FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]New Planet Hackers!
▼BOSS による新スペオペキャンペーン、続きました。や、初回セッションがほぼキャラメイクで終わったので、キャンペーンの初回の続き、という感じではありますが。
 前回の宇宙戦チュートリアルに続き、今回は生身戦のチュートリアル、ちょっとした捜査パート、驚異地形惑星表面上での探索、非戦闘アクション、生身戦、といった展開となりました。
 初回用に準備してたシナリオをとくに大きく修正したりはせず投入してきたという感触で、PC らのいくつかの常軌を逸した設定等に対応する準備が完備されいるものではない、と感じつつ、ある意味それがちょっと新鮮に感じたりも。まぁ触手は想定しないよね!
 個人的にはまぁ、体調がちょっとアレでして……そこは残念だったところではありました。もうちょっとちゃんといろいろやりたかったかもー。
 そして、セッションじたいは想定よりけっこう早めに決着を見たので、次のセッションについての相談となり……なんと次回セッションは OTTO マスターによるスペオペ新作ということに! ま、まじかー!
 や、そっち方面のテクスチャに親和性はみんな充分あるわけで、これまではうまく機能するそれ用のルールに出会ってなかったのであんまし出番はなかったけど、どうやらこのルールがうまく動くっぽいぞとなれば盛り上がるのはむしろ当然という感じなのですが。
 はるか昔に 1 度かそこら遊んだことはあるっぽいことは、先日古代のキャラシー群を発掘してたら出てきたことで判明はしたのですが、たぶん当時はこの「ヒューマン個人から銀河団までひとつのゲージで表現するぜ!」という野心とその一定程度の達成にちゃんと感動し、その中で楽しめるだけの準備が自分の中にできてなかったんだろうにゃあ。
 ただまぁ、戦闘レベルでのバリエーションはあんまり多数は考えられない感じでもありました。前回のテストセッションと今回の新キャンペーン用はさんざん考えた結果、すでに取られている案以外では「携行味噌以外論外」という同じ結論に達してしまい、今回は先に選んでマロン系と実用をできるだけ両立する装備を主張してみたものの、これら以外にやりたいものが何一つないかもしれん、という疑念がな……。まぁ、同じ実用装備を毎回選んでもべつに悪かないわけだし、実用をある程度二の次にしてもヒーローポイントで押し切れば実戦は最低限は乗り切れるわけだし。気にしなくてもいいのかもだけどねー。
2019/04/14 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *