深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Utilization of Trolls as Foodstuffs in The Army of Monstrous Humanoids.
▼4 版キャンペーン「クイーン・サーガ」遊んできましたー。
 ……実際、ド久しぶりの発動です……。
 今回から伝説級スタート! ということで、いろいろと、久々だからってだけではない新鮮さに満ち溢れたセッションになったわけですが、その熱量に並ぶぐらいのアホ発言も飛び出してみたり。
DM「……というわけで、攻め寄せてきている敵の数万のモンスター軍団の食料がいったいどこから出ているのか、ということをこの軍師(NPC)は訝っている」
PL「敵はどんな編成だっけ?」
DM「さまざまな人型モンスターが主力。ゴブリン、オークが多く、オーガ、トロールといった大型は比較的少なく……」
PL「……あれ、トロールがいるなら食糧問題解決じゃね?」
PL「確かに!」
 視肉の正体見たり!
 ……あ、もちろん実際には違う答えでした。
 以下簡単に水面下に。
 今回の参加者は以下。
 DM(BOSS)
 アブダム(artemis)デーヴァ・クレリック・男
 ベッカー(DISK)ヒューマン・インヴォーカー・男
 ツァイト(DRR)ドロウ・ソーサラー・女
 アリストリス(OTTO)ヒューマン・バーバリアン・女
 ウィジャル(Wao)ヒューマン・ファイター・男
 今回は伝説級スタートってことで、各員いい感じに化けていたわけですが、今回ばかりは「化け王」は我がツァイトだったんじゃないか、と思った次第です。何せほら、これまでは、これがストライカーとか冗談も休み休み云え、的なしょんぼり火力だったのが、今回は一応ストライカーと名乗って怒られなそうな感触だったしな。伝説の道は予定通りライトニング・フューリーを選択し、これが、電気/雷鳴偏重の嵐ソーサラーとしては一択と思われる性能なのに加えて、ほかにもいろいろなボーナスがまとめて跳ね上がったりしたおかげと思われます。
 さらに、ザキのダイス目がそれなりに冴えまして、どうやら再生かなんかの HP 自動回復持ちで、HP0 になるとブッ散らばって周囲にダメージ与えるという面倒な敵に、重傷になったところで威圧かまして降伏させるという戦果も、なんと 2 度にもわたって達成。
 うむ、インティマンサーいけるじゃん! スキルフォーカス取った甲斐があったよ!
 いやまぁ、毎回やるものではないですがな。
 で、今回全部が全部開花したかというと、それはそういうわけではなくて、11 で取った特技はまったく使いませんでした。無限回パワー使うとそのたびに云々、というので、かなり出番多そうな気がしたんですが、実際はまるで撃つ機会なし。なるほど、非エッセンシャルだとこんな感じになってくわけね。学んだぜ。次再訓練!
2016/06/26 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *