深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]151029 ~Kingsman~
▼「キングスマン」鑑賞。レイトで。
 日程的にはけっこう厳しかったんですが、今週観ておかないと観れそうなところが軒並み終わってしまう、ということで、がんばって突撃。
 そこまで是が非でも観たいものだったか、と云われると、まぁ、そこまでではないかなぁ、というところではあるんですが、なんか、「一番最近劇場で観た映画がドローン・オヴ・ウォー」だという状態がなんとも気が重いっつうか、後味がよくない感じだったので、まぁ、気分転換に。いや、あれが悪かったとか気に入らなかったとかじゃ全然ないんですが、何しろツラい映画だったんでな……。
 てことで、今回は見事なバカ映画で最高でございました。
 しかし、スーツ着てこんな映画観に行くと、劇場から出てきた後で自分がどんな歩き方しちゃってるか不安になるね!
 内輪的時期的には、近々もしナイトメアハンター系のセッションとかあった場合には影響されてみようかなーとか思ったりもした次第。やはりジョン・バウアー(ガンダム)かジョー・ブラック(よろしく)だよなー、JB は、オレ的には。え、ジョニー・ブラック? ボウモアの関係者かそれは?
 以下ネタバレのため水面下。
 ここからネタバレ水面下。
 今回はけっこう本格的にネタバレだよー。
 まぁ実際、全編通しで笑うとこばっかな映画でしたが、やはりベストは花火大会だった次第です。音楽との噛み合い方も最強で、いやよくまぁこんなの考えて実践する気になったなぁ、と感服。
 笑う方面以外で感服だったのは、「刃物義足カポエラ」の美しさ。まぁ、通常ダメージだけじゃ倒せないよね、という決着は、残念感めいた感情もないではなかったにせよ、順当だったかと思われます。
 そして、ヒロインの扱いがなんというか……というか、ロキシーの扱いがどうなの、というのもある意味笑うしかなかったところだったり。果たす役割は重要なんだけど、もうちょっとこう、見せ場やれよ、とも思うところでもあり、敢えてないのもよかったのかな、とも思うところでもあり。
 で、そのかわりにヒロインの位置を占めた、というわけでもないんでしょうが、王女がまたひでぇ。いや、あんた一部始終を見てたんならその展開はわかるけど、ほぼ何もわからないまま、ちょっと外で銃声が聞こえたかもぐらいの立場でそれかい、と。あ、ひでぇ、ってのは毎度のことですがもちろん誉めてまっせー。
 やーたまにこんくらいゲラゲラ笑え(けどコメディってわけではない、っていうかコメディそのものなのは苦手っす)て後味すっきりのアクションとかも観とくべきですな。
 重たくて後味悪いのはオレ的にはメインディッシュなんですが、それだけ食ってはいられない、ってことで。
2015/10/29 (Thu)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *