深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]160213 ~これが本当のアンツィオ戦です!~
▼ガールズ&パンツァー「これが本当のアンツィオ戦です!」視聴。Amazon Prime にて。
 いやぁ、何が衝撃って、ED のクレジットの「カトキハジメ」の文字でしたことよ! MJK!? 恐れ入ったぜ……。
 あとは、Amazon Prime の「今すぐ観る」をクリックしてからホントに今スグ観れる反応の切れ味に感動。円盤とかだとこうは行かないぜ? 読み込み時間じたいとかはしょうがないにしても、最初にいろいろ飛ばせない注意書きだのロゴだのがえんえんと続いていつまで経っても本編に突入しねぇ! というアレが! ない! 素晴らしい! いやまぁ、「これの」円盤を観たわけではないので、べつに Amazon Prime の仕様ではなくて、この作品じたいの仕様なのかもだけどねー。いやまぁ、ああいうのを見せなきゃならんってのも事情はわかるっちゃわかるんだけど……わかるけど! ああいうのがないってのは心底快適です!
 本編については、「III突! III突!」ってことで、ひとつ。思えば TV シリーズはほぼ通して III突贔屓だったんだよなぁオレ、と再確認した次第です。
 以下ネタバレでちょっとだけ水面下に。
 てことで、結局 III突ですが!
 III突 vs セモベンテがもう圧巻でありました。なんだこの熱量。つうか、クレジットの「カトキハジメ」の文字から連想でね……。ここまで実在兵器ベースで(兵器の)キャラ立ててアクションできる(オーバー脚色はもちろん全開にせよ)んなら、もうべつにモビルスーツとかじゃなくていいんじゃねぇの? なんてなことをちょっと思っちゃったわけですよ。戦車とかを「リアルっぽく」描写して、キャラ立ったアクションさせることを思えば、人型兵器とかを「リアルっぽく」描写して、キャラ立ったアクションさせるほうがよほど容易に総体でリアルな感じが出せてた、のがこれまでだけど、今や実在兵器ベースでやってここまでできちゃうんだぜ? という。ましてや砲塔という可動部もなく、それだけ「運動」アクションでキャラ立てしづらいこいつらで、だぜ?
 ま、コストが段違いではありましょうし、人型兵器アクションのほうだって立ち止まってるわけじゃなくて進化してるわけですから、そういう見比べ方に本来意味はないんだろうけどねー。ついつい名前見て連想して思っちゃったよ、ってことで。
 ……しかしまぁ、ますます、「もっかい劇場版観ねば!」という思いを新たにせずにはいられないアレではありました……。いやいや今は海軍に注力せねば!
2016/02/13 (Sat)
160212 * Top * 160214
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *