FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[Life as a Half Drow]Battle of Fort Maginot
▼先日来、スペオペ系への情熱に目覚めた BOSS 選手が、先日はスペオペヒーローズを持ってきてくれたわけですが、今度は Age of The Galaxy なるブツを投入されたので、お試しセッションに突入など。
 今回もコアルール付属? の既製シナリオらしいので話の中身には触れませんが、まぁ……うーん、やっぱ苦手寄りかなぁ、というか、コンベンション等のアチョー他流試合環境下で事故らずいいバランスで殴り合えた実感も安定確保みたいな方針を透かし見てしまうようなゲームだなぁ、という印象でした。っつーか、マスターから事前に「艦これみたいなテクスチャだよー」と聞いてたので、なんとなく艦これみたいな気分で乗り込んだわけですが、全然逆だこれ。艦これは、とりあえず出撃までの情報収集(自前の威力偵察ももちろん含む)とかをがっちりやって、出撃までに詰めれる範囲をぎっちり煮詰めて、いざ出撃したらあとはダイス目にお祈りするだけになるゲームなわけですが、これ、出撃(というか戦闘までの段階)まではほぼ自動的に話が進んでいって(とはいえ、ここまでベルトコンベアだったのは付属の初心者向けシナリオとプレロールドキャラクターだったからという要素は大きいと思いますが)いざ戦闘となってからの(ダイス目は横に置いといての)敵味方の加護の枚数を見比べながらの詰め将棋が脳の使いどころ、というブツであり、その詰めゲー部分が楽しさの本体なんだろうと想像はするんですが、やっぱ自分は老人だってことなのかなぁ、決戦が詰めゲーになってく感覚はちょっと乗れないものがあるというか、トドメの一撃を担当させてもらったものの、そのトドメの 1 撃が、「自分はピンゾロ振る→味方の加護で自動クリティカル→自分のダメージ強化加護で大ダメージ」という流れであり、いやべつにダイス目でクリティカル出さないと燃えないよとは云わんけど、「ナチュラルではファンブル振った攻撃にいろいろルール内チート使ってクリティカルで当ててトドメ刺したぜ!」ってのは……不完全燃焼だよ! 的な! 君は!
 わたしがせめて 1,2 振ってればよかっただけかもですが!
 つうか、こんだけ決戦でのカード使う順番詰めゲーだと、これ、すごい勢いで指揮官問題(TRPG や協力型ボードゲームにおける、誰かが全員分の切り札の最適使用手順を指揮してしまうことで「これプレイヤーひとりでよくねぇか?」となってしまう問題)の温床にならねぇか? いや、そこまで複雑じゃないから、2、3 回もプレイすれば、あっというまに全員の合意が成立して、作業完了になるのかなぁ? それはそれで微妙な気もしないでもないし……。
 とかそんなことを思った次第。
 導入用ではない既製シナリオであったり、マスターがちゃんと練り込んだシナリオであればまた感触も変わってくるのかもとも思うのではありますがー。でも前者はあんまり数がないらしいという話で、後者はむしろ詰めゲー度が高い分だけ毎回詰めゲーを面白く組むマスターの負担がやたら重たくなりそうという気がするんだよなー。
 以上っ、初回感想でしたー。
 自分用めもー。
 マイ PC はプレロールドの「遺失宇宙船のアバター」で、名前は「IMS Unspeakable (IMS は It's Majesty's Shipの意)」、アバターの外見は「フードつきの黄色いローブを来た人型、フードの中には車掌さんのような影の中に光る双眸が見える」とかと主張してました。艦の姿は「白ならブリュンヒルト、赤ならバルバロッサ、黄色ならこれ」とかそんな主張で。いや、ある意味いちばん艦これテクスチャっぽいプレロールドを引いた気もするんですが、駆逐艦ノリが合うのか戦艦ノリが合うのかとかなにぶん初めてでさっぱりわからなくて、なんとなくこんなのにしてみました。IMS はもちろん HMS からの連想ですが、英艦名ってなんとなく「In〇〇〇ble」とかそういうのが似合うイメージがあって、なんとなく「Un〇〇〇ble」にしてみた次第。
2019/01/27 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。