深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]Collegiate Wizard VI
V の続き、というか、V のキャラのキャンペーンがまたまたリコンストラクションだとかの話なので、考え直しの要が生じたということで。
 内輪向けの話題なので水面下に。
 しかしなんだな。マイキャラに関するマスターのコメントがひどいんですが。
 あいもかわらず発狂した学者が残した殴り書きのメモのようなキャラシーに驚く。
 とか読んで、自分のコトなのにフイタ。ひでぇ。そこまで云うか。っていうか、それはキャラシーじゃねぇー! キャラシーのほうはそこまでひどくねぇー! ひどいのはキャラシーではなく、メモ書きのほうだー!
 ぜいはぁ。
 んまー、何でまた再構成になったかといいますと、レギュレーションが変わったからでして。以前は、「マジックアイテムの流通はしょぼい。マルチクラスもプレステも基本的に禁止、30 レベルまでやる」とかそういう流れだったのですが、このたび、
 1.アイテム購入、クリエイション系フィート取得制限は削除(フリー
 2.マルチ禁止は削除。プレステもフリー。
 3.使用ルールはグレイホークをベースに、コア3、大全4、種族3、武器装備、プレハン2。
 4.この際キャラ変更の要望があれば聞きたい。
 5.最終LV14~16くらいで検討中。
 といった大幅な転換がなされたわけで、ということは、マイキャラ的には、「アイテム購入が普通に行えるならば Collegiate Wizard は不要(以前は自動習得→自分でスクロールを書く、という手段を確保しておかないと、消耗品としてのスクロールの購入が困難な可能性があった)となり、また、ワンド作成も不要(買えるなら買うわい)」とあいなりました。
 まぁ、マルチはウィザードの場合は有り得ないし、プレステもエイリアニストとジオメターあたりがギリギリ使えるかもしれない程度で、それらにしてもウィザードシングルのメリット(5 レベル毎のボーナスフィートと自動習得呪文)と引きかえるほどのメリットがあるかというと……。ウィザード 10 th の呪文体得を確保してからつまみ食いする分には、初期レベルでキャスターレベルがちゃんと上がるのは視野かもしれませんが。あとはアーケインオーダーが、もしも勧誘されたら……ってされねーだろーなー放置だし。自分から組織に加わりたがるようなキャラにはしないので自発的になるのは有り得ないということで。
 以上を踏まえて、修正点を考察。
 まず能力値ですが、8, 14, 14, 18, 10, 10 で変更の必要なし。8th で INT は 20 に。腹心が許可されたらちょっと悩みますが。腹心アリなら DEX 削って CHA 12 にし、迷わずバード。猫バード(それかよ!) バードはプレイヤー人数という限られたリソースを割いてまでメンバーに加えるのは厳しいですが、人数を圧迫しない場合は非常に強力ですので。いやもちろん他の強めなクラスの腹心をつければより強力ですが、運用の手間のかからなさも考慮すればバードは強力ということで。他のプレイヤーの仕事をカブることもないという点もよろしいですな。
 以前は、
 《Collegiate Wizard》(Complete Arcane) as Human Bonus
 《Sudden Silent》(Complete Arcane) at 1st
 《Brew Potion》 at 3rd
 《Craft Wondrous》as Wizard 5th Bonus
 《Craft Wand》 at 6th
 という構成でしたが、上述の通り、ここはいくつか重要な変更可能ポイントがあります。
 まず、すでに BBB を入手可能という点と、スクロールが購入可能という点から、Collegiate Wizard が不要になります。うひ、このエントリのタイトルが。第二に、低レベル帯では有効に機能した Brew Potion の有効性が低下してますので、これはそろそろ削ってもいい頃合かも。購入も可能となればなおさら。もともとエンラージとブルストをポーションで渡しておくというのが要点だったわけですが、そろそろこれらが決定的な役割を果たすというわけでもなくなってきてるのでなぁ。フライポーションも保険としては買っておけばいいし。ワンド作成も上述の通り不要に。というかそもそもさすがにこれはもともと要らんわな、買えるなら。
 ……横道になりますが、あるレベル帯では決定的だったフィートが後のレベル帯ではあんま役に立たない……というようなことはこのようにいくらでもあると思います。再構成のルールが決定的なパラダイムシフトをもたらす所以です。キャンペーン終了レベルを想定してキャラを組むなんてのは邪道っちゃ邪道ですが、実践的には多かれ少なかれやってるコトですし。ついでに、どのくらい金が出るとかどのくらい作成時間が取れるかとかどのくらいの GP Limit の町を拠点にするかとかもかなり決定的な要素です。新しいルールブックの登場なんぞとは比較にならない影響力があるとオレは思うんだがなぁ……。
 戻ろう。

 Leadership: 許可されるなら迷わず取って猫バードを連れるぜィエ! ……ダメだろうなー……。
 Spell Focus: 有り得ない。と云いたいところだけど、あまりに攻撃的呪文が一色に偏るようなら一応視野かなぁ。
 Spell Penetration: 有り得ない。というか、これ取るなら呪文厳選してキャスターレベル上げるフィートにする。
 Extend Spell: 有力候補。4 レベル以上の呪文で、持続次第で世界が変わるのが PHB II などにある気がする。少なくとも損はしない。でも Sudden でもいいのかなぁ?
 Heighten Spell: 有力候補。といっても、ダミングダークネスのない世界ではそれほど決定的に必要でもないかもしれない。
 Maximize Spell: 攻撃呪文を使うなら可能性はある。あるけど……取るとしても Sudden かなぁ。
 Quicken Spell: 9 レベルスペルにアクセスできるようになったら可能性は皆無ではない。テレポートを at will で! ってそんなレベルいかないね。除外。
 Spell Mastery: 10 レベルで取得。予定通り。代案としては、12 レベルまで習得を伸ばせば 6 レベル呪文も体得対象になる。でも 12th は Contingent Spell なのかなぁ。
 Vatic Gaze: アーケインサイトをパーマネントにするかわりにコレ? うーん……アホらしいかなぁ、やっぱ。
 Arcane Disciple: あ、有り得るのか? ウウーム……。呪文リスト総ざらいの必要があるかなぁ。ドメイングランテッドパワーはつかないので決定的ではない。しかしオバドハイで火ドメイン取ってプロデュースフレイムで(←この人は病気です)
 Arcane Mastery: 長期的には視野。キャスターレベルが充分に高くなったらあるいは。結局ディスペリング用になりそうなのだけど、敵にキャスターが出るとも思えないのが難。
 Craft Contingent Spell: 外道フィートだよなぁ……許可されるのだろうか。
 Sudden Widen: 味方に奏功する呪文で使いどころがあればあるいは。
 Improved Flight: オーヴァーランドフライト+レヴィテートでいいような気もしてくるので微妙。ウーム。
 Insightful Reflexes: Evasion のリングと組み合わせれば有効だけどなぁ……。そんなものが手に入るとも思えないし……。
 Mobile Spellcasting: 文句なく強力。そこまで欲しいかどうかは別として。クレリックが使ったほうがタチ悪くなる呪文ではある。

 とりあえず以上。
 まず 1st の Collegiate Wizard のかわりになりうるもの。フォーカス、ペネトレイト、持続延長(or 即)、レベル上昇、最大化(or 即)、ドメインゲッツ、キャスターレベル Take 10、即範囲拡大、REF に INT。うーん……素直にメタマジックなのかなぁ。即持続延長が最有力?
 3rd のポーションのかわりは「その他作成」一択。
 で、かわりに 5th があく。Mobile Casting、飛行強化が視野に。まぁ素直にモバイルかなぁという印象で。
 6th もあく。リーダーシップ許可なら一択。却下なら……まぁ 5th で取れる中から素直に選択?
 9th はメタマジック安定か。
 ……結局、範囲拡大と距離延長の実効性を呪文リストと見比べながら考えるしかないという現実が待ち受けているのでありました。ギャフン。
2007/01/06 (Sat)
070105 * Top * 暗殺計画
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *