深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]German Elf Project II; Plan of Afterlife
▼「エルフの魔法戦士でフレンジード・バーサーカー」DM からゴーサインが出ました。
 よろしい、本懐である。
 いやまぁ、弱いけどね!
 構成は Bbr2/Ftr2/Swb1/Db1 を軸。まぁ、「魔法戦士で!」とか云ってしまったのでダスクは外せない感じですが、Bbr2/Ftr2/Db2 は可能性としては保留しておく感じで。妙技はどうやっても要らなくなる感じなので、スワッシュバックラーは要らないといえば要らないんだよなー。とはいえ、ダスクは Hd が d8 という難点があり、最低限を超えては取りたくない、とも思わないではないわけで。
 で、下積み 6 + フレンジードバーサーカー 10 で 16。残り 4 レベルの余生についても一応考えておかないわけにはいかないかな、ということでぱらぱらめくってみました。
 ベースクラスを上げるのは、マルチ制限の面から非常に効率が悪いので、なんとかしてプレステージクラスを入れたい、というのが大前提。
 試案そのいち。ベアウォリアー(CW)
 熊に用はねぇが、HD が d12 で、BAB が遅れる等もなく、前提はすでに満たしている、となるとデメリットもなく上々と云えるでしょう。難点は、「熊はゲルマンではない」という点。むしろソビエトロシアだろう熊。
 試案そのに。天婦羅屋(CD)
 云わずと知れた強クラス。難点は、信仰する神格でして……。コートブレードはグレートソードと特技面では互換するのでグレートソードを好む神格ならば条件は満たすのですが、エルフではないグレートソード神ってのは設定上なんか違うと思うんだよにゃー。そしてざっとリストを眺めた範囲ではエルフのグレートソード神はいないっぽい。DM がわざわざ設定してくれれば別でしょうが、さすがにしてくれる理由がないと思われますし。
 試案そのさん。ホーリー・リベレーター(CD)
 もしかしたら本命。Wis なんて振る余裕ないので呪文なんぞ出ないか、低レベルがちょっとだけ出るかも程度ですが、スペルリストが降ってくればワンドは振れるし、Hp は d10 で悪くはないし、レベル 2 に見える「疲労の除去」も、ちょっと気になっているところだったりもします。3.5 版の疲労まわりのルールよく覚えてねぇので調査は必要ですが、レイジ後のアレに有効だとすると、けっこう面白いことになりそうな……? 難点はとくにない印象で、たとえ自前疲労回復は無理となったとしても有力候補でありつづける感じです。
 ……まぁ、フレンジードバーサーカーになるまでは考える隙間はないし、余生のために呪文用キーアビリティを確保する余裕ももちろんないので、先のことはゆっくり考えていく方向性で。
2016/08/12 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *