深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]1st mission extension!
▼ナイトメアハンター(系の新作オリジナルルールbyBOSS)セッション、参加してきました。
 今回は OTTO マスターによる新作、で、長く続くか、単発か、数回の連作等になるかなどは現状不明という感じ。
 で、新人ハンターズのデビュー任務は! リアル時間切れで延長! 次回に続く!
 おおう、想定外だったぜ。まぁ、次回は今回の最終処理と第 2 回ミッションになりそうとのことで、純然たる単発ってことはなくなりそうということなんかなぁ? OTTO 先生にして珍しい現代モノということで、ちょっと時間の読みが迷走したかな、という感触でした。マスター側で、というよりはプレイヤー側で、ですが。残り時間から話が広がりうる限度を見極めよう、的なのは、ちょっと考え直したほうがよかったかなー、とかそういう方向性で。
 何しろ任務が片付いていないので、今回は内容については語りようがないのですが、簡単に水面下にめも。
 参加者は以下の通り。
 マスター: OTTO
 artemis: アーサ・ナイト(大学生/スチューデント)女性
 これはマスターからのご指名で。毎度謎のご指名で今回もけっこう構築に苦労された様子。クトゥルフに登場してるのと同一人物なのかどうかは不明。
 BOSS: 松田秀作(探偵/ディテクティブ)男性
 説明不要~! って感じのキャライメージは毎度流石です。現実では黒ジャケ、夢の中では白ジャケ。
 DISK: 月見里里見(高校生/エンジニア)16 歳女性。
 そしてまた相変わらず容赦ねぇ漢字指定でありました。里見の謎! 小柄 JK、桜才学園在学ってなあたりまでマスター指定な模様。わっちは元ネタわかりませんがー。
 DRR: 四羽紫紋(神父/ドクター)27 歳男性。
 医師免許持ちの神父、てのは、まぁ「ドクター」だけど医業を行ってはいませんよーという程度の意図とご理解いただければと思います。
 ってことで、話の中身については多くは語れないのですが、ひとことだけ。
 「患者(ナイトメア被害者)が初診前に失踪してるシナリオとは! しかもそれが 1 発目か!」
 さすがだ、見事な初手だぜ。意表でありました。
 ……まぁ、それ以上の内容については実際語れないので、ざっくりとマイキャラについて語るだけ語っておこうかと思います。
 着く前からいろいろと思案はしていたんですが、周囲との兼ね合いというのもあって、決定となったのはけっこう遅くなってしまい、時間不足の一因を作ったという気はしないでもない……。いや、周りの PC 見て、男のほうが多ければ女、女のほうが多ければ男、と思ってたんですが、明らかに男やると思われる Wao が無連絡で遅れててな……(結局来なかった) けっこうぎりぎりまで迷ってしまってな……。ただ、女ならエンジニア、という気分になっており、DISK がエンジニア選んだ時点で、じゃあ男で、となった次第。
 男で考えてたのは 2 案、ひとつがバー「バーボンハウス」のマスターでディテクティブ、だったので、ディテクティブも埋まってたことでドクター神父に。医師免許持ちで神父、27 歳、てのが可能かどうかは知らねぇー。ちょっと今回は若い男をやってみたくなったんじゃよー。とりあえずモチーフにしたのは Zero 言峰綺礼。といいつつ、あのシリーズはほぼ Fate/Zero の TV アニメでしか知らんので、あくまで脳内で絵面を考えるにあたって念頭に置いていた、ぐらいのものなんですが、178cm、28 歳、ってのはけっこう Zero 綺礼の設定にも近かったっぽい? 夢戦闘形態のヴィジュアルモチーフはニコラス・D・ウルフウッド。武器は十字架型機関砲「The Punishment」 夢戦闘も綺礼な無手格闘でいいんじゃないかと思ってたんですが、ルール的にそんな感じのイメージにできそうなのが見つからなくて銃にした次第。ナイトメア系でやるキャラは、実生活の側ではいろいろ差別化というか、毎回違うのをと意識してやってるんですが、夢戦闘は結局毎回同じ感じになってます。回避型(防御型ではなく)の銃砲撃者、という。まぁ、わたしのようなプレイヤー的には夢戦闘に到達するまでが本筋なので気にしない! の方向性で。
 名前は「よつば・しもん」で、「よはね・しもん」と読めばどっちも使徒の名前だよねーぐらいのことを考えて命名。これはまぁその程度のアレだよーということで。
 ……てことで、とりあえずは次回セッションまでに話を忘れっちまわないようにがんばる方向性で、ひとつ。
2016/04/24 (Sun)
160423 * Top * 160425
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *