深度 、急速潜行~
▼一掃されたことは一掃されたようですが、さて、いつまで続くか……。
 っていうか、RO について語ろうかと思ってたのはこれで中止するっかなくなった感が。ネトゲの世界なんてものは日々月々年々変わってくモノであり、議論する場合にはある時点を切り取ってするしかないけど、その後何かが起こったり、何も起こらなくても単に時間が流れるだけでも切り取られた現実はもはや過去のものになってしまうんだよにゃー。
 そのへんがわかってない人は Chaos ショックと呼ばれる事件と今回の貿易差益事件を同列に論じちゃったりしますが、この二つは全然違うのだよ。
 ……すまん、語り始めてしまった。
 Chaos ショックのあれはプログラムバグを利用した不正行為ですが、今回のはシナリオの不備を突いたグレー行為です。ってまぁ、ココ見て云ってるので、実際に行われ得たコトに関するオレの知識が間違ってるとアレなんですが。
 この二つは不正度が全然違うべ? たとえば、クラシックの DnD 遊んでて、「マコシャークとワーシャークの違いは、ワーシャークには魔法の武器が効くコトだってルールに書いてあるじゃん。だからマコシャークには魔法の武器は効かないんだよ」とか云って押し通してしまうのがプログラムバグを突く行為だとしたら、マスターが出した特定のゲームリソースをマスターが想定しない手段で使ってマスターが用意したハードルをマスターがまったく想定しない手段で突破してしまった、みたいなのがシナリオバグを突く行為。どっちも作り手に落ち度があったことは確かですが、前者は「それルールの誤訳に決まってんだろ。マコシャークには魔法の武器は効くと裁定するぞ」とし、場合によっては 1 ラウンドやそこら処理を遡って(巻き戻して)やりなおすこともアリと思えるのに対し、後者に対して、「それはマスターが想定してない使い方だから却下とする」と云い出すマスターは、オレには耐え難いだろうなぁ、と思うわけで。
 オレなら「ぎゃーす、それ考えてなかった! 今回はしょうがねぇ許可すっけど次から禁止ね!」とかそういう対応をするでしょう。今回癌呆がやったのはそういう対応だよねぇ? 最初のシナリオバグがあまりにお粗末だった点と、対応が迅速とはいえなかった点は非難されてよいと思いますが、「巻き戻すべきだった」という意見には一切賛同できないのはまず第一にこういう理由から。質的な違いだな。
 第二に、量的な違い。正式サービス稼動前という、ゲームの歴史がまだ浅い(といってもすでに当時 RO は長い長いβの後期に差し掛かってたわけですが)段階で発生したゲーム内流通物量の変化と、正式サービスから三年を経過して、そのぶんの歴史が堆積している現在の段階で発生したゲーム内流通物量の変化は量的に影響力が全然違います。ぽたゆな嬢は「1Mと2Mじゃ倍の開きがありますけど、35Mと36Mは誤差に感じるようなものっ!/騙されちゃダメ、騙されちゃダメだよっ!」なんてコトを云ってらっしゃいますが、実際問題として「そういう量的な差」なのです。騙されてはダメです。さやさや嬢は「混雑している時のプロンテラにある全露天のアイテムを買い占めても余りある程の金額なのではないでしょうか」なんてコトを云ってらっしゃいますが、実際に買占めが起こった鯖がありますか? オレの露店(やたら高め)は四晩ぐらいに渡って一切売れなかったぞ?
 その程度の差が、三年間、連日連夜稼動し続けてきた機械人形の生み出してきた金に比べてどれほどのものか。
 赤丸氏のことば。「ちょうど錬金術が話題になってたころの拍手です。/その程度じゃ全然問題にならないよ~、現状錬金術が出来る前と/何一つ変わってないでしょ? すでにその部分は崩壊済みだからだよ(*ノノ)」
 大筋でこれが正しい認識でしょう。オレ的には「崩壊済み」というよりも、「その程度で崩壊しないていどの安定」である(その善し悪しは別として)と思いますけど。
 だいたい、こんなクソつまんねぇ売り買い作業で数百 G の利益とかって、いったい誰がやるんだ?
 機械にやらせるから問題なんだろ?
 よろしい、プログラムのバグを突いた不正行為を取り締まり、それ以前まで巻き戻せと云ってみたまえ。実行されたらどうなる? 最初の BOT が登場する前まで巻き戻すことになるだろうな? それはいったいいつだ?
 調教済みなのは誰ですか?
 今回の処置に文句を云わない我々ですか?
 「今回の」不正の前まで巻き戻せという中途半端な不平を垂れてる連中ですか?
 念のために書き加えておきますが、オレが擁護してるのは、あくまでも「今回の貿易差益事件に対する癌呆の対応」だけです。三年以上にわたり自動人形を放置してきた体制を擁護するものではありません。なお、自動人形についてはオレはオレで云いたいことも山ほどあった(とわざわざ書くからには単純な不平不満批判じゃないよ?)のですが、これについて語るのは、これこそ中止します。
 んでまぁ、こっからが本題。
 今回の大規模機械人形一掃パッチについて。
 参るね。
 とりあえず動作自体は重くなるどころか、その直前の数日間(マジで最悪だった)に比べるとずいぶん快適になってた気すらするんですが、しかし、確かに見覚えのないプログラムが通過しようとしてるぞーとか防壁が云いだして不安ではあったのよ。
 スパイウェアですと?
 ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと待てぇぇぇ。
 それは……それはどうなんだ?
 まぁ、今回の対策やってるトコ自体は本職らしいので、癌呆に情報が流れるわけじゃないって点では多少はマシかもしれませんが、プロセスの隠蔽ってなんだか踏み台にされそうで怖いんですけど……。(このへんよくわからずに云ってますが)
 さて、どうなりますか。
 上述した「BOT の対策をはしとくべきだったであろう」について、また絶妙なタイミング(ってか、ネトゲ界はなんかいろいろ 12/15 に合わせてぶつけあってる印象が……)での切り札投入。うーん、くどいが、これがカンペキに奏効したとして、それで少なくともそれを評価するような人は「錬金術のときに巻き戻しをすべきだった」などとは云うべきじゃないと思います。それを云うなら、今回も、「ハンパな BOT の締め出し(や、場合によっては的確かつ徹底的な BAN)などではお話にはならない。最初の BOT が登場する前までロールバックすべきだったのにしなかった」と燃え立つべきでありましょうな。
 ……本題終わり。
 …………あれ、どっちが本題だっけ?
2005/12/15 (Thu)
051214 * Top * 051215
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *