FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[日々のいとまに]180525 ~ジェヴォーダンの鐘~
▼藤木稟「バチカン奇跡調査官~ジェヴォーダンの鐘~」読了。
 うむ、具体的なネタバレにはならないだろうということで、とりあえずひとつ申し上げたァい!
 単編としてはそれでよい! が! シリーズ続いてるんだからさぁ! そのラストシーン「の後」でどうしたのか! それをちゃんと描け! と! 君は!
 以下、ネタバレのため水面下に。
 ここからネタバレ水面下。
 まぁ、例のあのあいつがどうやら関与していなかったっぽい、というのは嬉しい寄りの驚きでした。つうか、奇跡のパーツは全部説明がついちゃって、じゃあ今回も奇跡じゃないのね、という結論で安定なのかというと、それらがこんなサルのタイプライターがシェイクスピアを 1 段落ぐらい書き切ったぜおい、みたいな組み合わさり方で発生したことは充分奇跡なんじゃねぇの? というか、それを組み合わせたのが例のあのあいつの意図と技術と実行部隊だぜ、という話ならがっかりだけど、そうではないのであれば、その偶然はむしろすごすぎるぜ、みたいな気分に。あーいやまぁ 1 段落は云い過ぎかなぁ。1 文ぐらいかなぁ。
 ロベルトの語りがあちこちの神話をつないでいくくだりは、うむそういう感じでマイオリジナルワールドの神話がっつり組み上げてみたいもんだぜ! という感じの熱量が上々でした。神父がやっちゃっていい語りなのかはわからん。つうか事件についての後始末もですが、禁書解読方面で勇み足というか、想定外のところに関連するかもしれない知見を得てしまったという部分の後日談もなー、気になるんだけどなー。
 ……まぁ、単編としてはこれでいいので、いいということに……しておくか……。
 ってことで、引き続き続きにも期待ですー。
2018/05/25 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。