FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
▼4 版シン・キャンペーン、第二期第 20 回、出撃してきましたー。
 今回はレベルアップからのスタート。とはいえ、25レベルがなー、とくに欲しいデイリーがないとなると、レベルの数字を書き換えて HP だけ増やす作業になってみたり。
 最終決戦はザ・シルバードラゴン戦で、これはまぁ……すさまじい苦戦にはなったものの、なんとか突破し、クラウン 3 つめを入手。柊が取っとけ、というマスターの指示により、これも預かることになりました。
 以下水面下。
 参加者は以下の通り。
 DM: OTTO
 エルトリア(artemis):Human Paladin(PHB) 25th
 ガブリエル(BOSS):Dragonborn(Red) Ardent 25th
 アーリオ(DISK):Human Barbarian 25th
 柊(DRR):Vryloka Paladin(Shadow) 25th
 前回手に入った異次元キャンプキットでの大休憩の後、歩き出したらそこは宝物庫。ここで最終装備揃えちゃっていいよー、というマスターの指示があったので、最終完成形(ザ・ドラゴンスレイヤー以外)にパワーアップすることに。といってもそこまで完全に最終形態考えてあったわけではないので、一部は「最終完成装備になりました!」という概念だけを書き込んで進むことに。
 今回も基本戦闘の連続で、最初はファイア・アルコンの一団。これはまぁ、これじたいは大きな問題ではなかったものの、アーリオが新技の範囲攻撃(近接噴射内の全クリーチャー対象)を撃つのに、範囲内に柊がいて、撃っていいかというので、まぁ大丈夫っしょ、と応じたところ、柊にだけクリティカルするというひどい事態が発生。いやいやいやいや! まぁ、それだけで瀕死になるほどの威力ではなかったものの、その前に別の範囲攻撃喰らってたのもあってマイナスまで持っていかれることに。まぁ……そのあとクリティカルをトリガーにアーリオが「ずっと俺のターン」モードで大暴れして大戦果となったので、トータルでは黒字だけどさ! ひでぇ目にあった、ぜ……。
 二戦目はラクシャーサ各種 3 体(今となっては格下なので、強化はしてあった模様)で、これはまぁ概ね問題なく突破。
 そして三戦目が。
 大変でありました。
 本命シルバードラゴンで、データはオリジナルとのこと。おそらく各種ドラゴンの積んでる要素を集めて組んで、使用する主要エネルギーを力場に差し替えたもののようでしたが、力場ってのがなー。防ぎようがなくてなー。
 初手テレポートからブレスで薙ぎ払われこれでクリティカルを貰い、アクションポイントから対単体の超ダメージ呪文が、ランダムターゲットで柊に。これは通常命中ながら大ダメージで、そこから力場オーラ内でターン開始となったため 30 点力場で瀕死、その後数ラウンドまったく手番が来ないという事態が発生。まぁセーヴなんでも +7 がついてるので、デスセーヴで死ぬ心配はほぼないものの、範囲攻撃で削られればマイナス重傷値での死亡も見える状態。で、毎ラウンド力場オーラで 30 点減るという状況……。ヒーラーのガブの手番が柊の直後というイニシアチブ順もまるで噛み合わず、立ち上がりすらできないままえんえんと瀕死状態でロックされるという……なんだこれ……。いや、1 手番あればねー、全然余裕で自力で立て直して走り回れてた自信はあるんだがなぁ……。
 実際にはナリファイリングのデイリーパワーでクリティカルを阻止できたので、しのぐ方法はあったのですが、この時点でそのパワーの存在をすっかり忘れててなぁ……。
 で、その陣形のまま 3 ラウンド目ぐらいでアーリオがまたしても超連続攻撃モードになり、さらにギャーという感じに。この状況で一番怖いのはブラッディードブレスの範囲に入れられることなんじゃよー。ここでついに驚異の 1 撃 213 点が発生し、無言の祈りも虚しくシルバードラゴンは重傷となり、ブレスの対象は、エルトリアか、ガブか、アーリオと柊か、という配置――そりゃあ 2 体入るほうに来ますよねー! 「64 点以上で死亡するよー」と宣言するだけして何もできずに待つ――これは通常ヒットで 50 点ぐらい。ターン開始で 30 点貰ったものの、その後の回復が間に合い、ようやく行動できる状態になって、「やったぁ、手番だ!」とか口走ったのは実際酒匂じゃったぜ……。
 最初のターンはリジェネレーションのポーションを飲んで移動速度 +4 のスタンスを起動して、できるだけ使うまいと思ってたシャドウバンド(さっき入手)のデイリー「遭遇終了まで完全視認困難」を起動して終了、あとは巡航戦車らしく好き勝手走り回らせてもらいましたが、倒れっぱなしの柊の維持に回復リソースかなり食われたこともあって、その後もカツカツの進行でした。
 ……二次会でマスターに「余裕だったしょ?」とか云われたけどな!
 これより無理感だったのジバリングオーブぐらいのもんじゃぜ?
 まぁ、大物度を考えればキツいのは当然ですし、そのことに文句はないが! 余裕とか云われるのは心外です! ということで! 全然余裕じゃないよー!
 次レベルのフィートについても、こういう状況だとクイックドロウ安定かなぁ、という感じになってきてたり。盾持ちでポーション抜くの大変なんだよなー実際……。いや、毎ラウンド飲んで維持するような使い方は考えてないですが!
2019/06/30 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *