FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]190319 ~Into The Spider-verse~
▼えー、映画、「Into The Spider-verse」観てきました。これ正式タイトルどこからどこまでどうなんだ? パンフ買うときは「スパイダーバース 1 部」って云って通ったので、まぁ、それで通じるとは思うんですが、正式な邦題って……?
 まーなんでもいいっちゃいいですが!
 レイトで、と云いたいところではあるのですが、例の値上げで騒ぎになってるアレが最寄でな……あそこレイトで安くなんねぇんだよなー。安さ目当てじゃないので、べつにいいっちゃいいんだけどさー。
 正直、今やってる中ではノーマークだったというか、そもそもスパイダーマンをほぼ一切知らない(カプコンの格ゲー内の動きと、あとは稀に映画の PV とかでちらっと流れるのを見たことがある程度)ので「何作目よ?」ぐらいの認識でいたわけなのですが、ついったーで流れてくる評がねー。全然知らんでも大丈夫だよ、というのと、まぁ、あとはあれです。ペニー・パーカーが! というかまぁ、単なる言及、肯定的言及、賞賛表明、等々だけならべつにそこまでの火力はなかったと思うんだけど、これがなんか気に入ってな……。
 そんな感じでぶっつけで観てきたわけですが、まぁ、さすがというか、本当に問題なかったぜ。あの繰り返される自己紹介で「前回までのあらすじ」はまぁ充分にインストールされる感じだったし。
 クロスオーバーっぽいものは基本的に苦手ではあるんですが、これの場合、「全部別作品の別人物」でありながら同時に「同シリーズの同ポジションキャラクター」であるってあたりがいい感じに感じられました。メイおばさんとこ訪ねてく場面がなんかあれでなー、レイモン・ローランを名乗ってるライがスタニスラス・マルコフに通話する場面を思い出しちゃったりしてなー。しびれてたら、受け入れ側のメイの懐の広さに感服したり。その後、プラウラーの件で「自分の場合はこうだった」とそれぞれに話すところでまた、「別人だけど同じ」なんだなー、とか思ったり。
 スパイダーな皆さんがいい感じだったのに対し、敵側は若干普通感が強いという感触はなくはなかったのですが、まぁ、そこはあれだ、スパイダー側だけでもけっこう把握に気合が要る多様性なのに、敵側まであんまし手を込ませてしまってはついてけねぇかな……というのと、いつもの「今お前が「定番だ」と思っているそれの元祖(またはそれに近い初期のもの)がそれだ!」というやつかなぁ、と思っておく方向性で。つうかキングピン、ぜってーなんかでかい世界企業のボスだと思ってたぜ。なんかレディ・プレイヤーワンが脳内に領土を広く持ってるせいだという自覚は大いにありますが。
 もう何度か観たい気はしますが、次見るなら吹替かなぁ。でもこの最寄だと吹替は夜上映ないんだよなぁ。
 たぶんそのうち、amazon prime に来たら 2 回目、の方向性で。
2019/03/19 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *