深度 、急速潜行~
▼ダーラダーラとアーチャーの装備とか考え中。んまぁタヌキの尻尾の影すらまだ見えない段階ではありますが、毎日呪文を取り直せるクレリックや、呪文書に書き写せば呪文取得方針の変更も容易なウィザードといったキャスター陣と違い、物理戦闘要員の選択はフィートにせよ武装の魔法強化にせよ取り返しがつきにくいわけでして、タヌキが見えてから縄を結っては間に合わないことも往々にしてあったりするのです。手は早めに打たんとね。
 で、アンダーダークでイカす強化を発見。
 モーフィング。
 うーむ、これ、ダメージに乗る STR ボーナス(以下筋力等級)+1 のコンポジットボウを変化させて筋力等級 +2 のコンポジットボウにする、とかそういうことができそうじゃね?
 早速 CDS:PE 様のとこにある FAQ 和訳や Mage Advise まとめをチェチェチェチェケラゥ! 記載なし! 余裕!
 ということで、続いて d20 板のほうをチェキ!
 なんとまぁ素晴らしいタイミングで同じ意図の書き込みがあるのを発見! これがシンクロニティというものなのね!(しらじらしい)
 以下転記。
Q1) ある特定の【筋力】等級を持つコンポジットロングボウを改造して、【筋力】等級を変更することは可能なのでしょうか? 可能な場合、すでに魔法の武器である場合、魔法の強化を維持したまま改造できるのでしょうか?
A1) 出来ない(が、DMが適当な理由つけてやる分には止めない)
Q2) アンダーダークに載っている「モーフィング」の強化を行った場合、「【筋力】等級 +1 のコンポジットロングボウ→【筋力】等級 +2 のコンポジットロングボウ」などの変化をすることは可能なのでしょうか?
A2) 出来る
Q3) コンポジットボウの【筋力】等級に上限はあるのでしょうか?
A3) 上限は無い

 ブフォ!
 んーまぁでも考えてみりゃ当然っつーか、2 についてはできないほうが不思議な印象ではあります。が、でも、だからといって「せっかくだからこの弓を筋力等級 +65535 のマイティコンポジットロングボウにするぜ!」ってなこともできてしまうってのも、それはそれでどうか、という印象もあるんだよにゃー。まぁ、ルールの文言からしてできないというふうには読めないよなぁということで、アリですかねぇ。
 まぁ、これが不可能だったとしても、筋力等級 +65535 の弓だって命中ペナは -2 に変わりないって点を考えると、もう常時 -2 喰らうことを覚悟して、高い筋力等級の弓を愛用するってテもあるよにゃーとかも考えておりました(弓は命中上げる手段はそこそこあるけど、ダメージ上げる手段がないからねー)わけで、それ考えれば +1 の強化でこのリスクを相殺できるってのはまぁ妥当かなぁという感覚になってきました。近接の人々は何のコストもなしに STR の 1.5 倍とか乗せてるわけだしねぇ。フムン。てことは、とりあえずコンポジットロングボウ(である必要ももはやないけど)+1・モーフィング・シュアストライキングがとりあえずの目標か?
 ……とまぁ、ここまでは前置きだ。
 さらにダラダラと考えてまして。
 こうなっとエルフ造りボウとかソードボウとかの立場微妙になるよなぁ、とか。まぁ、形態変化にアクションが必要なぶんのデメリットはありますからエルフ造りにはエルフ造りの意義はあるにせよ、ソードボウのほうはさすがにコストに対してメリットが微妙になりすぎ……あれ? まてよ? もしかして、普通のボウをエルフ造りボウにモーフィングすることが可能なんでは?
 ということは、当然ドワーフ造りにモーフィングすることも可能?
 ……いや、まてよ。
 モーフィングの制限に「材質」は含まれていないよな……?
DM「君たちが扉を蹴り開け踊り込むと、そこには一体のデーモンが……」
PL「では手許の鉄のロングソード +1 モーフィングを変化させて、冷たい鉄のロングソード +1 モーフィングにします」
(中略)
DM「君たちが扉を蹴り開け踊り込むと、そこには一体のミネラルウォリアーが……」
PL「ではさきほどの冷たい鉄のロングソード +1 モーフィングを変化させて、アダマンティンのロングソード +1 モーフィングにします」
 なぁんてことになるのか!? もしかして!?
 ゴイスー。材質いみねーな。いやまぁ、変化に 1 標準アクション必要で、+1 強化コストがかかる、というデメリットももちろんありますが、一本の武器であらゆる材質ダメージリダクションに対応可能とかなると、これはメリットも大きいよなぁ。
 まぁ、同じ頃プレイナーチャンピオンときたら「力場剣で DR 抜きます。で、イーヴルアウトサイダーならスターメタルの追加ダメージが……」なんてマネをやらかしてるわけですから、こんくらい大した問題じゃないのかもね!
 個人的には、今回は材質モーフィングは……うーん……という気分です。何故かって? 「おいアーチャー、そのモーフィング弓ちょっと貸してくれ」「ん? いいけど、なんで?」「いや、アダマンティン武器にして壁壊すのに使う……」「ノォー!!」なんてコトになりかねないからさ! いや、そりゃ減るモンじゃないけど、弓で殴って壁壊すとかカンベンですよ! アーチャー的に!
 ……ところで、最新の FAQ 和訳を眺めてて恐ろしいことが書かれてるのを発見。バースト武器のバースト効果は「クリティカル無効の対象にも有効」とうちでは扱ってましたが、どうも無効というのがオフィシャルの判断らしいです。うひー。うそーん。「注) このFAQ項目は、たとえ目標が“クリティカル・ヒットに対する完全耐性”を持っていたり何らかの方法でクリティカル・ヒットを無効化した場合であってもこの種の武器すべてがバースト能力を起動することを認める古いFAQ項目を修正したものだ」ってなんじゃそりゃー! ギャボー! まぁ、とりあえずスタートしたばかりのキャンペーンばかりが主力になっている現在のうちのプレイグループでは致命的ではないですけど。

 以下めも。スキル取得。つーかまぁ、レンジャーベースだというのに HP を優先してレベル 1 にファイター取ってる(スキルポイント 12 と引き換えに HP 2 を確保)段階でスキルとかどうでもいい方向性ではありますけど。
1st: Ftr 1 (4 Pts): Tumble 2
2nd: Ran 1 (4 Pts): Heal 3, Listen 1
3rd: Ran 2 (4 Pts): Listen 3, Tumble 3
4th: Ftr 2 (1 Pt): Tumble 3.5
5th: Ftr 3 (1 Pt): Tumble 4
6th: Ftr 4 (1 Pt): Tumble 4.5
7th: Ran 3 (4 Pts): Listen 6, Tumble 5
8th: Ran 4 (4 Pts): Listen 10
 ……まぁ、あとはどうでもいいや。
 とりあえずネガティブの安定化は早い段階で可能に。あとは前衛の必須スキル「軽業 5」を確保しつつ、あとはリスニングロアコールに備えて聞き耳を伸ばすセンで。
 以降は視認あたりに振ってくのかねぇ?
2007/10/11 (Thu)
071010 * Top * 071012
■ Comment
 くそ、PLは楽しそうだな!(挨拶

 えーと、モーフィングで材質変化は許可しないにゃー。だってメタリン強化の立場が全くなくなるんですもの。


 コンポジの張りなおしに関しては、許可、でいいかな? ただし、

・新たに張りなおすstrボーナス×100gpかかる=コンポジ本体分だけ払わないで済む。

・マジックなコンポジの場合、追加で2000gpかかる。

 程度で。

 そしてバーストのそれはちと悲しいな。うちのパロマが。・・・あれはもうやらないのかなぁ。
2007/10/11(Thu) 22:12 * URL * DISK #yl2HcnkM[編集]
 んまぁ、モーフで材質変化はさすがに有り得んとわしも思うw
 のだけど、できないという明記がないと、もしマスターだったら禁じにくいかなぁ、とか思ったりして。弱気。

 まぁ、ヘンなハウスルール乗せて許可するとしたら、「その材質の追加コストも作成時に払っておくことによって可能」とかにするかも。アダマンティンと銀と冷たい鉄になるロングソードなら、15(剣本体)+3,000(アダマンティン)+90(銀)+15(冷たい鉄、本来価格の一倍を加算)で 3,120 Gp のイニシャルコストがかかってれば……って安いかなぁw
 コンポジなら、1,000 Gp 追加で払ってあれば、+10 までの幅で設定可能、とかそういう系。

 なお、筋力等級の改造は行いません。つーか、最終的にどれだけのものを作るかという問題ではなくて、「さあ決戦だ、ありったけの強化呪文突っ込むぞ!」となったときに、筋力に乗せてもらえるボーナスがどんだけかは想像不能で、それが全部有効にならないともったいないという理由なんで、「上限を決めない」ことこそが目的なんでなぁ。
 許可されないなら、考え得るすべてのボーナスを貰ったとして想定される筋力ボーナスにさらに +5 したぐらいの過剰な強弓を用意して、常時 -2 覚悟で行くぐらいになると思われ。

 バーストはパロマが該当だったかぁ。まぁ、「クリティカルしやすさ」とか「クリティカル時の倍率」とかは「クリティカルな命中」を前提にしているわけで、クリティカルが無効な相手に、同じ確率、同じ倍率で発動するわけがない、って云われてみりゃあそれもそうかっつー気もしますが。
 でも何かしら効いて欲しいとも思うよねぇ、人情としてはw
2007/10/12(Fri) 20:03 * URL * DRR #/7QgdNBM[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *