深度 、急速潜行~
[須賀鎮航海日誌]150818 ~丙丙通過~
▼E-4、E-5 通過。丙で。
 まぁさすがに苦労はしなかった、かな? いや、実は E-5 は削り段階で 1 度も S が取れず、どころか 1 度も旗艦撃沈できず、「これってマズいんじゃないの……?」と思ってたわけですが、幸い、最初の破壊トライでヴェールヌイがカットインで決めてくれて 1 発突破。ふー。
 丙とはいえ、というか、「その作戦の難度じたいを下げる」ことに抵抗はないとはいえ、出撃制限のほうを「本来その戦場にいることができないはずの艦が参戦してくる」ってことにまでしてしまうと、それはオレの中のこのゲームに対する感情移入の部分が「それっておかしくねぇえ~?」と異議を唱えるので、お札に関してはどちらも律儀に排他で貼ってます。てことで、E1~E2 でイタリア艦と伊勢日向を使い、E-3 で榛名金剛を使い、E-4 で比叡霧島を使い、長門陸奥、あとビスについてはさすがに E-6、E-7 に残しておきたい、となったときに、使える戦艦が扶桑山城しかいない(伊勢日向の航空戦艦型は一応いますが、気分的にはこれを持ってくるのもけっこう自分内ルールではギリギリ(アウトじゃないけどさー)だったのと、航空戦艦型はレベルがまだ低い(70 ぐらい)ので)ということになり、というか、最初からそのつもりで戦力を切り分けてたんですが。
 この扶桑山城(扶桑改 92、山城改二 91)が全く仕事しなくてな……。
 いや、道中等はそりゃもちろん期待通りの仕事はするんですが、旗艦にまるでダメージが通らんのよ。何なのこれ。あまりの通らなさに最初は 46 サンチ砲搭載してたのを、重すぎるんか? と 35.6 軸までいろいろ組み合わせ試して試行したけど、結局ほとんど変わらずってかさすがに 35.6 軸まで落としたときは単なる火力不足で通ってない感になってまして。
 何なんだこれ、と。しかも丙だぜ?
 何かオレ、決定的な運用の間違いしとるんじゃろか? としみじみ考え込みそうになりましたよ。まぁ、ヴェールヌイ先生のおかげで考え込む前に突破しましたが。
 実際何が間違ってたんじゃろか……。いや、間違ってなくてそもそもそんなもん、ってこともありうる? でも、だとしたら、誰もが E-5 を全力でヌルゲー扱いするってことはないと思うんだよなー。
 まぁ、もしものすごく余力が余ったら、丙を生かしてほかの戦艦(札つきの)で行ってみるのもアリかもですが、まぁ、やらんだろうな。
 編成は以下の通り。
 E-4:島風改 88、龍驤改二 95、時雨改二 84、霧島改二 96、比叡改二 98、鳥海改二 87
 E-5:ヴェールヌイ 92、最上改 81、山城改二 91、扶桑改 92、雲龍改 86、舞風改 79
 戦艦以外はまぁ、数にも余裕ある(支援艦隊用に確保してある艦も流用する前提なら重巡さえ)んだよねぇ……。つまり、大和型がいないのが問題!
 しかし、次のイベントまでに「両方」はいくらなんでも夢見すぎ(片方すらもちろんアレだけど)でしょうし、困った話ね。
 やはりビッグセブンの一角を量産する「エンドレスエイト計画」でも発動するしかないのじゃろうか……。八八艦隊どころではない感じのアレで。なお長門だとエンドレスエイトですが、陸奥だと九十九になるのでこれもこれでヤバいアレです。
2015/08/18 (Tue)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *