FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[須賀鎮航海日誌]180923 ~ジェノヴァの高架橋~
▼E4 突破。結論としては丙にして。
 いやまぁ、甲での突破が不可能だったかというと、それ自体は不可能ではなかったとは思うのですが。でもここ通過点に過ぎないんだよな……。そして高難度報酬が、まったく要らない(ゴトラントが引ければゴトラントが充分数を持って来るので要らない、引けなければ使い手が思いつかないので要らない)わけで、もういいや、と。
 乙でもよかったんですが、残時間的に E5 を甲で行くことはまず考えられない(ここまででゴトラント引けてれば試そうとは思ってたのですが)わけで、下げるならしっかり下げて速度優先で、という方針に切り替えることに。
 思ったよりも丙でも余裕ではなく、損害は出ましたが、ストレートで突破。さぁ次へ!
エリートでなくてもレ級はやっぱ怖いっすね……。1隻小破喰らうとは。
群が消えてくれた。
まぁ決着は順当に。
それでも被害はそれなりに……。
 っつーかまぁ、次で甲を狙わない、と決めた以上、ここで主力を投入して甲で突破、という可能性も実際あったよねーというか、いくらなんでも予備だらけすぎではないか(長門、生アイオワ、大鳳あたりが予備)という感じではあるのですが、難易度は下げるにしても札は(できるだけ)ちゃんと守るよ! というのが主義でして! 温存するものは温存するのじゃあ!
 出撃艦隊「ジェノヴァの高架橋」:
 長門改(予備・90)(Mk7、試製41三連装、乙11熟練、三式弾)
 文月(89戦車、内火艇、WG)
 黒潮(D砲+6、D砲+6、WG)
 アイオワ(予備・生)(+6Mk7、Mk7、零観+8、三式弾)
 大鳳(流星改、岩本隊+10、烈風改、烈風601)
 愛宕(三号+10、三号+10、夜偵+5、三式弾)
2018/09/23 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *