深度 、急速潜行~
[須賀鎮航海日誌]150819 ~ソロモンの白昼夢~
▼E6 突破。乙で。
 思ったよりは早かった、かな……? ただまぁ、運に助けられた部分はオオアリでして、ここで決着できてなかったら支援艦隊のキラキラからやり直しだったので、その意味ではけっこうギリギリだった模様。
 削り段階は大破撤退 2 回、A 勝利 2 回を除きすべて S。決戦では何故か道中被弾が激増し、初戦大破 1 回、初戦で中破複数により撤退したのが 1 回、護衛退避から A になったのが 1 回を経て、ラストは昼戦前半で水雷戦隊が半壊し、もうダメかと思った直後、後衛艦隊の長門→金剛が昼戦カットインで旗艦撃沈、夜戦で微妙に残ってた随伴戦艦姫を落としての S という、まぁ、終わってみれば拍子抜けの流れ、だったわけですが、帰還後に支援艦隊のキラキラがちょうど剥がれてたのを確認して、実際薄氷だったことを認識した、とかそういう感じでした。
 ドロップはまぁ……アレで……。
 ま、削り編成なら S 取れるし、あとで探しに来る方向性で。E7 を突破し、E3 の探索業を終えてから、になるので遠い道のりだけどな……。
 次については……とりあえず支援艦隊のキラキラ再セットしつつ考える方向性で……。
 編成は以下の通り。
 第一艦隊:瑞鶴、翔鶴、瑞鳳、大鳳、金剛、長門。空母はいずれも制空戦+爆戦。オレ的にはけっこうこの艦載機編成なんですが、実際どうなんじゃろ。艦攻は重たい場所では期待しないことにした、のはいいとして、艦爆積んだほうがトータルあうんかなぁ?
 第二艦隊:足柄、摩耶、榛名、夕立、雪風、五十鈴。五十鈴は対空カットイン装備+探照灯。これも意味あるんかどうかはよくわからん。航空戦後半とかでは敵から 1 本も魚雷飛んでこないことがけっこうあったので、無駄ではなかったのか、実はべつにカットインなしでも同様だったのか、そのへんはわからんです。
2015/08/19 (Wed)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *