FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
▼ムンムンガンド 3 巻買いに行ったらいろいろ出てていろいろ購入読了。
 ジパング最新刊。しびれる。尾栗いきなり描写が増えて、これそろそろ死ぬ系……? とか、思うよなぁ、普通。ヒューストンの声とかも素晴らしい。しかし、「攻撃こそ防御」という思考は「矛盾」の語源を考えると「矛盾」ではないような感じが……? 「盾」がないわけだからさぁ? とか妙なコトを考えてしまいましたとさ。
 しおんの王 6 巻。将棋そのものは「ルールを知ってる程度」ですが、純心理戦的な描写が増えてきて楽しく。しかし羽仁弟はいろいろ混沌としてて見てて疲れるものではありますが。いやまぁ、他の連中が基本的にやたら真っ直ぐなので、ひとりくらいねじれたヤツがいるのは妥当ですが、ひとりでねじれをしょってる分、度が過ぎてる気も……。で、そういやこれアニメになったんだっけか……まてよ、斉藤歩の声優って誰? という疑問が発生。調べたらロラン(あるいは白蛇幼少)だったー。なるほど、わかりやすいな! なお斉藤歩については、ロン毛のほうがイカすと思います。今巻後半ではあまりにストレートにヤマもオチもイミもない感じの描写があってちと苦笑。
 緑の王 7 巻。これちゃんと面白くなるんだろうか、と不安だった時期もあったけど、ようやく報われはじめた感触。きちんと伏線回収されれば相当イカすデキになるんじゃないかと期待半分、どっかで空中分解するんじゃないかとの不安も相変わらず。
 で、ムンムンガンド 3 巻。燃える。ヨナといえば料理がヤバいキャラな印象なのに、回想の子供らが「おいしい」つってるのが哀しいですな。あとはやはり今巻は(つーか、ある意味毎回だけどさー)バルメでありましょう。「顔以外を刺身にすれば死者でも喋ります」ってコエー! その他特筆すべき点としては、腹筋の描写が素晴らしい。
 とかまぁそんな具合で。
2007/10/25 (Thu)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。