深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Intimancer in Prison
▼4 版キャンペーン「クイーン・サーガ」遊んできましたー。
 前回でひとつの章が終わって、今回から新章突入!
 ……なんですが、どうやら新章初回は奴隷剣闘士編、とかなんかそんな予告が入ってまして……。
 いったいどこをどうやってそんな話にする気なんじゃ……と謎だったわけですが。
 かなり豪快な感じで来られて笑いました。まぁ、真面目にやられたら真面目に応じるしかなくなってたようなアレなわけで、よかったんじゃないかと思う次第です。
 以下、軽く水面下に。
 ホントに軽く行くぜ! えー、前回(自分がマスターだったとき)はやりすぎたので。
 というかまぁあれは自分用メモでもあるのでしょうがないんだけどねー。
 今回の参加者は以下。
 DM(BOSS)
 アブダム(artemis)デーヴァ・クレリック・男
 ベッカー(DISK)ヒューマン・インヴォーカー・男
 ツァイト(DRR)ドロウ・ソーサラー・女
 アリストリス(OTTO)ヒューマン・バーバリアン・女 
 前回の戦争の舞台を離れ、次の国へと入った一行は、リハビリ戦闘等を挟んで、ほぼまっすぐ首都へ。
 そしてそこで、それぞれなんか逮捕されて奴隷剣闘士になるべく罪状なり冤罪なり考えろ、という指示を受けることに!
 いやまぁ、だいたいそういう流れになるということは予告されてたのですが、ぶっちゃけっぷりには笑うしかない感じでした。
 正直なところ、わたしの PC だと、真面目にロールプレイしてたらどうやっても話に乗れない感じになってしまうので、助かったといえば助かったところではあるんですが、後から状況が見えてきたところで云ってみた、「その奴隷剣闘士フィールドに、是非会わなきゃならない NPC がいる、ってことなら、それに会いに行くための潜入手段としてわざとそのように行動する、というミッションでもよかったんでは?」「まぁそれも考えた!」のほうでもよかった、ような、気も……!
 などと云いつつも、奴隷収容所では好き勝手やらかしたりしておりおました。つうか新境地というか、新しい理解が得られた感じになったりも。
 つまり、非戦闘遭遇というかコミュニケーション遭遇とか社会内での情報戦的遭遇みたいなのは、INT や WIS ベースの技能などを駆使して、そこで起こっていること、そこの状況を理解し、そこで起こっていることやそこでの敵対的な奴とかに「好きなようにされないように」対応していく的なものとしてこれまでやってきてましたが、CHA は(ある意味では)そういうことと関係なく、状況や社会を「こっちの都合で」押しつけ押し切っていく道具、我を通すためのパワーとして機能する、しうるのだなぁ、的な理解が。
 てゆかなんか、ここのところ、とくに 4 版では、狙ったわけではないんですが、下半分の重点が CHA な PC が続いており、以前はあんましやらなかったそういう型の PC の動かし方が自分的にちょっとは見えてきた? 的な?
 現代日本(のようなところ)が舞台とかだとなかなか難しいですが、ファンタジーならば、というか、ファンタジーで、かつ、「伝説級」という俗世の社会等に対してはオーバーパワー気味になった PC だと、できるし、できることが正しいんだよなぁ……というふうに思えてくるというか。
 戦闘中のペナルティ(というか相手側意志防御値ボーナス)がある状態でも、同ランクの伝説級モンスター相手に威圧を通すぜ! とそこそこ本気で組んでるインティマンサーの威圧を、まぁヒューマンの一般社会ぐらいの社会戦で全開すると、なかなか頭の悪い景色になるものであるなぁ、というか。
 ま、ふだんは威圧ではできないというかやらないけどねー。こんな殺伐コミュニティなら話は別ということで。
 アンダーダーク育ちのドロウだしなー。女社会のギスギスなんて懐かしささえ覚えかねない生き物だしなー。
 とかそんな按配で。
 ただ、今回はインティマンサーで、ふだんはそりゃ威圧フル回転なんてやりませんから、たまに妙な動きになるって程度ですが、本気でディプロマンサー組んだらかなりひどいこともできそうだなこりゃ、とか、そのあたりもちょっと怖くなった今回でございました。
 今回の威圧最大値は 43 で、これはレベル半分で +6、CHA 修正で +6、習熟ボーナス +5、種族修正 +2、ファミリア・バウンド・デーモンにより +2、技能熟練により +3。これにダイス目 19 を振ったものです。(うちのバウンド・デーモンの外見については、魔界大帝フェルナンデス(の小型版)と思っといてくださいデス。デスデスデッスーン)
 レベル 12 の技能難易度「困難」が 28。
 4 以上で成功。
 使いどころの限られる威圧はまだしも、息をするように交渉 34 とかで押し込まれたら、わたしが DM だったら平常心でいられる自信は……ないかも……しれん……ぜ……!
2016/12/11 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *