深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Unlimited Break Works
▼正直に申し上げます。
 先日のセッションはちとツラいモノがありますた……。いやまぁ、誰に文句を云える筋合いのものでもない事情なわけで、云っても愚痴、しかも生産性のまったくない愚痴にしかならんというのはどうよ? ってことで昨日は書かなかったんですが。
 逆転の一手を思いついたので、まぁ、せっかくだ、書いておこう。
 今回は OTTO マスターによる 3.5 版キャンペーンの第二回セッション(だよな? 第三回?)でありました。が、実際には、二回目とか三回目とかそういう次元ではない歴史がこのキャンペーンにはあります。先日キャラを組むときにちらりと書きましたが、これは OTTO がクラシック時代にやってたキャンペーンのキャラを引き継いで遊ぶという企画なのです。
 軸になってるのは、通称「腐れ島ブレイカーズ」(だよな?)と呼ばれてるキャンペーンで、クラシック時代、同じように呼ばれていたと思われるキャンペーンからプレイヤー 4 名のうち 3 名が参加しています。すなわち、UFO メンによるハーフリングの(3.5 版ではハーフリングパラディンの)ランド、うちのサークルリーダーでもある BOSS によるマジックユーザー(3.5 版では Enchantment だか Illuison だかのスペシャリストウィザード。Evo 切りらしい)のベルザラス、そして、artemis によるファイターのハルです。
 クラシック時代、我々は(という云い方はいろいろややこしいのですが、ここでは経緯は省きます)「ブレイク」というハウスルールを使用して遊んでおりました。で、このルールが、今回のこの 3.5 版キャンペーンにも導入されております。これは、攻撃時の d20 ロールでナチュラル 1 を振ると「武器がへち壊れる」というシロモノであり、ナチュラル 20 で「ダブルダメージ」とセットで適用していたのですが、3.5 版ではクリティカルのルールが正式に採用されているため、新たに追加されたのはブレイクのみなわけです。キャンペーンの通称は、その舞台となった島を、そこでの経験からプレイヤーたちが「腐れ島」と名づけ、そこで武器を折りまくったことから来ているみたいです。
 で、このキャンペーンをわたしは全く知りません。というのは、どうも聞くところによると、もう少しうちのサークルのメンバーが多くて 2 卓並行で遊んでいたころに、わたしがマスターやってたキャンペーンと並行で遊んでたものであるらしく(違うかもですが)そりゃあわたしがプレイヤーで参加してないのは当然の帰結なわけです。わたしのキャンペーンのメインプレイヤーのひとりだった artemis も、そのぶん参加は少なかった模様かな? まぁそのへんは要するによく知らないんですが、わたしは参加してなかった。
 ということで、OTTO マスターによる別のキャンペーンで使ってたクレリックを再構成して投入せよとの指令を受け、先日組んで持ってったわけですが。
 少なくとも一度、このメンツはクレリックなしで冒険しており、今後もクレリックが参加するかどうかはまったく未知数だった、というのが理由なのかどうかは知りませんが、固定同行 NPC としてヒーラー能力のある超小型のフェイがベルザラスの使い魔扱いで存在してたんですな。この NPC も旧版時代からのつきあいらしいです。当時からヒーラー性能を持ってたかどうかは知りませんが。
 で、この NPC ヒーラーの操作はベルザラスのプレイヤーの BOSS に任されております。
 で、BOSS はわたしがマスターをやってるキャンペーン(サークル内最古で、パーティーレベルも高い)で非常に優れたクレリックを操っております。
 うーん。この強力なプレイヤーに操られる強力なヒーラーがすでにいるパーティーで、ストーリー的なバックグラウンドも仲間との長いつきあい等の裏打ちもない新入りの純支援クレリックの居場所なんてあるのかい?
 ねぇよ!
 っつーことで、話のノリ的には新入りであり、キャラ性能的には既存キャラとかぶっており、単独で暴れる性能を持たせてもいないクレリックは正直しょんぼりでした。ひー。
 キャラかぶるにしても火力担当とかならねぇ、「火と火が合わされば炎となる!」とかそんな方向にいけたのかもですが、純支援でキャラがカブるとか、それだけでけっこうダブつき気味なのに、先任者は単に先任者であるのですらなく、「本キャラ自体がすでに充分に立ち位置を確保してるプレイヤーのサブキャラ」ってのはなぁ。キツいわ。プレイヤー一人使って、経験値の分け前まで渡す甲斐のある PC なのか? とかそんなで。
 いや、役に立たなかったかといえば決してそんなことはないと思うんですが。ただまぁ、サブキャラの下位互換ってのはな。やっとれんわー! みたいなー。中の人が入ってる分だけキャラクターとしての存在の重さはあるはず、なんてのも云えんしな。つきあいの長い NPC は新入りの PC に勝ります。これも純支援クレリックなんてモノ「以外」ならいくらでも打つ手は考えつくんですが、こればっかりはなぁ*。
 ま、最初に書いた通り、誰に文句を云える筋合いでもありません。純支援クレリック以外のものだったら充分イケたと思うし。「そいつはキャラかぶるから、ヒーラー性能ははずせ!」とか主張するわけにもいかん(通る/通すかどうかはまったく別として)からなぁ。どう考えても今後もわたしが参加する回数よりもそのフェイが参加する回数のが多くなるので。
 それじゃ、殴りクレリックにでもしようか、とも思ったのですが、これもなぁ。一応、うちのサークルで進行している持ち回りキャンペーンの枠でのプレイということで、わたしの持ち回りでの PC であるところの殴りクレリックを投入してもよし、と云われはしたんですが、よくよく考えてみるとこの「腐れ島」は FR 関連の本は使用許可外なんだよなぁ。で、わたしのこの殴りクレリックはかなり完全に FR 仕様で組んであるわけなんですよ。ショーンダカル信仰はまぁ、ドメイン信仰クレリック扱いにしてゴマ化すことは可能にしても、ラックオヴヒーローズのフィートとか取ってるし、何より FR 限定プレステージのウィンドウォーカーだし!
 ……さすがにこれはマズいだろ。
 いや、コレが許可なら FR セッティング前提に別キャラ組むっちゅーねん。
 つーことでまぁ処置なし。いっそこのキャンペーンの日は欠席にすっかなぁ、などとも思ったりもしたんですが、なんだか話のほうは面白くなりそうな伏線がバスバス出てきており、それはやっぱり惜しいし。
 ……なんて、これだけじゃホント、どうしょもねぇ愚痴なわけです。せめて誰かに文句云えるコトならまだ書き甲斐があるけどな。
 しかし!
 今朝シャワーを浴びてて、天啓のように進むべき道が! 見えました! イエアー!
 つーことで、そこに至った経緯も書いてみた! 愚痴ですが!
 要はあれだ。いなければいないでべつに痛痒はないけど、いたらいたで決定的に役に立つ、そういうキャラであればいいんだろ?
 そういうキャラは、わたしのキャンペーンにもいました。ファイター、バーバリアン、クレリック、ウィザード、マルチクラスローグと一通り揃ったパーティーの六人目として参加し、本人は「いてもいなくても問題ないキャラを目指す」みたいなコトを云ってたけど、いたらマスターとしてはクソうざい(念のため、これは純粋な褒め言葉です)PC が!
 バード。
 これだ。
 つーか、FR はナシ、高貴もサイオンもナシ、コンプリートは全許可、となりゃあもはや最初っからコレしかなかったじゃん。何を血迷って純支援クレリックとか作ってたんですかねわたしは!
 ちゃんと先々まで設計したフォクルーカンリリスト志願ローグバードドルイドという「いなくても問題ないけどいたらばっちりウザ」そうなキャラがすでに組んであるじゃんか!
 そして歌う! バード呪文で +2/+2 に強化された応援歌を!
 歌詞もバッチリです!

 ブレイク ブレイク あなたの島の
 解体 解体 一役買いたい
 マジックウェポンも折れていく 装備が次々朽ちていく
 サードの平和を阻むヤツらっさぁ~
 Breakers!
 腐れブレイク興行 ワォーハンマー D! U! M!*2
 腐れブレイク興行 ローンーグーソーォードが鉄屑散らし!
 武器を壊すぜ! 武器を壊すぜ! 武器を壊すぜ! 東へ西っへ~
 走ッるぅ~ 走ッるぅ~
 腐れブレイク興行~

 ブレイク ブレイク 高品質武器
 銀製 アダマン 冷たい鉄を
 クイックドローもお手のモノ 強力サポートいたします
 正義のハンマー 次回も壊ッせ~!
 Breakers!
 腐れブレイク興行 ランスでチャージ! D! U! M!
 腐れブレイク興行 無敵のマウント大地を揺らせ!
 武器を壊すぜ! 武器を壊すぜ! 武器を壊すぜ! 東へ西っへ~
 走ッるぅ~ 走ッるぅ~
 腐れブレイク興行~

 腐れブレイク興行 ワォーハンマー D! U! M!
 腐れブレイク興行 スマイトイーヴル D! U! M!
 腐れブレイク興行 ランスでチャージ! D! U! M!
 腐れブレイク興行 無敵のマウント大地に響け!
 武器を壊すぜ! 武器を壊すぜ! 武器を壊すぜ! 東へ西っへ~
 走ッるぅ~ 走ッるぅ~
 腐れブレイク興行~


 ゲッハァ~! コレだ! コレしかねェ~!
 そして! 最初冗談でカマしてた「フォーメーション B(ブレーメン)」もこれでバッチリですよ!
 超大型の相棒の上に、大型にワイルドシェイプで変化した自分が騎乗し、その上にランドの中型マウント(ロシナンテ)が騎乗し、その上にランド(小型)が騎乗し、その上にフェイ(超小型)が騎乗するというフォーメーションが! さらに歌うし!
 そうか、うまくいきそうか。フフフ、よし、やるぞやるぞ。じっくり新開発に打ち込むぞ、ハハハ!(←酸素欠乏症)
 よし、次回が楽しみだ……って、ん? なに? 次回は海外出張と重なる? ってことは参加できないじゃん!? ギャボー!

* キャンペーンの志向性によっては、「ヒーラー」と「支援」の役割はまるで異なるものになる可能性はありますが、このキャンペーンでは純支援クレリックに求められているのがヒーラー性能であることは実感としては明らかでした。
*2 DUM: このキャンペーンにおけるエラいゴッドらしいです。FR の AO みたいな。
2006/05/23 (Tue)
060523 * Top * 060524
■ Comment
・やっぱり?
 微妙だろうなぁ、と思ってたw
 てか、あのフェアリー(名前はフリージア)はLV5クレリック相当なんて能力を(キュアといくつかの呪文だけとはいえ)持っちゃってるのでね。
 同LVのクレリックが入っても、回復役としては微妙な立場になるなぁと。フリージアはLV上がらない(っぽい)から、LVが上がれば違うんだろうけどね。

 でえーと、前キャンペーンの解説風味などを。

 参加してたのは、『うちのハーフリング・BOSSのマジックユーザー・waoのクレリック・でえーとハンドルネームわからないF氏のファイター』の4人がメインメンバーで、artemisのファイターはいたりいなかったりな感じでした。T氏のドワーフってのもサブで居たなぁ。Mr.Kのローグというのも居たんだっけかな?

 で、そもそもフリージアは、クラシックのクレリックはキャスト回数がしょんぼりだったので、その補助として出されたものだと思われる。で、ベルザラスに懐いていたそのまま、3.5eにコンバートされたわけですが。
 3.5eになって、キャスト回数が随分増えたからねぇw  クラシック時代はそれでも足りないくらいだったんだけども、回復力も上がって回数も増えたのでねぇ。

 ちなみに、何故『腐れ島』かというと。『少ない報酬であれこれやらされる。武器が折れるルールだって言うのに、武器の値段が二倍』とかそんな事が大きな要因かとw  無尽蔵のゴブリンが居るしなぁ。

 まぁそんな感じで。でえーと、フォクルーカンリリスト? わはは、面白そうだw
 てか、実際問題の性能なんて二の次で、(データ的にもロール的にも)やって面白いキャラでやるのがよいさー。あのキャンペーンは、ノリと勢いが大事だw
 ・・・ん? メイクホウルはクレリック呪文だって? ぎゃーw

 長くなったなぁ。でも最後に。
 DUMは偉くないです。(実際の所はともかく)PC的に、扱いは同等程度です。むしろ気の置けない友人です。っていうか、うちらがマスターであるOTTOに対する時そのままですw
2006/05/26(Fri) 00:41 * URL * DISK #4yuftn/A[編集]
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *