深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]161015 ~帯刀警察~
花丸 2 話視聴。
 前回「出番作れなそうじゃね?」ぐらいに思ってた同田貫が出てきて苦笑。いやなるほど、これはこれで納得感が! しかし殺陣も見たかった!
 なるほど、こういう手法でキャラ数出してくわけねー、というのも納得。納得なんですが、同田貫の出番枠が今回だとすると……殺陣はナシなのだろうか……。
 で、違和感も 1 点。
 あれ、っと思ったのは本能寺炎上を眺める場面ででしたが、見返すとそれ以前でも同様の違和感はやっぱ、ありました。
 ほかのキャラだと思わないんですが、安定だと湧き上がる違和感、それは、「二本差じゃない!」という!
 つまり、あの服装だからこその違和感というか、あの服装で大刀 1 本しか差してないってのが、一見して相当な違和感であったなぁ、と。もちろん、刀剣男士の設定上、二本差は有り得ない、と思われるわけで、不満だとか文句だとかいうのではないのですが、違和感ははっきりとあるよねぇ、ということで。
 つうか、意識して観てて気づいた、とかではなく、ちらっと見えた時点であれっと思って突き詰めたらそこだった、という違和感なわけで、どんだけ、「どういう格好で日本刀を持つと二本差であるのが当然」という感覚が染み着いておるのかね、という驚きが。意識してほかのキャラ見てもほっとんど違和感ないわけでさぁ。
 あるいは、土方が(ほぼ)あの格好で陸奥との最後の立合いで脇差を使う場面の印象が鮮烈すぎるのかもですがな。
 ……つうか、そっちへの連想だと、沖田が最後に陸奥と立合ったときの刀は「誰」だったんじゃろ?
2016/10/15 (Sat)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *