FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]War of The Shire
▼5 版キャンペーン「Tales of Middle Earth」第 5 回セッション、参加してきましたー!
 今回は! 戦争でした。
 まぁ、いちおうそういうテクスチャではあるものの、規模としてはまぁそこまでではなかった気もしますが、気分はもう戦争とかそういう感じで、ひとつ。
 あの世界の正史にはたぶん(相当するものも)ない戦争とは思われますが、もうそのへんは気にしない方向性で。
 以下、セッションメモは簡単に水面下に。
 参加者は以下。
 DM: OTTO
 エルトリア(artemis):Human Paladin(民衆の英雄)(古き者の誓い)
 ライアナ・ラヴェンディッシュ(BOSS):Human Wizard(貴族)(占術系統)
 ジェノン・ベーゼル(DISK):Human Fighter Otoko(犯罪者)(エルドリッチ・ナイト)
 トリエシン(DRR):Human Bard(芸人)(剣の楽派)
 今回のイベントは前回ラストから実は始まってはいまして、拠点の町に、近隣のホビット庄からの使者がやって来て、オークの軍団に攻められているので救援してほしい、という依頼に乗って現地へ急行、する途中に、前回ラストでミノタウルス数体と対決してこれを撃破し終えて終了となっており、今回はその続きから。珍しくリソース消費が回復していない状態で次回へ続くとなっており、今回は全開ではない状態からスタート、そのまま小休憩もなしで 3 戦闘という展開に。
 ……せっかく小休憩で声援が回復するようになって、それが 5 レベルになったことの最大の変化(まぁ習熟ボーナスは大きいにせよ)なバード的にはちょっと本領発揮とはいかなかった回と云えば云える感じですが、戦況考えるとしょうがないよねーということで。
 最初の戦闘遭遇は庄を包囲し裏手から襲撃すべく迂回中だった敵の一団で、構成はオーガ 4 とそれを率いるオークの戦闘隊長。オーガはなんかやたらと AC 低かった印象は実際あったのですが、実際相当低かった感触。脅威感としては、オーク隊長が周囲の味方全員に優位を獲得させる能力を持ってるのがやべぇなこれという感じで、この戦闘ではちょっと使いどころを間違ってた様子でしたが、次以降本領発揮されることに。
 続いては、正面から攻撃している部隊の処理で、小規模とはいえ「戦争」めいた状難の正面決戦部隊をわれわれ(まぁ精鋭は名乗ってよさそうとはいえ)小集団で全部相手にするのはさすがに無謀よねー、ということで、側面から挑発的に遠隔攻撃をちまちま撃ち込んで、敵の一部部隊がこちらの処理に向かってきたところを各個撃破、という作戦で挑んでみたところ、正面の敵が全軍挙げてこっちに向かってくる事案が発生。はぁー!? そんなの無理無理無理! と全力で遁走。まぁ、敵の全軍を庄から引き離せれば、庄を守るという目的は達成できるわけで、戦場をほかに移して、なんならもといた町までトレインして町の防衛戦力と合流して迎撃でもいいかなー、ぐらいまで考えてたわけですが、しばらく逃げたところ、敵は庄のほうに引き返していくという答えが。はぁー!? それはそれで意味がわからん……! と、再度挑発行為を仕掛けるという事態に。まぁ、実際盤上に並べられた敵の大部隊を見て「無理」と思ったというわけではなく、「敵の全軍が来た」という描写を聞いて「無理」と思ったわけであって(だってユニットとユニット名だけ聞いてどんだけの強敵かの判断できるほどの知識ないもんよ)マスター的にここの遭遇ではその編成の敵と戦わせる予定だったということであれば「これは敵の半分だったことにしよう」ってぶっちゃけでもいいので描写になってれば、半分ならばしょうがねぇ、やるか、って感じで普通に戦ってたんじゃないか(で、それが終わったらマスターはほかの半分は不利と見て逃げ出したと宣言してこなす遭遇は結果的に同じにするとか)今になっては思いますが、「敵の全軍を相手に寡兵で正面戦闘するような蛮勇屋」みたいなロールプレイをしたくはなかったのでなー、トリエシン的には。結果、落としどころとして、追ってきた敵の一部は挑発的攻撃の繰り返しで撃破できたが、こちらも矢弾が尽きた、という処理で敵を少し減らして正面戦闘、という展開となりました。まぁ実際それでもかなりやばい戦いだったので、無理と思ったのは無理のないところだったんじゃないかと思います。最終編成はオーク戦闘隊長、オーガ 4、バグベア 3、ホブゴブリンアーチャー 4、ミノタウルス 1。なお、愚直に遭遇難度算定用の経験値を算出すると 13,800 とかになる模様。こちらは欠席のあったエルトリアが 1 レベル遅れていて 5+5+5+4 のパーティーだったので、死地相当値は 3,800。まぁ……ホブゴブ等の雑兵の比率も多いので、単純にこの計算では比較できませんが、まぁ……死地は死地よね……。
 侵攻部隊を撃破した後はいったん大休憩(だよね?)をいただいて、決戦へ。今度は敵の正面戦力を庄の戦力で引きつけている間に、侵攻軍を率いるオークの大将「片目」へと直接攻撃を仕掛け、これを討ち取る、というもの……だったと思いますが、敵主力の誘引の詳細は忘れました。ボスは「片目」なるオークのバーバリアンで、これはたぶんデータ的にはオリジナル。その取り巻きとして 2 体の「ハイオーク」なるものを従えてましたが、これは既存データにちょっと味付けを足したもの、あたりだったのかなぁ。当該世界的にはウルクハイ的なアレであったかと思われます。なんか、ある時期から、うちのプレイグループの DnD では 5 レベル頃に「片目」の称号を持つオークの大物と対決するのが通過儀礼みたいになっておりまして、まぁ最初はわたしがマスターのときに、「片目のガーランド」なるクラス持ちオークが大暴れしてしまった件が発端という気もしなくもないのですが……そういうひとつのマイルストーン。これはまぁ、トータルでの総合的なキツさで云えば直前の大規模戦闘ほどではなかったですが、前衛が全員 1 回(以上)ずつ昏倒するという、けっこうな激戦となりました。いや実際に最も有利で隙がなく無慈悲な戦い方を(とくにライナアとトリエシンが)してればそこまでではなかったんじゃないかとは思うのですが、ヒディアスラフターで完封とか、対判断呪文でゴリ押しとか、そういうあたりは避けて正々堂々寄りでやってみたところ、いい感じに盛り上がる殴り合いになった感じ。つうかやっぱ殴って(または近接範囲で)ぶっ叩きたかったんだよ、トリエシンだって剣士だからさ! 最後は、倒れる敵の片目(女性で、もともとの「名前」を捨てて「片目」とだけ名乗ってるとかカッコよすぎる……)が、ラストアタック決めたジェノンの腕をがしっと掴み(演出)、ジェノンが初回(だったよね?)で手に入れてた指輪の気づき「そうか、そういうことか……! くくく……!」系の演出を決めて倒れる結末。キャンペーン序盤のよい山場となったんじゃないかと思っています。そして指輪のヤバさにまったく気づいていないジェノン。うむ。
 というところで今回前半分予定が終わったようで、次のエピソードの最初の部分ぐらいまでは踏み込む予定だったようなのですが、残り時間的にそれは厳しく、といってここで終わってしまうのもちょっともったいない? ような時間だったので、エルトリアが 5 になっての試し戦闘も兼ねて撤退していたたオーク軍団の残党狩りで 1 戦闘遭遇など。これは(またしても)オークの隊長と、ミノタウルス 2 体の遭遇でした。さすがにこれは危なげなく撃破。
 次は何やらドワーフの霊廟やらへの出陣とのことで、例の世界の有名人もちょっと顔出し登場するっぽいとのこと。それ自体は楽しみだが! 有名人のいる霊廟で戦利品とか手に入れていいものなの……? などと一抹の不安も覚えつつ次回へ続く!
2020/02/09 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *