深度 、急速潜行~
▼ドルイドで遊んできますた。
 最近のわたしのメインキャラになってる感のある、ウィザード 1 レベルを混ぜたドルイドで、今回開始時 Wiz 1 / Dru 4、終了時ギリギリでれべらぷ(というか「うへーちょっと足んない」と云ったらマスターがちょっとくれてれべらぷ)して Wiz 1 /Dru 6 に。
 んでまぁ、なんだ。今回は 1、2、3 レベルの攻撃呪文を全開で振り回してきましたが、ドルイドはホントに長期戦キャラだよなぁ。となると、その長期戦を支えるヒーラーが欲しいっちゃ欲しいところなわけで……でもヒーラーがやりたくないわけではないけど「ヒーラー以外のことができない」というのはヤなわけで。やっぱキャラ構成をちょっとだけ誤ったかな……。腹心つけるべきだったよ!
 ま、それはそうと。
 長期戦の例 1。ダイアバット(今回から相棒として登場)に搭乗して飛行し、ミノタウルスにエクステンドしたプロデュースフレイムで攻撃。合計 8d6 + 32 とかいう、1 レベル呪文としては破格と思われるトータルダメージを叩き込むも、それに 10 ラウンドぐらいかかる(相棒と共有するシールドおよびプロフのキャストにかかった時間を含めて)ってのはどうなんでしょうか。なお、終了時の性能で同じことをやると、14 ラウンドぐらいかけて 12d6 + 60 ダメージとかになります。なんじゃそりゃ。
 長期戦の例 2。エクステンドしたクリコ。説明不要~。
 長期戦の例 3。エクステンドしたクリコをかけた相手にコールライトニングでチクチク。
 ……うん、長すぎますな、いろいろと……。
 で、そろそろいくつか弱点が露呈しはじめてたり。
 そのいちは、やっぱり長期戦になりがちなこと。というか、敵の数がやたら多い DM なので、どっちみち長期戦ではあるんですが、ウィザード的な高密度火力ならば、火力を発揮するのにかかる時間そのものは短くてすむんだよなぁ。
 そのに。《武器の妙技》はさすがにいらなかった。高めの AC(今回は +4 Mage Armor, +4 Shield, +4 Dex, +2 Bark Skin, +1 Protection Ring で 25 とかそんなもん。フルブーストだと Greater Mage Armor と Cat's Grace が乗って 29 まで)は、PC 側人数が少なく、敵の数がやたら多いこの DM の傾向だと、後衛といえども譲れない* ところですが、攻撃は全部遠隔でよかったなぁ。フレブの火力はキャスターレベルが半分しか乗らないし、最終的には同じ +5 までしかいかないので、プロフをあんまり上回らないんだよなぁ。もちろん「長期戦」に際しては持続が長い分有利なはずですが、20 ラウンドオーバーの殴り合いとかカンベンだし。
 そのさん。エナジータイプが厳しい。サブスティテューションのロッドに音波があればなぁ! 音波はフィートでは選べるけどロッドでは選べないんだよなぁ! ということで、エナジー耐性/抵抗のある相手(アウトサイダーとか)には非常に詰み気味です。妙技をサブスティテューションの音波にしとけば抵抗なんて誰も持ってなかったのに。うーん…… 9 th では Eagle's Wing 取るつもりでしたが、サブスティにするかなぁ。とりあえずは電気のロッドだけは持って、デヴィルにはなんとか対抗できるようにすっぺか……。
 そのよん。ST の DC が低い。WIS 抑えて DEX に振ってるタイプなのもあって、どうしても。現状装備コミで WIS 18。クリコの DC が 16 しかないんですが、クリコを入れておきたいぐらいの大物はだいたい Fortitude 16 なんて余裕で通してくるわけでして……。セーブ要求呪文の DC はやっぱりせめて 20 は欲しいところですな。コールライトニングの Ref 17 はけっこう失敗してくれるんだがなぁ。
 ……まぁ、あとは回復面での厳しさ? これはもう最初っからわかってやってることだし、上述の通り「ヒーラー以外のことをしない純ヒーラー」をやる気はないのですが、それならそれで短期決戦を一気にキメるタイプにしとくべきだったっちゃべきだったわな。今回ウィザードが欠席したせいもありますが。
 つーことで、ここまでに得た知見をもとに組み直すとすると、妙技を音波変換に取り直すか、腹心が許可されるなら、ウィザードではなくソーサラーマルチにして人間にして CHA 上げて腹心クレリックをつけるか、といったところになるでしょうか。ホントはクレリックをメインにして腹心をドルイドにしたほうが強力だと思いますが、それだと腹心が得られるまでのレベルの面白さが減退するわけで、たぶん「たとえ最初からそのキャラでやってても同じようにプレイできた」と云い張れなくなるのでこれは云うまい。
 でも、それ――あとから実感した事情に応じて組み直し――ができないからこその面白さってのもあると思うんだよね、TRPG には。
 だからやっぱり、PHB2 の再構築(のとくに再訓練)には賛同しかねるわけですが。
 でもある程度の救済措置は欲しい気はするんだよなぁ。
 わたし的には、バランスというか、世界の中での納得を得るためには「任意のレベルまでレベルを下げる権利」を与える(つまり変更したいレベルまでいったん退化し、また経験値も稼ぎ直し)あたりが妥当だと思うのですが、プレイ時間が限られてきてる現状、そんなことしてたら話が前に進まないってのも事実なわけで。パワーレベリング的に、「退化したキャラでも構わず他キャラのレベルにあわせた冒険を強行」とやるテはなくはないとは思いますが、それもやっぱり厳しいわな。
 ……いや、でも、ありか? 今この条件出されたら、1 レベルのクレリック作って開始というのは有り得るよなぁ。まわりが 7 レベルとかならとりあえず同行して見てるだけでレベル上がりそうだし、6 レベルになったら腹心に今のドルイドを呼び戻して……と夢が広がるし!
 いやいやいや。

* ただし、前衛が飽和して敵があまり気味になってても後衛まで突っ込んでくることがあまりないので、ちょっと甘いマスタリングと感じることはありますが。わたし自身は、思考能力のある敵の場合、いかにして前衛にひっかからずに後衛に突進するか、しか考えてないので。それはそれでどうかという話もあるが。
2006/11/14 (Tue)
絶望 * Top * 061114
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *