深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]150726 ~Dimension W 8 巻~
▼岩原裕二「Dimension W」8 巻読了。
 本編についてはまぁ、いろいろと重要なことが明らかになりつつある、っぽいものの、なんせタマネギの皮が 1 枚ずつなのでなかなかウヒョーてなところまではいかないのが難しいところではありますが。
 ちょっと重要なところすぎる気もしないでもないけどなー。これもしかしてシリーズ最終エピソードだったりしねぇ? ぐらいに思う踏み込み具合で、もうちとこう、各地の足元のアレコレとも絡む話も見たいよー、と思ってる身からすると悩ましいところではありますが。
 まぁでも、今回についてはそれより何よりびびったのは帯だぜ。
 読み終わって、ふー、よしよし、次も楽しみじゃのう、と書泉のカバーを剥がして、帯見て、固まったぜ。
 「TV アニメ化決定!!
 ってマジかよ! こ、こ、これはちょっと! 本格的に楽しみかもしれん!
 一瞬だけどエリーさんも目視で確認。よしよし。キャスト誰ー!?
 ま、劇伴とか重要なとこがまだ公開されとらんので、まだ強くは云い切れんけどねー。
 さらなる情報の開示をほけーっと待つ次第です。
 ……しかしまぁ、困ったアレだよねーエリーとかさー。いや、べつにエリーに限った話でも、始まった話でもないんですが。
 オレ、基本「金髪ツインテ属性」とか全然ないんですが、ないはずなんですが、っていうか実際ないんですが!
 実際何かにひっかかってゴロゴロしがちな場合、それが金髪ツインテだったりする例が妙に多い、ような……。
 いやまぁ、観察時のバイアスというか、それ以外にひっかかってゴロゴロしているときは、そこに「オレ的にこの属性にひっかかったな」ってのが何かしら見出されて自分で納得してるけど、これ系については、「何故だ、属性的にひっかかっていないのに何故……!?」となりがちだから、ってのはあるだろうとは思うんだけどねー。
 つーわけでアニメ方面の期待の主軸のひとつはエリー(およびそのキャスト)です。断じて。
2015/07/26 (Sun)
■ Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *