深度 、急速潜行~
[須賀鎮航海日誌]161203 ~ビキニのシ者~
▼順番は若干前後しますが、実際にはグリュック出撃前に、E-5 の出発点移動と、後半ギミックの部分的破砕は済ませておりました。昨日の「なんとか先が見えた」はそれを踏まえての話、ということで。
 で、その後、ギミック破砕まで完了。
 つうか、E-5 は甲でも比較的ゆるい、というのもやっぱり聞こえていたことではあったのですが、それは E-4 地獄を乗り切った後だからこそ思えることだろうよ、と思っていたわけですよ。自分は E-4 は乙にしたのだから、楽だとは感じられまい、と。
 そうでもなかったわけです。
 もちろんボス戦じたいは長門と酒匂とプリンツ・オイゲンがいれば余裕、というアレであり、その面については揃ってるわけで心配はしてませんでしたが、道中踏破できるか、とか、ボスを狙ってもらえる程度に取り巻きを潰せるか、という面についてはまた別なわけで。
 やってみたら余裕だった、と。
 まぁ主力中の主力を投入してるわけですから、温存なりルート固定のための縛りなりで一定の出し惜しみをせざるを得なかったここまでと比較しても仕方ないのではありますが、それでも、ここまで余裕とは思わなかったぜ。つうか、こっちが連合艦隊の場合、道中ストッパーになる敵は連合艦隊のほうが通常艦隊より怖くない、ような……? 
 あとは、長門がルート固定においては若干ネガティブという点を考慮して、P 方面へのギミック解除作戦では外してみたんですが、その足でボスまで突入して余裕の旗艦撃沈 A が取れたので、あ、長門なしでルート安定優先でよさそう? となってそのまま進めてるのも道中の安定感に寄与してるのかも?
 P での S 勝利が一番手間でしたが、ボス削りを兼ねてやれるのでそこまでとは感じず。まぁ削り段階では決戦支援艦隊も基地航空隊の決戦支援も出してないので、旗艦無傷 A とかも 2 度ほど発生しましたが、結果的にはギミック破砕時点であと 1.5 回程度までゲージを削った状態。あとひと押し。
 最終編成でどんだけ変わるかだけど、まぁ、これならなんとでも?
 なお、今回のラスボス曲はこれまでの艦これイベント通しで見てもかなり最強クラスの名曲だと思います。問題は……今度もサントラ収録時にちゃんとフルコーラス録り直してくれなそうな悪寒がするってことだよな……今度は頼むぜ……。つうかゲーム中の BGM としても全然尺が足りてないじゃねぇか! 連合艦隊対連合艦隊は長いんだぞ!
2016/12/03 (Sat)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *