深度 、急速潜行~
[須賀鎮航海日誌]151201 ~Vanilla Snow~
▼そして E-5 甲にて突破。
 輸送段階は若干ストレスではあったものの、撃破装備に切り替えてからは、「群」狩りも視野に入れたキラなし空襲支援で S、A、S、S と削り、最終編成確認 A から、キラキラ砲撃支援艦隊に切り替えてあっさり S。削り段階では数度の道中撤退は挟んだものの、感覚としては「すんなり」でした。
 某所で見たけど、なるほど、「甲のほうが丙よりラクかも」とまで云われる所以だなこれは。輸送段階はさすがに長くて疲れますが、戦力ゲージになってからはゲージじたいも大して長いわけではなく、云われている通り「群」が出ないので気楽に。多少ボスの耐久や装甲が高くても、ボス以外が全滅している状態で夜戦に突入することが容易ってのは大きいわなぁ。誰だってカットイン駆逐艦の切り札を並べて突入してるでしょうし。
 以下、簡単に記録など水面下に。

 とどめは雪風。艦隊総旗艦として完璧な仕事ぶり。
 支援艦隊もいい仕事。暁、隼鷹、鳥海、衣笠、祥鳳、電。しっかり 2 隻持ってって主力に楽をさせてくれました。
 ……さて、これで過去の回収に向かえるぜ! 残り時間は多くはないですが、気楽に探索する分には細切れの時間でもなんとでもなるしなー。や、結果はもちろん別の問題ですが、そこはもうどうせ運次第なわけだし。
2015/12/01 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *