FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
▼ぎゃあ! カッコよすぎ!

▼そんなことより日々暑すぎだぞコラ。
 正直、睡眠の質が低下しまくりで今日は死にそうに眠いっすよ?

▼中国ネタで書き忘れたモノそのいち。
 ある日、えーとどこだったかな、どっかのホテルで TV のチャンネルチェックをしてたら突然キラとラクスがどアップで見つめあっててひっくり返りましたが! しかもそれが日本のチャンネルじゃなくて英語だったのにはさらに驚いただ。

▼昨日はさっくり振り休取って半日寝てみたり。残り半日もなんかなんもヤル気が出ず、ひたすら出張に持ってった服を洗濯してた気がします。その間の時間に(1.5 倍は終わっちゃったけど)ちまちまと ME プリでも育てるかぁ……とか思ったらなんか回線が死んで全然つながんなくなるし。なんだかねー。夜半前には復活しましたが。
 ところで先日の「ひとを救うこと」については、あれは自分の TRPG やネトゲにおける振る舞いを連想しながら書いたネタだったりします。たとえば MMORPG でヒーラーが「オレ輝いてる!!」と一番盛り上がる瞬間というのがどういう瞬間かというと……という話ですな。オレがマビノギを本気でつまらんと感じた理由(のひとつ)は、他のゲームってかたとえば RO ではカツカツの戦闘の帰趨を左右するのはプリーストのヒールや場合によってはリザレクションによる戦線の維持とほころびた場所の立て直しなわけですが、マビではヒーラーがそうした決定的な役割を果たすことがない、という点だったりするわけで。(課金開始後一ヶ月までしか遊んでないので、最近どうなってるかは知りませんが)
 TRPG ではクレリックが回復に追いまくられるぐらいのバランスでないとダレがちだったりするし。まぁ、殴りクレリックをやってるほうのキャンペーンではまた違いますが。というか、殴りクレリックはあれはあれで、「味方を癒すのと、自分で殴るのと、どちらがより有効か」を考えるのが楽しいという話もありますが。
 味方がマズげな状態になることを望み、それをマズくない状態に移行させる段階で自分が重要な役割を果たすことを望む――って、実にあさましいことではないかね、我ながら。
 ま、リアルじゃあオレは臨床の人ではない*ので、そのへんまた違うわけではありますが、ああいう思考が巡ったのは、仮想世界の楽しみ方がこんなんであるという自覚による部分が大きいとは思います。やれやれ。

* では現実に臨床家である人々があさましいというのかね? とか云われても困るわけですが。自己分析的なモノとしての連想にすぎないわけですので。ていうかゲームと現実を混同するのはやめとこうぜ、とかそんなアレで。
2006/06/28 (Wed)
060626 * Top * 支援一次
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。