FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[日々のいとまに]180110 ~Kingsman: The Golden Circle~
▼「キングスマン:ゴールデンサークル」鑑賞。
 まぁ、第一作が気に入ったからなー。
 トータルでの好みで云うと、さすがに第一作のほうが、となっちまうところでしたが、今回はハルベリーがガー不すぎたのが大ヒットということで。
 以下ネタバレのため水面下。
 いやまぁ……やってることはねぇ……面白いし熱いんだけどねぇ……。
 そこまで、既存キャラクター全退場とは……。いや、最後の事態もだけど、「順当に」続きを作れそうと思われるようなものにはしない、ということなのかもだけどさぁ!
 第二作がこの有様だと、第三作ができたとしたら、ステイツマンも全退場確定ってことになるんじゃねぇのこれ!? というアレが……アレだよ……という……。
 で、この迅速根こそぎな退場っぷりの裏側ではハリーが復活から元気に大暴れなわけで、それはそれでもちろん文句なく熱いんですがー。ラストバトルはしかし、ひとり相手にふたりがかりでやっと、というのは若干ねー、若干、という感じもついついしてしまったところではありました。いや熱いんですよ。熱いんだけどねー。熱すぎて、みほとまほの完璧なコンビネーションのふたりがかりでやっと愛里寿と互角、という域の熱さになってしまって、つまり、この敵って愛里寿級ってこと? というのがなー。いや、愛里寿級ならそれはそれでいいんですが。そこまでステイツ持ち上げるのかー、と。前作の刃物義足カポエラなら愛里寿級でよかったと思うんだけどねー。
 いや、つまり、あいつがそのレベルだったってことだよね、と納得しとくか……。
 なお、パンフはハリーとハルベリー(役名と役者名だが)にふおおおお、となりつつぱらぱらめくって、ふと気づいて見直して、王女がろくに紹介すらされてねぇ潔さに笑いました。いやどうでもいいっちゃ実際どうでもいいのではあるがー。
2018/01/10 (Wed)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。