FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
▼めも。猫の品種
 犬の品種とモビルスーツの種類というネタがありましたが、犬じゃ燃えねぇよなぁ。猫じゃなきゃ。
 問題は猫の種類は数が少なくてモビルスーツに絶対数でかなり負けてそうだってコトですか。

▼ふと思ったのじゃが、「世間ずれ」ってのは「世間にスレていること」であり「世間からズレていること」ではないのじゃよ。
 けっこう日本語が確かだと思ってた人が間違っててちょっと驚いたので。

▼「白無垢の仮面」読了。
 うむ、イカす。
 とても久々にクトゥルフのリプレイを読んだなぁ、というか、そもそも TRPG のリプレイじたい読むのはかなり久しぶりな気が。
 TRPG じたいは初心者ではないけどクトゥルフは初めてという人を引っ張り込んでみる、というコンセプトは面白いです。つーか、ああいうヒロインへの食いつき方は長くやってるクトゥルフ屋さんよりもむしろ上手くやってたんじゃないかなぁとかとも思ったり。最初にすすめたのが「地を穿つ魔」というのも上手いかも。HPL はやっぱり心構えなしに読むには重たい食い物なのでねぇ。いや、順番にもよるかと思いますけど。「インスマウスの影」とかはクトゥルフ味と、よりふつうのホラーの味がほどよくミックスされた、長さ的にもちょうどいい傑作ですし、入口にも向いてるでしょうが。
 その他、面白かったのは、発狂した PC のプレイヤーたちがやたら楽しそうなあたりとか。最終決戦とか、PC ふたりが自信満々で奇行を開始して最高。
 ……ま、ネタバレは回避の方向性ということでこのあたりで。
 惜しかったと感じるところもあるっちゃありまして、クニヌウヌウ画伯のイラストは素敵ではありますが、っていうか、表紙やキャラシーのイラストという意味ではバッチリなのですが、プレイ本文にはキーパー御自身の筆(ですよね?)で例の中野豪*1 ふうの挿画*2 があればより嬉しかったんじゃないかニャーとかそんな感じで。ってかプレイがけっこうそっち方面のノリなんでな。
 で、一箇所だけ。ヤバいトコに落ちかけた人間を引っ張り上げる判定を STR 対 STR の抵抗ロールでやってますが、これ STR 対 SIZ の抵抗じゃないかにゃー?

*1 もう新作が見れないのがとても残念です。この人が日本の TRPG 史において果たした役割の大きさは無視できないものであったと確信します。ゾンビぞろぞろヤル気失せ失せ。
*2 こちらの「キーパー考察」にいくつか収載されています。「キーパー考察」の記事じたいはシナリオのネタバレになってますのでご注意ください。
2006/10/06 (Fri)
061004 * Top * 061010
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。