深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Paionic Foroe 2006
▼OK。簡潔に。
 高貴なる行いの書がパワフリャすぎてヤベェとか云ってましたが間違ってた。
 サイオニックに比べればどってことねぇよ!!
 ってか、サイオニックはホントにヤバいとしみじみ思ったり。
 対策は必要か……。遭遇が予想されるトキは「サイオニックベイン」でも持っていくかねぇ……(てかそもそもあるんかそんなの?)
 まぁ高貴なアレもヤバいですが。とりあえず使ったのはルミナスアーマーだけでしたが、それでも DM をゲッソリさせる威力が。てゆか、サイオニックの猛威に立ち向かうには最低限この程度はないと勝負にならないような……。非サイオニックの拠点襲撃では威力偵察→準備して襲撃が可能だったので 2 レベルスロットをルミナスアーマーで埋めて(事前にキャストしておいて)仕掛けましたが、サイオニック戦では準備時間がなかったために、ピンチに陥ったバーバリアンにキャスト→次ラウンドにバーバリアン昏倒*1 というアリサマに。戦闘じたいも大苦戦(たかだか DC 18 の Will Save をしくじった(だって修正 +10 あったんじゃぜ?)わたしの責任もありますがっ) じつにヘヴィでした……。
 STR コストも軽いとはいえ仲間三人とかにかけるとバカにできない値になるわけで、帰り道はフルプレートが重くて死にそうに。
 いんやツエェツエェ(not 蝿) 正直、今のところ使う気にはなりません(剣と魔法のファンタジーからかけ離れる印象があることもありますが、単に新しいシステムを勉強する余力がないこと、このキャンペーン(DM を持ち回りでやっている、うちのプレイグループで唯一サイオニックを許可してるキャンペーン)でのわたしのキャラクターがクレリックであり、これが別クラスの PC に入れ替わることはパーティーにとって致命的なことになりそうだということもあります)が、対策はしておかないとなぁ。使い手にサイオニック的な能力なりがなくてもサイオニックに対抗できる装備や呪文ぐらいは研究しとかんと……。
 ま、パーティー唯一のクレリックとはいってもわたしの PC は殴り優先なんですが。現在 8 レベルでキャスターレベル 6、BAB +7 ってな勢いで。というか他の PC もパラディン、バーバリアン、ドルイド/マスターオブメニィフォームズ、タトゥードモンクという構成で、なんと全員が殴り型、ディヴァインキャスターが 3 人、でレンジアタッカーとアーケインキャスターとローグ系が「ゼロ」というほとんど有り得ない構成*2。
 うちのサークルで遊んでるほかの二本のキャンペーンはいずれも重装壁前衛、軽装火力前衛、ウィザード、クレリック、ローグ系がきちんと揃ったパーティーなんですが、持ち回りのこれでは「どうせ毎回誰かが DM で抜けるし、パーティー構成とかに縛られずに好きなコトやろうぜ!」とか云ってみたところこんなことに……。
 いや、わたしはローグバードかウィザードかクレリックと思ってたんですが! この中ではやっぱりクレリックが一番いないと致命的かなぁと。あとまぁ自分は別のキャンペーンでウィザードやってるというのもあって、別のことがやりたかったというのも。
 あ、レンジアタックについては今回から MCLB(+2)を搭載してみたのでちょっとだけレンジアタックも可能になったわたしのクレリック(ってかウィンドウォーカー(Faiths amd Pantheons)ですが)だったりしますが。でも精密射撃もなんもないのでやっぱり殴ってるほうが強いけど。間合いの広い触手型グラップリングモンスターを相手にしたときにはでも持っててよかった MCLB、というアレでした。

*1: まずわたしがルミナスアーマーをキャスト、次ラウンドに(ないよりマシ程度ですが他にロクな呪文が残ってなかったので)マジックウェポン、ドルイドが支援呪文(確かバークスキンだったかな?)を与えて「やっちゃえバーサーカー頼むぞバーバリアン!」とばかりに送り出す! 10' リーチの AoO をしのいで懐に飛び込みチャージ一発! ダイス目 1 ! プレイヤー全員轟沈! 次ラウンドの敵フルアタックでバーバリアンは沈みました。
*2: うちのプレイグループでは現在 3 本のキャンペーンが並行して進行しています。ひとつのマスターはわたし、ひとつは OTTO、ひとつは今回報告の持ち回りです。
 わたしは OTTO キャンペーンではウィザードを、持ち回りでは殴りクレリックをプレイしています。隙あらばバードローグドルイド(なんじゃそりゃ)もやってみたいのですが。
 UFO はわたしのキャンペーンでローグ系 Dervish、OTTO キャンペーンでクレリック、持ち回りではドルイド/マスターオブメニィフォームズをやっています。
 BOSS はわたしのキャンペーンでクレリック、OTTO キャンペーンでレンジドスニーカー型ローグ、持ち回りではタトゥードモンクをプレイしています。
 ここまではどのプレイヤーもそれぞれ各キャンペーンでそれなりに異なる方向性のキャラを使っているといってよろしいでしょう。
 OTTO はわたしのキャンペーンでバーバリアン・フレンジードバーサーカーを、持ち回りでバーバリアンをプレイしています。
 artemis はわたしのキャンペーンでファイター/クレリック/テンプラー/プレイナーチャンプ(NG)を、OTTO キャンペーンでパラディンを、持ち回りキャンペーンでファイター/パラディンをプレイしています。
 ……このあたりがそろそろアーケインキャスターをやってみてくれるといいんじゃないかニャーと思うんだがニャー。
 と思って毎度提案するんですが、「呪文の勉強が面倒クセェ」とか云われます。うーむ……。
 まぁ、同じようなタイプを繰り返しているのは伊達ではなく、どんどん立ち回りは洗練されてきてるんですが。
 しかしまぁ持ち回りのパーティーですが、メンバー中最高の INT を持つのがドルイドの+1(たぶん 12?)ってのはどうなんだ。しかも知識スキルが乏しいので、レベル 7 にもなって「はじめて出会ったオークが何者かわからない」という有様! ありえねぇ!

 それはそうと、ひとりあたまの経験値が 5,600 で金銭収入が約 15,000 Gp 分ってのはさすがにお金が出すぎという気がしなくもないです!
2006/02/27 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *