深度 、急速潜行~
▼E-3 突破。
 妙に苦労した……。
 編成は、後衛が最上、あきつ丸、陽炎、不知火、黒潮、舞風。前衛が阿武隈、愛宕、浦風、野分、高雄、雪風。輸送物資は後衛駆逐艦にドラム缶満載と、阿武隈に大発。前衛駆逐艦は戦闘装備。とりあえずこの編成で突っ込んでみて、安定の A 勝利ゲージ消化 84。まぁこの輸送量だと支援艦隊のキラキラが剥がれるまでの 6 回ぐらいで削り切るのは不可能だけど、安定できそうだしいいかなー、ということで、作業開始。以下、S、A、A、A、A と予定通りの安定消化を実現し、予定通り支援艦隊のキラキラが剥がれたので貼り直し作業、貼り直しに伴う被弾の回復で入渠を入れて夕食に出撃。帰宅して、じゃあ続きをやるか、と。まったく同じ構成で作業再開したわけですよ。
 C、A、C、C、C、撤退、A。
 な、なんだこの落差……。まったく同じことをやって、こんだけ天と地って……。
 1 度や 2 度の撤退はまぁ、想定内ですが。護衛退避すらしてない試行でこんだけ違うんだもんなぁ……。運ゲーと文句を云う気はないですが、乱数ゲーは実際たかだか 1 周ぐらいで感触を語ってはならないのであるな、と痛感した次第です。+3 武器を +6 武器に持ち替えたとたん出目が 6、6、4 となって全ハズレとかな!(←別件) 掘りに来るとしても、そのときは後衛も戦闘編成にするわけだし、敵の構成も変わるし、同列では語れないしねぇ。
 ここで決戦支援のみキラキラが剥がれたので貼り直し作業、その被弾は仕方ないのでバケツで回復して再出撃。
 ほぼ同構成(ここから一発圏ということで決戦支援に戦艦も投入)
 A、S。
 最後の S は決戦支援の切り替えが効いたところと思われますが、ラス前の A は支援はしょんぼりな戦果だったわけで、もう何が何だか。最終形態のほうが楽勝かよ。
 掘りについては資源と精神衛生あたりを秤にかけて考えるかなぁ……。いや、夏のイベントでもえんえんと掘りでくらげ狩ってたわけで、戦力的にはともかく、そのへんの見飽き感というアレもあってな……。
 ドロップは……特筆すべきものとしては、ラス前の道中 H で初風。うおおおツチノコ! いやまぁ、2 隻目までは嬉しいけど! ……そのくらいでした。
2015/11/24 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *