深度 、急速潜行~
▼ガンダム UC のサントラ聴いてたらなんか妙に動かしたくなって、久々に EXVSFB を起動してみたり。
 まぁ、やっぱり、ちゃんと面白い、とは思うんだけどねぇ……。
 その後なんとなーく検索して、EXVSMB は家庭用やっぱ出なそう、ということで、あー。ま、しょうがないね、と、ふたたび過去になっていったのでした。
 オレにとってはつまんないほうへつまんないほうへと流れてったシリーズでしたが、それで売れてるんなら、まぁ、いいんじゃないのかね。
 もとプレイヤーとしては残念ですがー。
 つうか結局、連ザ2が最強だったかもなぁ……。今後また巻き返しがあればいいんだけどねー。
2017/02/09 (Thu)
▼出勤途中にネタがひらめくなど。
 よし、これでクトゥルフ組めるかも! まぁ、まだ全然肉は足りないのですが、骨がなんか見えたかな、という感じで。
 あ、今回の本命神話生物に骨があるかは秘密の方向性で、ひとつ。
2017/02/08 (Wed)
▼だらだらとマリオメーカーの世界のコースを遊んでおりまして。
 なかなか面白い感じなんだけど、まぁクリアは余裕として、ピンクコインがどうしてもあとひとつ集まらん! というのがあったので、エディタで探してみるという挙に出てみたわけですが。
 どう考えても取れなそうなところに最後のひとつが置いてありました……。
 いや、これ取れるの? ちょっと不可能そうにしか見えないんだけど。つうか、取れるんだとして、せめて「見える」場所にあれば、「あれを取るのか……大変だな……」となって、がんばって試して取れなそうなら諦めてクリアだけしてそれはそれで納得、となったと思うんですが、そこまで行けてからでないと見えない場所なんだよねー。
 ちょっと……どうなのか……うーん……。
 てゆか、ピンクコインが揃えられることってクリアチェックの条件になるんだっけ? ならないんだっけ?
 まぁ全体的に面白かった方のステージでもあるのでこんくらいで!
2017/02/07 (Tue)
[日々のいとまに]170206 ~白暮のクロニクル 10 巻~
▼白クロ 10 巻読了。
 うむ、以下ネタバレにつき水面下。
2017/02/06 (Mon)
[日々のいとまに]170205 ~ルポ トランプ王国~
▼金成隆一「ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く」読了。紙で。
 つうか数日前に、もうとっくに出てんだろうと思い込んで本屋に行って、全然見つからなくて、帰宅して未発売だと知ったという有様で、仕事帰りに大急ぎで行って買ってきて、速攻読みきったぜー。
 まぁ、まず、クトゥルフの参考書にはなりそうもなかったです……。
 がまぁ、それはおいといて。
 素晴らしかったです。なるほどなぁ……。一昨日の感想がまたべつの色合いをまとってくるというか、そういう転換もあって。
 思うこと、感じたこと、考えたこと、考えていることは山ほどありますが、まぁ、そのへんは黙っておく方向性で。実際、選挙前、選挙後、就任前にこのように支持していた人が支持できるようなことを、就任後にやっているのだろうか……というのは、まだこれからなんだろうなぁ、というのもあるしねー。
 本題とはあんま関係ないところで日本人的にいろいろ唸ってしまったのは、妙な話ですが、為替、とかでした。
 「オレは現役時代、最後の最後まで日給 200 ドル(2万3000円)はもらっていた」と出てきて、おお……とかなんとか唸ってしまったのですが、これ、1 ドル 80 円時代なら 1 万 6000 円だよな……と。直後の「今のサービス業はせいぜい時給 12 ドル(1380 円)。それで若者が生活できるわけがない」ももちろん衝撃でしたが。あの……日本では珍しくない数字な気がしますが……「生活できるわけがない」ですか……。で、でもこれが 80 円時代なら 960 円であり、あー……となるわけで、怖いね、通貨の高い安いって。
 あと、ミドルクラスの定義に長期休暇が入ってて、「あ、日本にはその意味でミドルクラスが存在したことはなかったかもな。金の面はともかく」とか思ってしまったのも哀しいことでございました。
2017/02/05 (Sun)
▼月末の積み残し業務をやっつけるなど。
 まぁ、この月末月初は、そのへんについては比較的マシではあったわけですが……今月別件でやたら面倒なネタが待ってたりで、なんともな……。
 とかそんな感じで。
2017/02/04 (Sat)
[日々のいとまに]170203 ~49 対 41 または逆転~
▼「トランプ米大統領による中東・アフリカ7カ国からの一時入国禁止や難民受け入れ停止をした大統領令の是非に関し、ロイター通信が全米50州で実施した世論調査で49%の人が賛成し、反対の41%を上回っている」(記事は朝日)という調査にはまぁ、うーむ、と思ったわけですが。
 同時期に行われた調査について、「米ギャラップ社は2日、難民、移民の入国規制やメキシコ国境の壁建設などトランプ米大統領が出した大統領令の賛否を問う世論調査結果をまとめた。いずれも過半数が反対した」(こちらも記事は朝日)との報も。
 となりゃあ、そりゃああ調査の手段や質問の仕方が気になるよねー常識的に考えて。
 さすがにちゃんと書いてありました。「調査は1月30、31日に電話で全米50州と首都ワシントンに住む1018人の成人に対して行われた。同時期にインターネットを通じて行ったロイター通信の調査では賛成多数の結果が出ていた」とのことで、逆だったらうおおおおおとなったところかと思いますが、まぁ、だよね、という感じの答え。
 そりゃあお前、一般論として、「自分とこに電話かかってきた=こっちの電話番号も名前もバレてる調査(もちろん秘匿はしますよー)」と「本気で捜査されれば特定されうるとはいっても基本的には無記名のインターネット調査」で、どっちが本心に近い(無記名投票を行ったときに出る結果に近い)答えを得られそうか、と云ったら、そりゃあ……って話でして。口ではトランプ支持など決して云わなかったけど、本心ではトランプ支持で、実際の投票行動でもトランプに投票した、という人々が大量にいたぜ(半分には ~300 万ほど足りなかったにしても)という事態が今日の状況を招いた(という理解は程度には議論がありうるにしても、全体として覆ってはいないよね?)ということを踏まえると……ねぇ……。
 支持側はどうでもいいので、不支持側には、インターネット調査のほうが実状に近いとわきまえて戦略考えてもらいたいところだよなぁ、と思う次第です。オレ自身は、合衆国在住の合衆国民だったら不支持でしょうが、日本在住の日本人としては、支持不支持はどうでもいいので、「うまく対処せよ。少なくとも対米戦争の愚だけは繰り返すな」ぐらいのアレで。
 で、ふたつの調査の見比べについては以上として。
 電話調査のほうは、もうちょっと詳しいデータもあって、まず、「「シリア難民の無期限受け入れ停止」は賛成が36%で、反対が58%(中略)「中東・アフリカ7カ国からの一時入国禁止」には賛成が42%に対し、反対が55%」というこれが、けっこうオレ的には衝撃でした。
 難民はカンベンしてくれ、でも、べつに難民でもない者の(居着く予定の者も、ちょっと訪れる予定の者も、すでに永住権をもつ者もいっしょくたにして)入国禁止はおかしくねぇ? という方向性なら、気持ちは、うーん、わかる、気がする。でも逆かぁ……。難民は受け入れてもいいけど、それ以外の入国は禁止、と考える差分が、ざっくりと、6% ぐらいいそう、という話なのか……。難民のほうは「無期限」、入国禁止は「一時的」の部分がむしろ意見を分けたのかなぁ?
 で、同じデータから、「「シリア難民の無期限受け入れ停止」は(中略)共和党支持層では71%が賛成(中略)「中東・アフリカ7カ国からの一時入国禁止」には(中略)共和党支持層では、83%が賛成」というのも、おお、と。
 共和党支持者ってそうなのね、と。
 共和党支持だけれどトランプはなぁ、という人も多かった、という読みを選挙の頃にはよく見た印象があるんですが、このへんの極端な政策に対しても、これだけ賛成があるんだなぁ……と。
 もちろん、「共和党支持を公言しているわしが、電話調査という電話番号も名前もバレてる調査で、トランプ不支持を云うわけにはいかん」という側の補正がかかった可能性もありうるだろうけどねー。
2017/02/03 (Fri)
[日々のいとまに]170202 ~黒街 3 巻~
▼小池ノクト「黒街」3 巻読了。電書で。
 完結らしいですが、素晴らしかったです……。
 つうか終わってみれば著者の作品でこれまでで一番好きかもしれん……。いやまぁ、通しで読み終わった後も何度も、どこからでも、読みたくなるような作品、という方向性では、これまで読んだのは、なかった、ということもあるとは思いますが。
 まぁしかし、最終的に、マスクヒロインはクリーンヒットでございました……。こんなテがあったとはな……。つうか最終巻では、それまでの、主役の親父に憧れてるぜ描写が弱まって、主役のことも気になってるぜ描写が前面に出てきたという点はまぁ効いてたよねぇというか、それは前提として、「マスク越し赤面」という恐ろしい技が鮮やかに繰り出されて、「こ、こんなテが……!」と愕然となった次第です。
 序盤がいまいち乗り切れなかったのは、オレがゾンビ感受性皆無っつーのが主な問題だったわけで、同レベルの怪異が多発かつ非ゾンビ中心な展開になってくればそりゃあクリーンヒットですよにゃー、と、そういうアレもあったかも。いや正気度下がる死体(動く死体)描写が強力な著者に対して申し訳ない読者かもではありますが……。
 終わっちまったのが惜しいですが、まぁ、今後の新作に期待で。
 マッシュルームは 1 巻時点では実はやっぱりそこまで乗れなかった(本業に近い話についてはファンタジー部分とうまく味が混ざらなくて食べづらい的な方向性で)んですが、やはり追ってみるか……。
2017/02/02 (Thu)
▼合衆国が実に大変なことになっておりまして。
 次回クトゥルフは渡米編だぜィエ! と云ってたわけで、渡米編、今やらずにいつやるのだ! と! 自分的にそういう機運になってくるのはまぁ当然なわけではあるのですが!
 ちょっとさすがに流れが速すぎて、書いてる間にどんどん時事ネタ的な話題が古くなってく予感がしすぎという問題が……。
 つうか、セッション予定日ぐらいで、まだ日本人が入国可能な状況が維持されてるかが不安になるくらいのアレじゃぜ……。
2017/02/01 (Wed)