深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]To Make The End of The War.
▼4 版キャンペーン「クイーン・サーガ」遊んできましたー。
 今回は、ここ数回(リアル期間では、なんと、数年!)でプレイしてきた戦争篇の最終決戦でした。いやー、長い戦争だった。
 大詰めにふさわしく、というべきか、遭遇構成もかなり特殊な感じで、多段変身型の単独との遭遇→独自処理満載の雑魚突破無双戦→多段変身型の単独、という流れでした。つまり――ザキが効かない! あ、いや、まぁ、ルール上はボスだからって威圧が効かないという言明はないかと思いますが、さすがにこれは効くべきではないだろう、ということで。
 以下水面下に簡単に。
 今回の参加者は以下。
 DM(BOSS)
 アブダム(artemis)デーヴァ・クレリック・男
 ベッカー(DISK)ヒューマン・インヴォーカー・男
 ツァイト(DRR)ドロウ・ソーサラー・女
 アリストリス(OTTO)ヒューマン・バーバリアン・女
 スタートは前回ラストの「同日」ということで、1日毎パワーとかは復活してない状態で最初の遭遇に突入。わたし自身としては、そうなることは予告されてたので、混乱を避けるために前回の終盤は1日毎は不使用にしており、まぁ、その点は問題なしでした。
 相手はホワイトドラゴン、ただし 3 段階変形型。年齢段階とかは言明なかったかな? ブレス対策は準備していたものの、散開戦術が奏功しすぎたのと変身段階の後半ではどうもブレス非搭載だったようで、それは出番なしでした。
 その後、大休憩等を挟んで後半戦へ。
 PC の前回と今回頭までの働きで敵モンスター軍団の食料を潰すことに成功しており、それにより大根乱に陥った敵集団を突破し、ここ数回(数年)にわたって顔見せされていた敵ボスを討つ! というのが後半戦のテーマとなりました。
 ってことで、最初は敵集団を中央突破。これは(ほぼ)雑魚、の大集団で出目次第では、ライトニング・フューリーのエンカウンターパワーで文字通りの皆殺しもありえたんですが、なんと 2 体目で 1 振って終了という間抜けな事態に……。
 まぁ全体としては危なげなく突破し、いよいよ決戦に。
 このボスも 3 段階変身型でした。
 で、その変身のたびに(各段階の HP が 0 になるたびに)爆発してけっこう広範囲にダメージ与えるっぽく、初弾に巻き込まれたツァイトは、それ自体は生き延びたものの、「あ、これはこの戦闘が終わるまで生き延びる可能性はないな」と理解し、第 2 段階に対し残ったデイリーを全部叩き込む方針に。
 デカい暴れ役のボスに対頑健で 3 回のアタックロール全部通せたのは僥倖でした。
 ということで、3 段階のうちのひとつについては、それなりに仕事ができたかなと思う次第です。
 結果的にはその後は爆発ダメージはそこまでにはならず、なんとか生き残れましたが、変形復活前提の自爆テロはまぁ……防ぎようがないね……。
 その戦闘終了後、敵ボス倒したよー、と叫んで威圧振ってみたら 42 とかなったのは、べつに残党を追い散らすのに必要な手順ではなかったですが、個人的には爽快でした。
 これをもってひと区切り、次回からはまた別の国でのスタートとのことで、今回金も入ったことだし、ちょっと買い物とかも考える必要があるっぽい……?
 ま、次回最初はそのへん使えない展開になりそうとのことですが、これ系の調査は早め早めにやっとかないと実際厳しいからな、4 版は……。
2016/07/24 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *