深度 、急速潜行~
▼おおおおー!
 FC2 を使ってる方はみんな御存知の訪問者履歴ですが、うちも RO 関係の方が来ることは多いけど、同鯖はなかなかおらなんだのことよ。
 そりゃそうですな、あんだけ鯖数あるわけで。
 というわけで、本日の来訪者様は同鯖で、かつ同鯖であることがわかりやすい方だったので勢いで TB 送ってみるぜ!
 まぁ中で会うこともなさそうですが! なんかあったらよろしく! ということで!(そして自キャラを晒しもしないのだった)
*17 日追記。どうもトラバ送れなかったぽ。うーむ……「記事へのリンク」がないからかなぁ?
 まぁ、今さらリトライもなんだか時機を逸してアレなので、トラバの話はなかったことに……。

▼ナルニャーで英語が通じるのは、というか、「通じることに疑問を感じない」のはまぁ要するに「自分らの使ってる言語が共通語である」という英語(あとたぶんフランス語も)を母語とする人々の勝手な先入観によるんでしょうかねぇ。たとえばショウ・ザマはバイストンウェルで日本語が通じることに驚きますが、実は自分も相手も自分の言葉を喋ってるのが当該世界では当たり前に通じるだけで、まるで問題なく意思疎通ができてたマーベルが「自分の知っている日本語は「禅」だけだ」とか云ったりするわけですが、そういうエクスキューズを最初に入れるあたりが国民性? なんてな。知らんけど。そういえば後日地上に出てきたトキは何語で喋ってたんだっけか?
 つーわけでリヒに行ってきた。
 すまん、ウソついた。行ったのはリヒじゃなくてリヒアップデートで新規実装されたユベロスだかいうドンジョンですた。
 なかなか楽しかったデス。というかやっぱこんくらいのギリギリの戦闘が盛り上がるってモンですな。なんか敵がどれも似たような外見で、見た目の盛り上がりは微妙になりがちな予感はしますが、とにかく数がハンパないので気が抜けなくて熱量がガンガン上がり、SP はガンガン減り、感動。このクラスになるとやはり本職の支援でないとどうにもならんな。と存在意義を再確認。
 ってまぁ、実際には一緒に(別 PT だけど)いった知人のハイプリのアスムのおかげだったわけではありますが。
 うちは AGI 型ばっかりなので、QM の仕様が壊れてる現在は数の厳しいドンジョンはキツいんですわ。
 ……っていうか、せっかく熱そうな場所が追加されたってのに QM が壊れてた(あと緊急避難にはサンドメンを使う(というかうちのハンタがサンドメンで対応するのが上手い)ので、これが使えないのもキツい)のはかなり痛恨。まったく。仕事しろ癌。
 まぁ、今日のメンテでなんとかなるのか? ならないのか?
 どっちにしても、われわれの一軍 WIZ は片方は休止中、片方は複数垢持ってるうちの、その WIZ がいないほうの垢しか動いてないわけで、本格的に一軍揃えて行くチャンスはしばらくはなさそうですが。
 ……うーむ、プリもどうすっかなぁ……。しばらく ME で狩ってとりあえず 90 にしちゃうかなぁ……。たかだか 2M にも満たない金額なら、その ME で狩ってる間に回収できるし……。
 うーんうーんうーん。
 悩むぜ。
2006/03/16 (Thu)
060316 * Top * 魔境跳梁
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *