深度 、急速潜行~
▼例によってついったー経由で。
 「国会議事堂前の「敗北主義」 ―最後に笑うものが最もよく笑う……戦後左翼史のなかの市民ナショナリズム」が面白かったのでご紹介など。
 まぁ、深入りはしねぇ。
 オレ的には、強いてひとことで感想の結論云うなら「否定じゃ選挙に勝てねぇぞ」と毎度おなじみのアレになります(だってオストラコンねぇし)が、そのへんはどうでもよくて、流れの追い方が興味深かった次第です。
2015/09/03 (Thu)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *