプレイヤーやらせてくれってのもなかなか難しいところなわけでして。
 ってことで迷って相談したところ、「新規でやろう」とのお言葉をプレイグループのみなさまからいただきまして、そういうことならばぁ! と今回スタートとなった次第です。
 どこまで行けるかは、ゲーム内的にも、ゲーム外的にも、まだまだ未知数ですが、とりあえずマスターとしては全力で征くのみ! ということで気合入れていくぜぇー。
 以下水面下。
 なお、とくにネタバレをする予定はないですが、うちのプレイグループが実際に遭遇したことについては、箇条書きレベルでは書いていくので、未プレイでプレイ予定の方にはネタバレとして機能しうる記述が少なからずあるであろうことはご了承ください。
2018/10/07 (Sun)
[須賀鎮航海日誌]181003 ゴトラたんを探せ!~
▼そしてー!
 岸波に続いてゴトランドも! 出先でのドロップという結果となりました!
 まぁ、なんか変な話ですが予感はありました。とにかく自宅で全然出ねぇし。
 とりあえずこれでひと通りクリア……ということに……なる……かな……。つーかーれーたー……。
2018/10/03 (Wed)
[須賀鎮航海日誌]180930 ~Force の Z2 面~
▼E5 乙サードゲージ攻略。
 とりあえず、削りからギミックブレイクまでは丁寧に丁寧にを心がけて。ゴトランドがまだである以上、クリア後周回は必須なわけで、勇み足で撃沈してしまったら目も当てられんわけでな……。
 水上打撃部隊では、オイゲンがカットイン出したら沈めちゃってたんじゃないか、というような危ういところで生魚雷に救われ、空母機動部隊では、これ夜戦行ったら終わってたよね的な感じで昼戦で切り上げ、満を持して突入!
2018/09/30 (Sun)
[須賀鎮航海日誌]180929 ~北海航路~
▼E5 乙サードゲージ攻略に向けて航路開拓などを丁寧に一手ずつ。
 まぁ、やってしまえば云われてるほど手間ではないというか、雑にやると手間だぜという情報を前提に丁寧にやれば楽勝というか、そんな感じで。ま、乙ってことで、1 ステップ少ないのではありますが。
2018/09/29 (Sat)
[須賀鎮航海日誌]180928 ~Das Rheingold~
▼E5 乙セカンドゲージ突破。
 ……ええ、甲が地獄だということは聞いてましたとも。
 乙だってまぁ、楽じゃないだろうというか、最大の難所になるだとうとは予想しておりましたえが。
 ひどかった。
 まぁ、結論としては乱数問題なわけですが、精神的な辛さを増してる要素のひとつが、処理上このボスマスがボスマスではない、という点でして……。何が出るかなー何が出るかなー低確率なのは承知してるけどゴトラたんでも出てくれれば、あるいはそうでなくてもイイ感じのレア艦なら、このまたかよの A 勝利にも価値が……ガシャン! というのがな……最大の難所でこれなのがな……。
 ま、気分の問題に過ぎないので、この部分については終わってしまえばどうでもいいといえばどうでもいいんだけど!
 という感じで、偶然の勝利を掴んだときの記録を水面下に。
2018/09/28 (Fri)
[須賀鎮航海日誌]180925 ~Force の H 面~
▼E5 乙ファーストゲージ突破。まぁ問題なく。
 とくに語ることもない感じですが、水面下に記録など。
2018/09/25 (Tue)
[日々のいとまに]180924 ~哭声~
▼映画「哭声」視聴。Amazon Prime に来てたので。艦これイベントの疲労抜き時間などに眺めておりました。
 やー、予想してた以上にキリスト教度バリバリでした。うむ、わからん……という感じで。
 つまらん、と云う意図はないというか、その対極だとは思うのですが、面白い、と云う資格が自分にあるかというとない感じだよにゃー、というような感じで、嫌いかと問われると嫌いでは決してないというかその対極だとは思うものの好きかと云われるとそれは全然違うというか、そんなような。
 観てよかったと思うかと問われれば、よかったと思います。んが……難しい……ぜ……。
 ってことで、いつものように各地に感想眺めに行きまして、「難しくない、わかった」という感想に対してはいつものように「あ、そこまではもちろんオレもわかった。そこからがわからん。そこまででわかったと感じるのか、あんたは」というような感触を得たわけですが、その度もいつもの比ではなく強かった感じもあったりで、なかなか不思議な感覚でした。
 うむ、「こういう映画」をもっといろいろ観たい、というのはすごく感じるんだけど、どんな感じで探せばいいのかね……。や、「この映画」をもっと何回も観たい、とは思わないわけでもあるのですが。
 ……というか妙な話ですが、韓国映画はこれまであまり触れてなかったオレ的に「同じ韓国映画」としての「新感染 ファイナル・エクスプレス」(Train to Busan)を連想したのが、夜の人気のない道を車で走ってて異常に遭遇する、という場面だったのは何なんだろうか。何でそこだった?
2018/09/24 (Mon)