FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
▼その他いろいろマンガとか読んだり。
 シュヴァリエ 3 巻。そろそろ読み返して頭を整理せんと厳しくなってきたのでコメント留保。というか小説のほうも勢いで買ってしまったので、まずそっち読むべぇか。
 ギミック 5 巻。オレこのマンガ大好きなんですがどうか。
 孔雀王の新作 1 巻。えーと、その、なんだ。昔の絵柄で描いてくれんかなぁ……。あと途中読んでなかった部分が長かったおかげでしょうが話がさっぱりわからん。
 二十面相の娘 7 巻。本命。白髪野郎編からもう少し「日常あるいは平穏な日々」を挟むのかと思ったら、ほとんど間奏を挟まない怒涛の展開に驚嘆。スジ的には次巻まで読まないとちとコメントできないカンジですが。
 そなかじで。

▼夏休み第一弾おわりー。
 結局どこにも行かずに過ごしましたが、まぁ夏だしな。春とか秋とか冬とかならいろいろ動き回りたいところではありますが、夏は知らん。休みは休んどくしかねぇっす。フゥ。
 あとはまぁ微妙に部屋の片づけを。してたら、以前数冊まとめて買ったっきり積んでた本を発掘してしまい、メシ食いに行って一気読みしてしまったり。
 ってことで角川ホラー「夏の滴」読了。
 凄ェ。
 っていうか。面白い、というか、あれだ。「なんじゃこりゃあ!?」系というか。
 素晴らしい壊れっぷりです。
 序盤から中盤にかけての、ブッ壊れたキャラクターたちの安定した日常描写にはじまり、中盤から後半にかけてのもすぬごい盛り上がりと、盛り上がりとともに増してくる切迫感、閉塞感ともいえそうな絶望感とかは本気で面白いんですが、そこから終盤にかけての怒涛の展開がなんつーかもう愕然というか、「おいおいおいおいおいおい」ってかそんな具合でスゲェ。で、本編ラストの落ちにブッ倒れた。んでダメ押しで壊れきったエピローグにギャフン。
 素晴らしい。なんだこれは。作者の正気度が心配になりますが、恐れ入ったぜ。
 トータルでは相当なデキだったと思います。んが、万人にオススメするようなモノかというと微妙な気分、というかまぁ、なんつーかまるでカケラも救いのない話だしなぁ。おなじみの「イヤな心地よさ」ってか「心地よいイヤさ」とも違うブツですし。
 つーことで、千人ぐらいにオススメしておきます。
2006/08/30 (Wed)
村操車場 * Top * 060831
■ Comment
・つうことは
千人ってことは、
仙人に換算すると、ひとりってことだ。

まぁ、仙人じゃないけど、
オレひとりにはオススメできるの?
2006/09/01(Fri) 18:14 * URL * suwa #-[編集]
 はは。やっぱり食いついたのはキミだったかw
 まぁあれですな。「天使の囀」とか中井拓志作品のようなグレードを求めてはダメっす。でも面白いとは思うぞよ。ラストは絶対仰天するであろうと確信をもって申し上げられるしね。
 難点としては、みゃあらタソや槌神五月タソみたいな萌えキャラを欠くことっつーかメインキャラがみんな小学生なのでこれはもうどうしょもないっつーか。
 そなかじ。
2006/09/01(Fri) 22:48 * URL * DRR #78cbAD42[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。