深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Reality Undone
▼なんだか日々巡回してるサイトさまの二箇所(こちらこちら)で「リアリティ」に関する言及が。
 以前書いたコレ思い出しました。
 ……すいません、なんかこれで話が終わっちゃう気もするんですが。
 記事が面白かったので御紹介。
 ベルスポ様の例についてはあれですな、コメントにある「PC が「一般市民」なら、「死体はくさいからえんがちょ」でも間違いじゃないけど、「冒険者」が「死体はくさいからえんがちょ」じゃ仕事にならんでしょうが」に全面的に賛同。
 しかし、死体の調査といえばアップルシードのエピソードをふたつほど即座に連想するわけですが。ひとつは逃亡中のアルテミス・アルペイアが仕掛けた死体のトラップ。まぁ人間の死体じゃないですが。たしかこれは三巻だったっけか? もうひとつは、ソーカクが授業料をボッタクったエピソード。死体の下に爆弾(のダミー)を仕掛けておいて時間稼ぎをするってヤツ。
 いやまぁでも、ふだんから「ウジだろうが腐臭だろうが撒き散らしながら立ち上がって襲いかかってくる」ゾンビとかと戦ってる冒険者が、おとなしくしている死体のウジやら腐臭ごときにビビるってのはちょっとリアリティに欠けるんじゃないかなぁ、とか、そういうのが素直な感じ方なんですかね。
 つーか、オレらならそのゾンビ倒した後の死体(残骸?)から戦利品を漁るぞ、間違いなく……。
2006/10/04 (Wed)
北へ * Top * 061004
■ Comment
オレも漁る。
だって、金貨や宝石、マジックアイテムは拭けばヨゴレが取れるもの。
2006/10/05(Thu) 07:30 * URL * がちゃ #-[編集]
 確かに(笑)>拭けば
 ふむ、となると、ポーションとかが出てきた場合に限ってちょっとアレな気分になる、とかでしょうかねぇ。
2006/10/06(Fri) 23:14 * URL * DRR #/7QgdNBM[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *