FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
爆笑した

これも妙な話だなぁ。
 履修不足が最近になって発生しているのは、最近になって、以前のカリキュラムじゃ単位が足りなくなるように制度のほうが変わった(ついでに土曜が休みになって時間じたいが足りなくなった)から……だと、いくつかの場所で見たんですが、違うのか? ココの部分、まったくホントのところがわからないので何ともアレなんですが。家庭科は必修「になった」んだと、これも複数から聞いてるんだがなぁ。
 それを云うなら、オレも高校では日本史なんてやってないし、家庭科もやってないぞ? で、云うまでもなく野依理事長の時代はさらに昔なんですが……。
 ついでに云うと、野依座長について云われてる危惧ってのは「文科省から予算の多くの割合が出てる理研の理事長が座長では文科省にちゃんと対抗できないんではないか」というのが一般的には多数意見(見た関連記事ではほぼすべての例で言及されてた)なんですが。
 妙だなぁ。

▼ときどきこの人はホンマモンの阿呆じゃないかと思うことがありまして。
 「たとえば仏教はインドではほとんど滅びたが腐敗したとはいえ多様な形でこの島国に保存された」ってのは、それはそれで事実ですが、共産党中国のチベット侵略について黙ってられない性格の氏が云うセリフとしてはちと問題あるんではないか。あと、先日オレはタイに行きました。タイは九割仏教徒だそうですな。日本の仏教が腐敗してるかどうかはなんとも云えませんが、そうだとしたら、腐敗していても残ってさえいればいいのであれば、下の簡体字も同じことだろ。
 「漢字はその生まれた支那でたまたま無学な独裁者が政権を握ったために簡体字という無残な記号にされてしまった(中略)これまた日本国が台湾と並んで辛うじて漢字をそのまま受け継いでいた」というのもひどい話で、それを云ったら、繁体字に比べれば日本の漢字の省略(記号化)具合も相当なモンなわけでなぁ。
 いじめについての「自殺した子供たちがどういう仕打ちを受けていたかを私たちは手触りとして一瞬のうちに知ることができる」というのもひどい言葉だね。手触りか。手で「いじめ」を感じるのは加害者の側であって、被害者の側じゃねぇぞ。
 なんともな。
2006/11/03 (Fri)
日曜保守 * Top * 061114
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *