深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Fochlucan Lyrist
▼さて、Complete Divine を片付けてから、Complete Warrior のサマライズにもとりかからずにダラダラと拾い読みを繰り返してるわけですが。
 何がやりたいかって、あれだ。「Fochlucan Lyrist」だ。(以下 FL)
 ええと、現在貸し出し中の Complete Adventurer 収載のプレステージクラスで、毎レベル基本攻撃ボーナスと信仰呪文キャスターレベルと秘術呪文キャスターレベルの全てが上昇するクラスです。って何じゃそりゃああ!? そりゃ反則じゃないのか!? というような、まぁ、ココだけ見ると、性能なわけですが。あとおまけでバード能力が上昇します(バードレベルにスタックするってこと)が、そんなのかすむぜ!
 で、どういうオチかというと、前提がべらぼうにキツいわけです。まず芸能 13 ランク以上。ということは、キャラクターレベル最低 10 が必要となります。踏み台に 10 レベルってことは、残り 10 レベルがこの FL としての人生になるわけですな。余裕ナシ。次に、「バード知識」を持つこと。つまり前提でバードを取ることがほぼ必須。第三に、「Evasion(日本語だと「身かわし」だったかな?)」能力を持つこと。普通に考えるとローグ 2 レベルかモンクを取らねばこれはムリです。モンクは属性制限的にはじかれます。他の案としてはレンジャーがありますが、レンジャー 9 レベル取ると踏み台が 10 レベルで終わらなくなります。却下。最後に、「ドルイド語を話せること」……って、これ、ドルイドレベル取る以外に方法あるんかいな?
 がんばって、いろいろ裏技でこれらの前提を揃える方法を探してるんですが、今のところみあたりません。Complete シリーズの新ベースクラスもざっとさらったんですがダメ。前提だけでバード 1、ローグ 2、ドルイド 1 が必要って。
 いったいこれは何なんだ? という疑問の答えは、ググル様で唯一 FL がクリーンヒットする国内サイトであらせられるこちらに記されておりました。なるほど、ADnD 1st のバードの再現だったのか……してみると、例のティカンドを舞台にしたゲームブックでヒロインがバード/ドルイドだったルーツはそのへんだったりするのか……?(いいかげんそのネタから離れろという話もある)
 さらに、こちらにはそのファーストのバードについてわかりやすいサマリーが掲載されており、実に参考になるとともに、この得体の知れない「Fochlucan」なる単語の出典も判明するという次第です。
 さて、なるほど、そういうものか、と理解はしました。でもさぁ。オレらのような世代の、オレらのようなゲーマーが、「吟遊詩人から転職するスーパー万能クラス」って云って思い浮かべるのって、あれしかねぇべぇ?
 DALK だろ!!
 そりゃファーストバードをイメージした FL であれば、上げるキャスターレベルはドルイドとバードでいいんでしょうが、DALK 的にはちげぇぇぇ! 重装して前衛に立ち、ウィザードとクレリックの魔法を駆使して暴れ回らなきゃ DALK じゃねえぇぇ!!
 というわけで、3.5 版で DALK 大作戦! が開始されたのでありました。例によって大バカ企画でありんす。

 とりあえず、FL の前提を正確に記しておきます。通常はルールをまんま訳して転載はしないようにしてるんですが、今回は WotC のオフィシャルサイトで公開されてるクラスなので、まぁ、大目に見てくれや。

 前提:
 技能:解読 7、交渉 7、情報収集 7、知識(自然)7、芸能(弦楽器)13、手先の早業 7、ドルイド語。
 属性:中立にして善、中立、混沌にして中立、中立にして悪のいずれか。(秩序以外のいずれかの中立)
 呪文:1 レベルの信仰呪文と秘術呪文をキャストできること。
 特殊:バード知識と身かわしの能力を持つこと。

 芸能以外の前提技能も軽くはないですが、このマルチなら大した問題じゃないでしょう。
 まず最低限のベースクラス構成ですが、上述の通り、バード 1、ドルイド 1、ローグ 2 が最短だと思われます。このままの構成でクラスレベルを上げるのなら、FL で毎レベル上昇するキャスターレベルはバードとドルイドになるでしょう。んが。DALK 的にはそれは微妙です。
 ドルイドは強力なクラスですが、その強さは呪文だけに負っているわけではなく、ワイルドシェイプなどの本体強化は FL では得られないのが惜しいです。また、動物が友達なのは DALK というよりむしろミコです。君、少し黙れ。とにかく、他の信仰呪文キャスターレベルが欲しいところです。
 バードも強化されましたが、その強さはバード呪文というよりはやはり呪歌をはじめとするバードのクラス能力に負うところが大きく、そちらをメインにするなら、バードシングルのほうが優秀ということになり微妙です。FL はバードとしてのキャスターレベルを上げなくてもバード専用能力のレベルは伸びます。よって、FL で上げる秘術キャスターレベルはバードではないほうが強力そうです。
 そして、このままだとロクに鎧も着れないし、基本攻撃ボーナスの上がりもしょぼい(マルチの影響で、11 レベル段階ではシングルバードより弱くなります)ので、戦士系のクラスも入れたいところ。
 以上の理由により、踏み台の 4 レベル以外は、まったく別のクラスを 6 レベル混ぜて 10 レベルまでの日々を過ごす方針で考えてみますた。

 第一に考えなければならない点は、最初の 10 レベルではキャスターレベルの上がりが遅くなりがちだという点です。6 レベルの猶予を半々に振り分けると、10 レベル段階でのキャスターレベルは信仰、秘術とも 3 にしかならず、20 レベルまで上がっても 13……ってこれはキツいよなぁ。
 どちらかのキャスターレベルに偏らせて育てるテはありますが、それにしても 20 レベル段階でキャスターレベル 15 となり、最高レベル呪文に手が届きません。ああ、バード呪文なら足りるのか?
 しかし、プレステージクラスには、10 レベルまでで最高レベルまでの呪文が取れるクラスがいくつか存在します。信仰呪文使いにおいてはパイアス・テンプラーやディヴァイン・クルセイダーがそれに該当します。前者はパラディンのリストから 4 レベルまで使えるので非常に強力な呪文が選択肢に入ります。後者は限られたリストとはいえ 9 レベルまでの呪文が使えるのが魅力です。
 秘術呪文キャスターは選択が難しいです。まぁ、Complete Arcane をちゃんと読んでないせいもありますが、「鎧を着て前に立ち剣を振るう」ことを考えると……ねぇ? スペルソードを混ぜる可能性も考えましたが、これを実現するためには、ファイター 1 レベルとウィザード 3 レベルが基本的に必要になるため、ミスラルブレストプレートが着れるようになるスペルソード 3 レベルまで取得するとすでに 11 レベルになっちまいます。これに信仰呪文キャスターの踏み台も足すと、FL になれるのが 13 レベルになってしまい悲しいです。
 むろん、信仰、秘術両方の呪文を駆使すれば鎧はゴマ化しは効きます。メイジアーマーで +4 鎧、シールドで +4 盾、シールド・オブ・フェイスで +2 反発、バークスキンで +2 外皮とつければ、一応はフルプレート+ヘヴィシールドを上回りますし、鎧じゃないので DEX ボーナスもフルについてきてオトクといえばオトクです。外見的なイメージの食い違いはチェンジセルフあたりでゴマ化せば上等です。でも、ねぇ? バークスキンはワンドからキャストになるだろうし、ソーサラーベースじゃ呪文の選択肢はキツいし、持続時間にも不安がないわけじゃないし……。だいたい、クレリック取るつもりないし。
 鎧を着て、《呪文動作要素省略》も視野に入れると、ベースはウィザードでないと苦しいです。
 くそう、どっかにほっといても鎧着て秘術呪文をぼこぼこキャストできるクラスはないのか!?
 ありました。Complete Arcane 収載の War Mage が。
 1 レベルでライトアーマーの秘術呪文失敗確率を無視する能力がついてきます。8 レベルあたりだったと思いますが、ミディアムアーマーも平気になるようですが、まぁ、そこまでは上げてられないのでこれは無視。
 で、Complete Arcane には Battle Caster というフィートがあります。前提は「鎧による秘術呪文失敗確率を無視できる能力」で、効果は「一段階重い鎧まで平気になる」
 これだ! つまり、War Mage 1 レベルに Battle Caster を足せばミディアムアーマーまでオッケーです。フルプレートをミスラルで作ればミディアム? 3.5 版の DMG が出ないとなんともいえませんが、これでイケるんだったらオッケーぽくねぇ!? あるいは Battle Caster を複数回取って効果をスタックできるなら……?
 問題は War Mage のスペルリストですが、まぁ、潔くすっきりと攻撃系の呪文ばっかでまとまってます。メイジアーマーとかシールドとかがないですが、鎧着るんだったらいいや! ということで! トゥルーストライクはちゃんとあるしね!

 下積みが少し埋まりました。ローグ 2、バード 1、ドルイド 1、ウォーメイジ 1、テンプラー 1、残り 4。って待て。物凄いマルチです。ベースクラス 4 つかよ! しかも、ウォーメイジとテンプラーのスペルリストも物凄く偏ってます。物凄く微妙なモノになりそうです。

 さて、テンプラーを取るためには基本攻撃ボーナスが +5 必要です。上述の下積みにおいて、テンプラーを除くと達成できてる基本攻撃ボーナスは +1 です。残り 4 レベル全てで基本攻撃ボーナスを上げなければならないということです。ウォーメイジのキャスターレベルを上げておきたいところですが、ウォーメイジ 2 から 3 では基本攻撃ボーナスが上がりません。ぐはぁ。鎧を着込むという夢も考えると、鎧の習熟のためにファイターを混ぜるのが妥当でしょう。ベースアタックとフィートの美味しさも考えれば 2 レベル入れておきたいところ。

 ローグ 2、バード 1、ドルイド 1、ウォーメイジ 1、ファイター 2、テンプラー 1、残り 2。大変なことになってます。ベースクラス 5 つです。阿呆か?

 残り 2 は何で埋めるかは悩みどころです。ファイター 4 にすれば武器開眼が取れてダメージが安定してアップするのは素敵です。ローグを 3 にすればスニークレベルが上昇します。がまぁ、スニークで喰ってく予定のキャラじゃないので、これはオマケかなぁ。バードを上げるのはイメージ的にはアリですし、バード 1 レベル呪文が使えるようになり、歌とかも地味に底上げされることを考えれば、悪くないです。ひとつだけ上げるとよさそうなもうひとつの選択肢はウォーメイジです。これら 3 つのクラスのうち 2 つを 1 レベル上げるというのがよさそうです。バードはセーブの上がり方という点でもお得です。というのは、レベル 10 段階でこのキャラクターは Evasion と Mettle の両方を持つことになり、セーブで効果が減殺される効果に対しては、セーブを通せば「全部無効化」できるのです。なんだそりゃ。となりゃ、セーブは高くしとくに越したことはありません。
 さらに馬鹿げた選択肢としては、さらに別のクラスを足すというのもあります。基本攻撃ボーナスが上がるクラスでなければならないので、レンジャーかバーバリアンということになるでしょう。しかし、二刀や射撃型を目指さないのにレンジャーはイマイチ旨味に欠けます。セーブは美味しいんですが。バーバリアンは、1 レベル目に入れられないとこれも旨味が薄いので微妙です。スキル要求のキツさを考えると 1 レベル目はローグが妥当でしょう。

 信仰呪文キャスターはテンプラーを前提にしてますが、これをディヴァインクルセイダーにするテは、まだ検討の余地があります。つまり、FL の属性制限にマッチする神格の持ってるドメインに「これひとつで一生食ってけるぜ!」というのがあったら、ですが。しかし、これはワールドセッティング次第で神様の配置も変わるわけで、考えだしたらキリがありません。今回は省きます。

 ……これだけやっといてアレですが、このネタは……一朝一夕にはモノにならんな……。
 ということで、とりあえず現時点での形を示してみましょう。

Lv09, Rog2, Brd2, Dru1, WM2, Ftr2: BAB +5, Fort +6, Ref +6, Will +9.
Lv10, Rog2, Brd2, Dru1, WM2, Ftr2, PT1: BAB +6, Fort +8, Ref +6, Will +11.

Lv11, FL1: BAB +7, CL(PT)2, CL(WM)3, F+8, R+8, W+13, Bardic Music:3
Lv19, FL9: BAB +15, CL(PT)10, CL(WM)11, F+11,R+12,W+17, Bardic Music:11

 ……やっぱ全然ダメって気がしてきた……。

 ROG2, Brd1, Dru1, WM4, Ftr1, Clr1: BAB +4:
 も視野ですかねぇ……。
 クレリックで鎧習熟を取るなら、武器は個別のフィートで習熟するか、ウォードメイン持ちの神で武器を選べば……ファイターを切ってウォーメイジ 5 もあるかなぁ……。
2005/03/04 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *