深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]160328 ~隠蔽捜査 5~
▼今野敏「隠蔽捜査 5 ~宰領~」読了。
 安心の安定感でありました。
 ……いやまぁ、中身を語るとネタバレになるからねー、ならないように云えることがこんな感じになるのはどうなのっつー気はしますが! 安定の盛り上がりであり、安定の熱量ってことですし!
 てゆかやっぱ野間崎管理官がおいしいよねー、といういつもの結論で。今巻は出番は多くないのが惜しいところではありました。
 なお、今回は紙で。
 さすがに電書のほうが高いとなると……ちょっと悩んで紙に傾いた次第です。
 電書が単行本時の価格からの割引価格っぽいので、文庫のほうが安かった、と。
 で、ちょっとだけネタバレといえばネタバレなことを申し上げますと、「ん? こんだけのページ数残してここまで詰まってる、ってことは、やっぱこれもうひと捻りあるよね?」というのがアナログに直感でわかるのが紙だなぁ、なんてなことも再確認。
 電書でもシークバーはあるわけで、同じようにわかれるはずではあるんですが、直感ではわからないのがアナログ民ということで。
 あるいは、このまま電書生活を進めていけば、直感できるようになるんかねぇ。いや、べつになりたいわけじゃないですけど。
2016/03/28 (Mon)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *