深度 、急速潜行~
▼なんだかもすぬごい久しぶりに対戦会にお立ち寄りなど。つうか、例によってタフな超勤を終えて、メシでもどーどす、ぐらいの気分で周辺に声かけてみたら、なんだかそういう方向に。
 ってことで、とくにそれ自体に対するモチベーションはとくに誰にもない状態での開催ではあったんですが、久々ってのが効いてか、けっこう期待以上程度には盛り上がってみたり。
 で、それはそれでなかなかの収穫だったわけですが、予定していなかった盛り上がりも個人的に 1 件。すなわち、「いつのまに(先行ではなく普通に)実装されてたのハイネグフ」という。
 これねー、実は連ザ時代のマイエース機体のひとつでして。まぁ、一番はイージスではあるものの、ある程度対戦挑まれても勝負できる程度には仕上がってたもののひとつっつーか対戦(当時は乱入されちゃった事態を除いてはほとんどしてなかったけどねー)ならイージスよりいけてたんじゃないかという。
 使ってみて、全然予習もしてなかったわりにはまともに動けて、案外いけるもんだな、という感じの結果になったわけですが、いろいろ試行錯誤してて、なんだか自分の自覚してなかった好みの傾向に思い至ってみたりしたのがちょっと面白かったりしたのでした。
 オレ、打撃(斬撃)数回→鞭的なブツでひっつかみ→打撃(斬撃)数回、ってなコンボにすげぇ盛り上がるっぽい。
 もちろん連ザのハイネグフがまさにそうだったわけですが、ガンダム VS ガンダムシリーズに入ってからの B-3 グフとか、メルティ・ブラッドで一時期さっちんループに凝ってた、とか、そういうのがな。
 ってことで、まずひっつかみ装備がどれかなーという操作の試行からはじめて、どうやら特格でひっつかめるらしいと見て、アチョーでいくつかコンボ入れてたらそれだけでけっこう楽しい気分になってみたりしてたのでした。
 ……ま、さすがにゲームじたいが末期つう感じなんでアレだけどねー。こいつがもう半年ぐらい早く登場してたら、自分的には少しは違ったのかなぁ、とか、そんなことを思った次第で。
 ……ってもまぁ、今さら以前のように遊ぶことはなさそうではあるのでした……。
 なんかゲーセンの次作はネット対戦用ゲーになるらしい? ってことで、これまでのようなこのシリーズはこれが最後、ということなんであれば、そろそろ家庭用に決定版移植を出してくれねぇかなぁ。いつも云ってるけど、マリオメーカーだの三国志ツクールだのが登場しつつある昨今、今こそ現実味を帯びてきそうな企画として、ガンダム VS メーカーを! アーケードルートを自作できるシステムを!
 つうかそれが無理でも、過去のガンダム vs ガンダムシリーズのアーケードルートのステージを全部、バランス調整なしでいいから(もちろんしてくれてもいいけど)移植して、好きな順序で遊べるようにする、とか、やってくれねぇかなぁ。もちろん、新規機体開放によってステージ構成変更が入った面とかはすべてを選択可能で。
 エディタはともかく、最後のぐらいなら、さすがに解像度等も違う NEXT 以前のは別にしても、EXVS 以降のに限ればとっくにできてたはずのことだし、最後の最後、「同一作品内での構成変更の網羅」なんて、とっくに「やってなきゃいけなかった」ことだと思うんだけどねぇ……。
 ま、とりあえず EXVSMB の家庭用の話じたい聞こえてない現状では餅すら描けねぇけどな。
2015/12/26 (Sat)
151225 * Top * 151227
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *