FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
うーん……。
 公開入札(用語はよく知りません)だかで安いトコを選ばされたおかげでひどい欠陥建築を作られて、結局その問題点の改善にクソ高い金を払わされた例を身近に見ている身としては、そこに何らかのよろしくない共謀があったとしてもそれでトクをしてるのは公共機関やそこの(少なくとも主流の)関係者ではないと思いますがどうか。
 ま、印象ですけどね。税金系の仕事は「予算は使い切る」ことが物凄く重要なので、その余分な支払いをすることは「損ではなく、ある面(つまり返納手続きをしないですむという点)では得であった」可能性も……いや、それはナナメすぎるかなぁ……。
 まるで別の話になりますが、税金仕事に絡むようになる以前は、単に使い切らないと翌年の予算が削られるだけだと思ってましたが、じっさいには返納手続きじたいがクソ大変なのね。となると、たとえば、カラ出張だのなんだのという「役人が私腹を肥やしてる」と見られがちなアレは、むしろ「返納手続きの手間をはぶいた」というだけのサボりであって、それはまぁそれでよろしくないことではありますが、金を貰うことじたいはどうでもよかったんじゃないかという気がしてきてみたり。余った予算を返す煩雑な手続きのために残業し残業手当を支払うことが税金のムダ使いであるかないかはオレにはわかりませんが。「税金のムダ使い」という言葉は妙な言葉で、税金から出てる予算が余るとムダ使いになり、余らせなければムダがなかったことになるんだよにゃー。オレには政治や経済のことは、やっぱわからんわ。

▼ゲド 3 巻読了。
 あー、なんかあれだ、2 巻の感想とかが妙にナナメ視点だったせいだと思いますが、「もっとふつーに楽しみなさいっ」的に怒られてしまいますた。
 楽しんでます、そりゃもちろん。ってか、でなければこの勢いで読まねぇっす。ただまぁ、「おもしろかった」以上! では感想文としては中身がないし、内容に触れるとネタバレせずには書けないし……ということで、ムリヤリなんとかナナメな見方で書こうと試みた結果があんなんだったりしたわけです。1 巻もそうだな。作者がフェミニストとかどうでもいいし。
 ……で、3 巻はもうなんも書けん。何を書いても重要なネタバレにならずにおれんというカンジで。
 竜が竜が!
 ……ってこれだけでも書くのはどうよ!? ってなアレよ。
 この勢いで 4 巻に突進するぜ!
2006/06/08 (Thu)
示威雑感 * Top * 060610
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *