深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]170923 ~釜山行き終電~
▼土曜日が! 赤い! ということは!
 青い日は仕事なオレも休みだってことだっゼェーィエア!
 ……ってことで、こないだダンケルク観たばっかだけど、別の映画を観てきました。レイトで。いや、レイトってのはもう大前提なので、近々観に行くかねぇ、と探したらこれ、けっこう厳しい時間のしかなくてな。ちょっと、休前日でねぇと無理じゃね? となって、カレンダーを眺めたところ、つまりここしかなくね? となって、急いで行った感じで。
 「新感染」観てきました。
 まぁ、例によってついったーの評判から、これはオレ行けるんじゃね? というそういう感触からで。あと、オレ基本的に「ゾンビに感受性、親和性、経験値、等々がまったくない」というのがあってな……。どっかでちゃんと経験しとかんと、というのはずっと思ってて、でもアイアムアヒーローは見そびれちまいまして。で、先日、系統は全然違うんだろうけど韓国映画コクソンを見そびれまして。
 ここで、ゾンビ映画と韓国映画の実績解除! ちゃんとオレに当たりそうだし! とかまぁそんな感じで突入してみた次第。
 結論としては、満足、という感じでございました。
 まぁ、ゾンビ映画についてはそれなりに「知識」だけなら持ってるし、韓国映画については、というか、韓国で釜山への逃走ということが持つ意味等については観てからすぐ感想検索して確認したので、文脈も理解したと思うよー。
 「韓国映画」という視点では、「タイトルが三文字、ズドーンと画面に映っても、意味がさっぱりわからない!」とか「スタッフロールがさっぱりわからない!」とか、そのあたりは強烈に新鮮でした。そのへんにはもちろん字幕つなかいわけで。英語なり、英語でなくてもドイツ語フランス語あたりまでなら、なんとなくタイトルやスタッフロールの雰囲気ぐらいはわかるのにねー。
 あとは、主役の見栄えが完璧すぎて苦笑、という感じで。つうか、「あーこいつら、少なくとも成人男はだいたい全員軍役経験者なんだよねー」なんてなことも思ったところもあったりして。
 ……しかしなんだな、ダンケルクに続いてこれとは、なんか、ある意味で妙に似た系統の映画を続けて観てしまったな……。
 というか、冒頭付近で、主要登場人物がトイレ探して歩き回らされるあたりとかが妙にでじゃぶーだったというか。
 こっちはちゃんと早期に行けてよかったよ、実際!
 というか、ダンケルクはあれは、あんだけ紅茶ガブガブ飲んで膀胱大丈夫なのかよあんたら! というのは実はずっと思ってたのでありました……。
2017/09/23 (Sat)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *