FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
井上仮さま経由で発見した記事。「遊びの勝ち負け
 ええと、いろいろと思うところはあるんですが、ロジックが組み立てられません。つーか、自分を切り離して語るんならともかく、自分を省みながら語ろうとするとどうやっても迷路っつーカンジで……。
 とりあえず、「自分はゲームの勝敗を受け容れることができる」と自称する人々は、はたしてどちら側なのだろう……と、そういうコトを感じたテキストでありました。と、それだけ感想として述べておく方向性で。
 他のテキストもやたら興味深いというか、ゲラゲラ笑って読み終わってから、ふと「やべぇ、オレも気をつけなきゃマズいかな……」とか思ってしまう類の話が多くてこたえます。フー。

▼突如思い立ってビーフシチューを作ってみたり。
 いやまぁ、思い立ったのはちょっと前だったんですが、思い立ってネットでレシピを検索して「これは美味そうだ。しかもうちの設備で問題なくできる!」と思ったブツが、設備面での要求性はともかく、とにかく時間がかかりそうなブツでして……。で、平日にはこれはムリっしょ、と諦めてたわけです。んが、昨日は休日。RO 内で杜甫歩の人が「今日はシチューの予定」と云ってるのを聞いて思い出しまして。休日なら時間あるじゃん! と急遽決行を決定。調理を敢行しました。ちなみにオレはもともとそんなに料理とかする方じゃないので、ここのステップをこうすると時間短縮できるヨ! とかそういう基礎的なスキルがまったくございません。ので、レシピの通りのバカ正直に時間をかけるしかないわけですね。つーか、これまでに挑戦したのも「時間かかるのはよい、手間はそれほどかけたくない、金もそんなにかけたくない、外食より美味(あるいは、外食だとやたら高価になるようなものを安価)にならなければ作る甲斐がない」とかそういう基準になってるわけでして、今回もその基準には外れてませんでしてよ。あと、電気調理器しかないため、火力密度を上げて短時間に気合を入れるモノよりも、平滑的な火力を長時間かけるモノのほうがやりやすいってのもあります。
 で、時間はかかりましたが、とてもおいしく仕上がりました。大満足でございます。牛肉は 100 g 120 円ぐらいの豪州産を使用しましたのでコスト面でも上々。もちろん(安いけど安いわりには美味しい)ワイン(一部は料理にも使用)を開けて、ついでに買ってきたバタールを切って、突如として優雅な夕食になりましたのことよ。
 ……で、肉が半分残ってるのだが、もう一度料理するのが大変じゃのぅ……。
2007/01/29 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *