深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Rules of the Game
▼PC のレベルも上がってきて、イセリアルへの移動が不可能ではなくなりつつある昨今、せっかく気合を入れてダンジョンを組んでもイセリアルから侵入されてはオシマイというのは DM としては哀しい可能性であります。まぁ、プレイヤーが空気を読むとそういうことにはならざりがちなのですが、プレイヤーに空気を読ませるのは、シナリオの導入には乗っていただきたい、という一点を除けば避けたいところです。てか、そこで空気を読みすぎるプレイヤーだと逆にイセリアルからしか侵入できない、という仕掛けが使えなくなるじゃん。
 ということで、最近はちまちまとイセリアルに仕掛けをしたりしています。今のところイセリアルからの侵入とかを試みられたことはなく、いろいろと仕掛けたブツはすべて掛け捨て保険状態になっており、それはそれでよいのですが。
 ふと思った。
 最近、常時シーインヴィジビリティみたいな PC が存在します。
 で、シーインヴィジビリティってイセリアルが見えるんだよなぁ?
 ってことはだ。併存しているイセリアルが岩で埋まってる場所(ウィザードが自室のプライヴァシーを保つためにそうする例が MoP に記載されてます)では、周囲が半透明ながら岩に埋まってるように見えるはずなわけで、視認困難ぐらい喰らうべきなんじゃあるまいか?
 で、質問してみた
 1379 に仰天。云われてみりゃあそりゃそうだ、メイジアーマーはイセリアル岩にひっかかるよなぁ。
 つーことで調査開始。
 必死こいて「Rule of The Games」を漁るものの発見できず。ううーむ、と唸りつつダメモトで FAQ をチェキったところ――ありますた。72 ページ。
 以下転載。そのいち。
 Q: What happens when a wall is built on the Ethereal Plane? Can someone using true seeing see through it and target ethereal creatures behind it? If you can't see through it, what if there's a hole in the wall? Could you target them
then?

 A: Solid objects are very rare on the Ethereal Plane, since no resources are present there to create them. Most objects on the Ethereal Plane were created elsewhere then magically transported to the Ethereal Plane (as described on page 56 of Manual of the Planes).
 An ethereal wall would be visible to someone using true seeing (or a similar effect). The rules don't describe whether such objects block line of sight, but it's reasonable to assume that they do. Thus, an ethereal wall would be visible as a wall to a creature that can see ethereal objects. Even though the creature could distinguish the wall from a material object, it still blocks vision (and thus line of sight) just as a normal wall would. A creature can look through an ethereal wall with a hole in it, and the creature could then target ethereal creatures behind the wall.

 以下適当な訳。
 Q: ヘイ、サゲ。イセリアルプレーンに壁ができてるらしいんだが、何が起こるのかなぁ? たとえばトゥルーシーイングを使ってるとすると、そのイセリアルにある壁をシースルーしてその向こう側にいるイセリアルクリーチャーをタゲれるのかい?
 A: イセリアルには固体な物体はとても珍しい。というのは、それを作るための材料があっち側には存在しねぇからだ。従って、イセリアルに存在する物体はほとんどが別のプレーンで作られてマジカルな手段でイセリアルに運ばれたものだ。これは、ま、前提だな。
 で、だ。イセリアルウォール(イセリアルプレーンにある物質の壁ってことね)はトゥルーシーイングや類似の手段で物質界から見ることができる。そいつが視線をブロックするかどうかはルールには書かれてないが、そうなると考えるのがリーズナブルだな。つーことはつまり、イセリアルを見られるヤツには、イセリアルウォールは壁として見える。イセリアルな対象と物質界の対象を見分けることができるとしても(というか、シーインヴィジビリティとトゥルーシーイングは可視と不可視を見分けられたハズ)それはビジョンを遮る。つまり視線を遮る。普通の壁がそうであるように、だ。
 以上、適当な訳。
 イエヤッフー! これスゲェ! もう次から「俺、回数無制限でシーインヴィジビリティ使えるから常時シーインヴィジブルだと思ってくれ」とか云わせねぇ!「あ、シーインヴィジブル? じゃあイセリアルにあるイヤなモノが見えるからとりあえず正気度ロールね」とか何度か云えばもうやらねぇだろう! ……これ、もっと早くに知りたかった……。ん? イセリアルプレーンにイリュージョンを張り巡らせるとどうなるんだ……?
 しかしこれ、質問が「イセリアルウォールはその向こうの「イセリアル」クリーチャーを見ることを遮るのか?」なのに「物質界が見えないぜ」という回答っぽいんだけど……まいっか。
 続いて力場効果。
 Q: Does an ethereal object block force spells cast against targets on the Material Plane? If force spells affect incorporeal creatures, and stuff on the Ethereal Plane is incorporeal on the Material Plane, doesn’t an ethereal wall get in the way? If so, does it get in the way of force effects such as mage armor, thus stopping a PC protected by such an effect from moving through?
 A: An ethereal wall would block force effects cast on the Material Plane. In essence, a creature affected by mage armor is “wearing” a suit of armor made of force. a suit of armor that can't pass through ethereal objects. His weapons, spells, and so on still can't affect ethereal objects any more than they normally could.
 ……えーと、すまん、オレの和訳力ではちとこれ和訳するの面倒(質問のほうが Get ばっかで疲れる……)なんで要約します。イセリアルウォールは物質界でキャストされ物質界を目標とした力場呪文(マジックミサイルとか)をブロックするようです。で、メイジアーマーがかかってる場合、イセリアルウォールが併存している場所を通過できないようです! すげぇ! って考えてみりゃそりゃそうなんですが、これ革命的だ。いろいろ世界が変わるぞ。まぁ……配置する敵モンスにもメイジアーマーとかつけれないことになりかねないのがアレですが、「おお敵がメイジアーマーを使ってる! この部屋はイセリアルがひらけてるぞ!」と思わせておいて、敵がいる位置以外のイセリアルには何かろくでもない障害物が……みたいなテもできるっちゃできるのか……(もちろん敵はその場所の主で待ち伏せの立ち位置は吟味してあるってことね)
 くそ、もっと早くに知りたかった(←バカ)
 次回から、以上の裁定を採用します。常時シーインヴィジビリティはリスキーな選択となる、というか、シーインヴィジビリティ自体は解除可です(ので回数無制限ならまぁ使い勝手はそんなには悪くならないか)が、パーマネンシーとか自殺行為系? メイジアーマー常時かかってるキャラとかはいろんな場所で何もないのに壁にぶつかって進めなくなるとか。ってか、自分がウィザードのとき、あんまちゃんと毎回宣言はせずに「毎日 12 時間持続のメイジアーマーを二度かけてるので常時メイジアーマーね。寝てる間も」とかやってますが、今後は気をつけよう……。
 ……あれか、イセリアルをきちんと埋めておいてから(ってこれは容易ではないと思うけど)ふつうにグレーターインヴィジビリティでもかければかなり強力なコンシールメントになるのかなぁ? その場合、単なる視認スキルでみつけるのが一番有効というアホらしい事態に。聞き耳はサイレンスかけて仕掛けるしかないけどな……。
 ついでに、Rule of The Game をあさっててめっけた使えそうなネタをめもっときます。
飛行中のアレやコレ。上下方向への接敵面や、空中でのグラップリング、押し出し等の扱い。ふだんは厳密に適用する予定はなし。面倒だし、いまさら落下のダメージでどうこうなることもなさそうだし(戦闘においてはせいぜい上下数十フィートなので) 飛行機動性の悪いモンスがいちど着地したら再度飛び立つ前に殺されるのは確実だしなぁ。攻防一体強化のついてるドラゴンでもなければ。
不可視対象の位置特定。今回のキャンペーンではさんざんやってきた「不可視からの不意打ち試行」ですが、位置特定については若干裁定が甘かったかなぁ。
 Active creature の存在を視認する DC は 20、位置特定は 40。
 Living creature holding still (じっとしてる(Has not moved during its last turn なので移動してなければ他のアクションはしててもいいのか?)生きてるクリーチャー)なら 30 / 50
 Inanimate object, unliving creature holding still, or completely immobile creature (動いていない物体や、じっとしている生きていないクリーチャー(コンストラクトとかアンデッドとか))40 / 60
 続いて聞き耳の場合。面倒なんでベタで。訳はいらんよな。
 In combat or speaking:0 / 20
 Moving at half speed Move:Silently check result / Move Silently check result +20
 Moving at full speed Move:Silently check result -5 / Move Silently check result +15
 Running or charging:Move Silently check result -20 / Move Silently check result
 Some distance away:+1 per 10 feet / +1 per 10 feet
 Behind a door:+5 / +5
 Behind a stone wall:+15 / +15
 聞き耳 20 で戦闘中の敵の位置がわかるってちょっとびっくりだ。
2006/07/26 (Wed)
060725 * Top * 装備改善
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *