FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[須賀鎮航海日誌]190911 米の教え!
▼E-2-2 突破。
 友軍がちょうど来るタイミングということで、友軍到来前に削って、友軍到来を待って押し切る! ……というのがまぁ、理想といえば理想だったわけですが、削りの段階でけっこう危うい感じになっておりました。友軍前提で考えてるとはいえ、削り時に 1 回も旗艦撃沈が取れてないというのは……さすがに……いくら何でも……という感じで。
 で、削り終わったところでリロードしてみたら友軍到来してたので、召喚しつつ突入。まぁ、さすがに対地輸送連合からかなり流用、あんまステージラストゲージをちゃんと攻略すること考えてない編成だし、今夜の突破はそこまで期待せず、今夜いけなかったら明日以降、特効艦 and/or カッターを投入して本腰入れるかー、と。思って数回突入してたら。なんか、ぽけーん、と。勝ってしまって。
 うむ、まぁ、勝利は勝利!
 以下水面下。

 戦闘開始時点。つうか千代田はまぁ、いいとしてだ。最終的にカッター期待も持たせてる北上(運未改修サブだけど)が中破って、まぁ、無理かねぇ、という感じで突入したわけですよ。そこからさらに制空が優勢すら取れないという事態に。うーん……。

 一応、群が消滅している点はポジティブにしても、これはなぁ……。

 とか思ってたらイタリア艦の単発攻撃が妙にバスバス刺さりまして。アクィラがけっこう毎度面倒な 2 番艦を持ってってくれまして。あれ、もしかして、もしかする……?

 で、友軍はいいのが来たっぽい、ものの、イントレピッドの初手はカス当たり。うーん、まぁ、無理かー……。と思ったところに敵の反撃が、毎度来るこちらの 2 番艦ではなく、3 番艦に。お、サラの手番が残った……?


 ってとこから! サラなんかやらかしてくれまして! こ、これは……もしかしたら……もしかしたら!?



 ってことで決めてくれたぜーアブ! アブ回収はアブの手柄だっ!

 編成は、阿武隈、北上、大井のみサブ、イタリア艦はメインを投入。削りの時点から、なんとなーくアクィラの特効火力が、期待するところに刺さってくれないなー、というのがあって、決戦段階になって順番は変えてました。2 巡目はイタリアローマが小物をしっかり掃除して、重要なところをアクィラが狙えるようにと。結果的には、うまく噛み合った結果ではあったとは思われます。とはいえ、本腰で考え直すのは明日以降、カッター and/or 特効艦を追加投入してから、と思ってたので、あちこち詰め切ってはいない感じで。
 まぁ、通過点通過点。

 そーしーてー! ドロップは A でひたすら周回していたときに出ました! うむ、これもちょっと大きな進捗、だ、ぜ!
2019/09/11 (Wed)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *