深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Fortress Versus Fortress
▼ほんでもってアーチャーで遊んでるキャンペーン 2 回目など。
 こちらは、たて続けに村落を襲ってくるモンス軍勢(背景は不明ですが、今後語られるらしいっぽいという話がマスターからありました)をひたすら迎撃するという構成。で、初回はファイター、ババ、シャーマン(スピリットとドラゴンのマルチ)、アーチャー(ファイター/レンジャー)、ウォーメイジに NPC クレリックをつけてもらった構成だったんですが、今回はシャーマンが欠席、クレリックはシャーマンのプレイヤーが主に運用しており、シャーマンの妹な設定だったために一緒に欠席に準じる状態となり、まともなディヴァインキャスターがいないという恐ろしい事態が発生。おい、これで援軍到着までの四日間を持ちこたえろってか?
 ここで、「ババはさすがに飽きたかもしれん」みたいなコトを云ってたゴブリンウォリアー、じゃなかったババ愛好家のプレイヤーが突如クレリックに方針転換。それはそれでよいこと(パーティーの構成が、とかもまぁありますが、主として「ババ以外もやる」という決断がなされたという点で)ですが、しかし、レベル 1 で開始にこだわるのはどうなんだ……。ほかのメンバーはすでに 4 とかなんですが!
 つーことでひたすら迎撃の日々がはじまったわけですが、いちどはレベル 3 まで上がったクレリックが途中で死亡し、ダイヤ代もレイズできるキャスター NPC もない状態で後半戦をまるまる欠席という事態になったのでした。NPC でも動かしてもらおうか、とか思ったんですが、「この時間にこのクレリックの構成を詰めたい」とか云い出し、まぁそういうことならと、プレイヤー 3 人状態で残りのプレイをしてみたり。……最初のセッション前に 20 レベルまで構成してしまうわたしのようなプレイヤーにはちと理解しがたいものもあるけどな……。
 まぁこのクレリックの死因がアレでして、敵 AoO 圏で自ターン開始→5' ステップで敵 AoO 圏を出られるにもかかわらず、5' ステップで味方ファイターに近接(ファイターはこのラウンドの 5' ステップで一歩後退しようと思ってたので困惑)→キュアが飛ぶかと思えばマジックウェポンを宣言→防御的発動失敗→AoO で即死、ってなんじゃそりゃー! スタジオ騒然。
 んまぁ、今後は優秀なクレリックとして成長してくれると期待したいものです。まわりが 5 レベルな中で 2 というのはなかなか大変でしょうけど!
 個人的に爽快であったのは、アーチャーの主コンセプトのひとつだった「材質 DR の探り出し」で、銀とコールドアイアンの矢を速射で射込んで「銀だ!」と叫んでみたこと。問題点もありまして、「わかったところで銀武器なんて自分しか持ってない」ってのもまぁありますがそれはそれ。というか、物理殴りがファイターひとりしかおらず、このファイターが、パーティー構成的に防御的戦闘を駆使して壁役をすることにならざるを得ず、ダメージ担当として期待するのは酷っつー構成になりつつあるということもあります。
 あとは、ハンターズマーシィでフェイヴァードエネミーを撃つ、もなかなか爽快でありました。
 以下、今後のために。
 壁前衛一枚は壁前衛二枚より安定する。防御呪文の数や回復の手数の点から。以前のキャンペーンでは壁前衛+突撃攻撃前衛が多かったが、今回は壁前衛+中衛射撃前衛という形を目指すべきなのかも。ただし、射手はどうしても火力に限界があるのが難点。やはりあらゆる DR を抜くことで火力不足を克服すること念頭に置くべきなのか。弓は +1 モーフィング、シュアストライク(作ってもらえても 13,500 Gp だぜ)とし、矢で各種材質(ってもアダマンティン一発 60 Gp はきつい!)を揃えればまぁたいていの DR はイケるんじゃないでしょうか。高価な矢はハンターズマーシィを駆使してなんとかコストパフォーマンスを確保……難しいかなぁ。錬金術薬に鏃を浸してゴーストタッチというのも必要になるか? ……ていうか、矢といえば矢毒であり矢毒といえばヤドクガエルであり、PC にして毒の使用を視野に入れるときがやってきた!? 自分が背負うリスクはディレイポイズンをガリガリ投入で……。まぁ、毒のコストなんて調べたこともないので勉強が必要ですが。
 距離があるからといって防御的戦闘を外すのはリスキーすぎる。射線を通すということは、多くの場合突撃路も通るということであり、前衛がタゲを確保しきるまではひたすら慎重に行くべきなのかも。フリーアクションでマキビシを撒く手段とかないかねぇ。
 装甲が紙すぎる。……けどまぁ、これはどうしようもないんだよなぁ……。防御的戦闘入れて 23 では、前に立ってはこの 先生 きのこれない。上述とあわせて、最前列からは退くべきぽい。
 腹心については再考。まずクレリックが PC で入ったというのがひとつですが、それ以上に、PC のような複雑なブツを複数操作する手間じたいがもうなんつーか死ぬということを、デヴィルキャンペーンを運用して再確認したりも。以前は小型ヒトガタ生物をパーマネンスしたリデュースで超小型にして「持ち歩く」という手段で対応しましたが、今回は「投げたワンドを拾っておいてもらう」というのも重要な役割になるので厳しい。パーティーにダブレイとレッツィがいることを考えると、ミラリィを搭載するのも絵面的には悪くないんですが、マイキャラは駄馬じゃねぇ!
 ではどうするかというと、まず考えたのがアンシーンサーヴァント。どうやってつけるのかって? そんなの秘術大全収載の擬似呪文能力取得フィートですよ! あんなん誰が取るんだろうと思ってましたが、ここだったのか。アンシーンサーヴァントに拾わせるのと、テンサーズフローティングディスクに放り出しておくのと、どっちがいいかはよく考える必要あり。テンサーのほうだと、メイジハンドとオープン・クローズもついてくるので使い勝手はよさそう。アンシーンサーヴァントのほうはダンシングライツがあるのが興味深いですが、そこまで決定的ではないかなぁ?
 もうひとつ再考中なのが、レンジャー 4th の能力で、相棒ではなく PHB 2 の挟撃発生を取ろうと思ってたわけですが、ローグもいない、殴り前衛を火力として強く期待しない、となると、相棒のほうが小回りが効くのかなぁという気も。相棒に「取って来い!」とやればワンド拾いも解決しますし。普通の動物ならひとつしか拾えなそうですが、猿あたりなら複数拾えそうだ。でも猿はちとヴィジュアル的に悩むところでもあり。
 さしあたってはこのあたりですが、以上をもとにアイテム調達の優先順位も再考しなけりゃかもです。装甲優先と思ってましたが、モーフィング弓と DEX 装備をより優先的に狙っていくべきなのかも。つっても、いくら装甲はいらんといっても 30 ぐらいは欲しいよにゃー。DEX +6 ぐらいで 30 を目指すと、防御的戦闘 +3 として、チェインシャツとバックラーはそれぞれ +3 は必要。ってかそれぞれ +3 あっても 30 しかいかんのか……。プロテクションリング +1 はまぁつけるにしても……ウウム。最前列でないとなると首装備は外皮というのもないではないのかもですが、シャーマンがいるときは死に装備になるというのが悩みどころ。というか、やはりワンド振るべきなのか。+2 で 50 発 9,000 Gp。+2 外皮アミュレットで 8,000 と思うとワンドが正解?
2007/11/05 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *