深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
▼そして、安売りで買った講談社学術文庫をちまちま読み出してみて、たちまち壁にぶつかってみたり。
 つまり――注釈と行き来しながら読むのが大変面倒という!
 うん……そういう「パラパラ行動」が電書の最大の弱点だったよね……。
 まぁ、気にせず勢いで読み進めてみてから考えるかなぁ。
2016/07/08 (Fri)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。