FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
▼で、今週の週アスの頭のほうで機士日報の話題が載ってたことは非常に興味深いものではありましたが、ま、これについては今後の動きを見守る方向性で。

▼今週(あれ、先週か?)の週アスに載った歌田氏の記事がちょっと気になったので。
 えっとですね。実名と匿名の間にはもうひとつ重要なゾーンがあるんじゃないでしょうかね。つまり、「筆名」という区画が。ネットじゃふつうハンドルと呼ばれますが。
 ハンドルネームは通常、実生活に直結はしないけれどもネット上の発言では同一人格性を維持するレベルでの個人特定記号として機能します。これは、この記事においては「実名」に区分されている「友人たちが知っているファースト・ネームやニックネーム」に近いものであり、事実、オレのネット友人の少なからぬ割合が本名の一部を改変したハンドルを用いていますし、そうでない側の人々(オレを含む)もほとんどがネットに言葉を発しはじめて以来、ハンドルを変えてはおらず、つまりそれは「友人たちが知っているニックネーム」と同義であるといえましょう。表記を多少変えたりしている人もいますが、おおむね同じハンドルを維持しているし、大幅な変化をした例でも変更の頻度はきわめて低めです。
 では何故、自己同一性は維持しつつも実名を使わないのかというと、それはまぁ「ブログを書いていたために解雇される例が続いているといった理由から、匿名で書くことを推奨している(リンク先より)」に近いといえば近いような理由でして、たとえば仕事で(そして基本的には仕事のみで)つきあいのある人々には自分のブログの筆者が自分であるとは知られたくないから、というのが、オレの場合は、理由だったりします。つーか、オレの書いてる専門がらみのテキストとか見れば、オレを(専門がらみで)知ってる人はかなりオレを特定できてしまうんじゃないかという気もしますが、たとえそうであってもそこに確証を残さないことが自衛です。っと、話がズレたかな。何が云いたいかというと、引用したテキスト中の表記からも明らかなように、こうした形での筆名の使用はリンク先記事中では「匿名」に分類されます。
 となるとあんましこの二元論的な議論には意味がないんじゃないでしょうかねぇ? ブログの書き手は基本的には「筆名」を用いているはずであり、となるとこれは上に書いたように「匿名と実名の間にある独立したカテゴリ」なハズなのですが、これを「匿名」の側と断じて議論するのはおかしいべさ。

▼朝から健康診断に行ってきました。
 いやーもう参るね。前日は九時以降モノを食うな、ビタミン C を摂取するな、当日はモノを食うな、ってなぁオイ。そりゃヘロヘロにもなりますがな。いやまぁビタミン C は直接は関係ないかもだけど。
 べつにメンタルには依存しているつもりはないんですが、どうもフィジカルにはオレはカフェイン依存気味であるらしく、朝からカフェイン(それもコーヒー由来じゃなきゃだめっぽい)入れないでいるともうまるで目が覚めないようです。「なんか昨夜はよく寝たはずなのに今日は一日眠くてだめだ。どないなっとるんやー」とかそういう日は夜になってから「そういや今日はコーヒー飲んでない……」と気づくぐらいのアレですが……。
 で、そんな調子でフラフラしながらいつもより早く起きてとりあえず採尿。っていまどきの尿検査って、現場で採尿して、検査試薬が底にプリントされた紙コップに少量入れて渡すとそこにさらに検査紙をひたして済ませる、みたいなんだと思ってたんですがねぇ。なんか 15 mL ぐらい(実験でさんざん使う 15 mL のチューブそっくりなのでそんくらいと思われ)のチューブに入れて持ってこいと。はぁ。あーまぁそれだけ厳密ってか細かい検査なのかもしれんけどねぇ。鮮度は落ちますが……。
 現地では、まず視力検査で 1.5 を叩き出し(もちろんコンタクト装備状態ですが)てみたり。あんなものはあれだ。C の字がどっち向いてるかを判断する経験量がモノ云うだけだ。目の悪い人は視力検査経験値がやたら高いので、実際より高く判定されがちなんじゃないかねぇ? とか本気で思いますが。あれ、四方向の場合と八方向の場合で、自分は明らかに 1~2 段階差が出るんだよなぁ。文字判読だとさらに上に判定されます。よくみえない文字をむりやり解読する能力は目ではなく脳に依存するのです。むろんこれも目の悪い人は鍛えられている部分ですな。
 で、次に血圧検査。なんせメシも食ってないし、いつもの通勤時間より圧倒的に長い移動時間は消耗を避けるべく意識的に意識レベルを下げて眠りながら行ったってのもあり、猛烈にヤル気のない状態。下 68 で上が 100。ゲラハハハ。いや、低いってほど低くはないけどさ。前回は 76 の 110 とかだったけど、これは日内変動ってとこですか。まぁ脈圧の低さは以前から自覚してるところで気にはなりますが。あと検査はけっこう適当だった印象も。基本的に高血圧を検出するのが目的だろうから、低いほうで多少振れる分には気にされないんだろうにゃー。
 それから採血。空腹時の採血がしたいらしく、これのためにメシを抜いてきたわけですが。「以前採血で気分の悪くなられた方は申し出てください」との表示があったので、「十年前にへち倒れたことが」とか云い出してみたところ、妙に気を使われまくってかえって閉口。んーまぁ血管細いんだよにゃー。あとは、やっぱりあのときの採血者がヘタクソだったんだと、ここ数回の採血経験から確信するようになってたり。いや、大学とかの保健施設の健康診断屋と、営利医療者とじゃ技量がやっぱり全然違うのかも。痛さが全然違うもんよ。
 体脂肪率は 10 %。くそッ! ひとケタにちょっと及ばなかったッ! ……いえ、ちと不健康ですなコレは。運動しててコレならいいんだろうけど、運動は不足どころか実感としてほとんど皆無で、食事についてもロクに気を使ってない(ただまぁ小食なほうだろうとは思うけど)でコレってのは……消化吸収に問題があるのかにゃー、とかそういうアレだ。
 問診は問診でさくっと終了。メンタルのほうの問診で昨日記入しておいたストレス関連の問診表を見つつダラダラと少し喋ってこれも終了。ストレス判定はほっとんどストレスなしという判定で大笑い。まぁ、新しい職場に移って今はいい面ばっか見てて快適なのかもしれないなぁ、と思わんでもないけど。
 最後に X 線写真を撮って終了となりました。
 ……たったそんだけのことなのに遠いってのは疲れるよなぁ……。
 血圧と体脂肪がもうちょっと、もうちょっとだけ低まればなぁ! 話としちゃあもうちっと面白かったろうになぁ!
 ……なんて、健康診断の検査値を陸上競技のタイムか何かみたいに気楽にネタにできる健康状態はありがたいことであります。目の悪さだけはかなりのモンだけど、他の部分は一応健康体なのじゃな、オレは。いや、脳の中身も別として。
 あとは後日検査結果が出る項目ですが、ま、四月の時点で何も問題なかったんだし、たぶん何もないだろうということで。
2006/06/30 (Fri)
■ Comment
・いいなあ…。
健康は身体では買えないですよ。
羨ましい…。
2006/07/04(Tue) 00:04 * URL * 緑の人。 #X4hdDdSw[編集]
・あれ?
すまぬ。

身体→お金

ですよ。

久しぶりに書こうとしたら間違い訂正すらもうまくいかなかった…阿呆でごめん。
2006/07/04(Tue) 00:11 * URL * 緑の人。 #X4hdDdSw[編集]
うーん……健康なのかなぁ
不健康な生活は自覚してるので、診断結果の健康さはむしろ何かを裏側に隠してるようで怖い気もするんですがっ
2006/07/05(Wed) 00:06 * URL * DRR #/7QgdNBM[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *