深度 、急速潜行~
[須賀鎮航海日誌]161206 ~晩秋の風~
▼E-2 周回すること幾星霜。
 山風の回収に成功。
 まぁ、試行回数の問題ではあったわけですが、取れてよかった……。今回は何周したかは不明。出先でもスマホで周回してたんでなー。
 途中、春風なんかも入手したりして、どうすんだこれ、となったりもしておりますが、まぁ、なんとかなんだろ。
 あとは E-3 に朝雲探索に出るかどうか、とも思いましたが、さすがに……ここからギミック踏んで……周回安定させるのは……時間的に……。
 1-6 がんばろう。
 以下水面下に簡単に記録。
出先スマホプレイ等も駆使してるので何周目かはわからん……。
◆出撃編成表:
E-1 甲: 五十鈴、朝霜、千歳(甲)、イタリア、潮、如月
 イタリア戦艦はルート固定等で要求される不安が少ないので気楽に使えて便利だなぁとイベントの度に思ったり。五十鈴改二は以降で出番ある可能性がまだ除外できてない時期でしたが、五十鈴改 99 がいるので、まぁ、いざとなれば……的に投入。
E-2 甲: 嵐、高雄、愛宕、雲龍、祥鳳、野分
 結果的に高雄愛宕は要らなかったみたい? まぁどうせ E-3 で札つくんだし。野分は防空担当で、期待したよりよい働きをしてくれました。
E-3 甲: 雲龍、ローマ、高雄、愛宕、蒼龍、祥鳳/妙高、木曾、綾波、時雨、神通、秋月
 ギミック踏まずに行こう、と決めた時点で苦戦確定だった感……。つうか神通は夜戦でまるで機能せず、見張だけでは限界があることを痛感。うーん、でもまるゆ使うのもなぁ……。
E-4 乙:阿賀野、霧島、ヴェールヌイ、北上、照月、千代田
 このままの編成で、戦闘装備のまま輸送から撃破まで直通。まぁ戦闘レベルでは苦労なし。輸送周回の回数が多かったのもあんま苦労感なし。つうか、ここの輸送で朝風出したことで今回のイベントの「時間ねぇ!」感が大幅に軽減されました。ホント助かった。そしてホント運ゲー。ドロップ運の意味で。
E-5 甲:瑞鶴、翔鶴、比叡、大鳳、瑞鳳、那智/雪風、プリンツ・オイゲン、酒匂、羽黒、大井、初月。その他ギミック対応でウォースパイト、長門、陸奥を投入。
 そして、E-5 甲が予想をかなり覆す楽勝難度だったのが、今回の「時間ねぇ!」感のさらなる軽減につながった感じ。
E-2 周回:野分、足柄、鳥海、千歳、祥鳳、嵐
 札の心配がなくなったってことで、さらなる周回の安定を目指して入れ替えをいくつか。

 まぁ、広く YAMABA として認識が共有されてる甲 4 を迂回したのと、朝風さくっと入手できたこと、で、終わってみればそれほど時間もタイトではなかった印象となってますが、E-4 前半で朝風が取れてなかったら地獄だったのは明らかなわけで、まぁ実際(ドロップ)運ゲーだよね……との理解を深めたところです。有り得た他の流れとしては、E-4 序盤であっさりもっと早い周回で朝風を入手して、そういうことならばぁ、と E-4 甲に出撃してたらどうなってたかなぁ……というのは歴史の if としてちょっと思うところ。いや、朝風だけじゃ行かないかな。山風も入手済だったらあるいは……。
 そして今回はラスボス曲が素晴らしい盛り上がりだったので、それだけでもとりあえず賞賛を送っておきたい次第です。
 あとは、朝雲探して 1-6! と、武蔵そろそろ建造せんとな……。
2016/12/06 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *